土から離したその後は

お隣さんと我が家の間にある垣根の端っこに、いつの間にやらカリフォルニアポピーの種が飛んできていたらしく、数輪の鮮やかなオレンジの花を咲かせていた。
ところが今日、お隣さんのガーデナーによって、跡形も無く抜かれていた。

カリフォルニアポピーは州花なので、勝手に抜くのは法律違反らしいのだけど、当然現場ではそんなことにこだわっちゃいられないのだった。あーあ、きれいだったのになー。

* * * * *

【料理】
b0059565_138265.jpg

また友達からもらったの。自家製小松菜どっさりだよえへへ。うへへへ(むちゃくちゃ喜んでます)

鼻歌を歌いながらじゃかじゃかと洗って、一把ずつゆでていく。全部逃さず食べたいので、しっかり保存しないとな。
そして新鮮なうちに作った二品は、小松菜としめじのとろろ和えと、小松菜のタンタンメン
タンタンメンは、小松菜を何か麺料理で食べたいというお嬢のリクエストで、元レシピは栗原はるみさん。

下味をつけた挽肉を炒め、中華だしや練り胡麻、味噌などを合わせたスープを作る。
たけのこ、干ししいたけ、小松菜を塩・こしょうで炒めた具をゆでた中華麺の上にのせ、肉入りスープをかける。

麺を食べる時って、無言になるのはなぜだろう。家族全員ではふはふずーずーと、汗をかきかき食べました。新鮮な青菜の歯応えが嬉しい一品。
[PR]
by senrufan | 2006-06-16 13:07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5057186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 必要なのは注意深さと 形ある成果を >>