一言が引き起こす効果

【家庭内事情】
お嬢のDELLのノートPCが故障中。機能的にはOKなんだが、チャージングができなくなっちゃったよ。ぶー。

DELLに問い合わせたところ、配送会社が家まで取りに来てDELLに届け、修理終了後にまた家に届けてくれるらしい。そんなシステムだったのね。
PCを箱に入れて、指定NO.を貼っておくところまで、指示通りにやっておいた。

受け渡し時間の予約が月曜の3~6時の間となっていたら、3時1分に来てくれて嬉しい驚き。
ところが配送ラベルがないので、どこに届けたらいいのかわからないとドライバーさんはおっしゃって、その場でどこかに問い合わせたところ、私がまずカスタマーサービスから、箱とラベルを受け取る手順になっているはずだと言う。聞いてないよそんな事。
でもドライバーさんがとても良い方で、Sorryと何回も言ってくれたので、途端に良い気分になった単純な私は、改めてサービスに確認の電話をかける。

しかしサービスの人によれば、それは配送会社側の間違いであると言う。ドライバーが箱もラベルも用意して、PCを受け取るという手順が正しいんだって。
電話に出てくれた人は、「自分がこれから配送会社に連絡して説明するから、今度は間違いないと思う」と言ってくれた上、またもや「I'm very sorry」の言葉を受け取った。
再度予約し直した今日、またもや3時1分に来た別のドライバーさんは、5秒でPCを引き取って行かれたよ。

Sorryと言われないことにストレスを覚えてしまうこの国だけど、その分言ってもらえた時は、こんなにも気分が良いもので。
思わず私のPCもDELLにしようかとカタログを見る、大変単純至極な原始人です私ってヤツは。


問題は、お嬢に私のPCを貸さなきゃいかんので(宿題とか宿題とか宿題とかメールとかな)、かーなーり私のPC接触時間が削られてるのがツライってば。
そしてますます日記がいい加減になる、ここ数日でありました。
[PR]
by senrufan | 2006-05-17 10:57 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/4723076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あつゆき at 2006-05-20 01:32 x
Sorryを言われなれてないと、たまに言われるとなんか得した気分にまでさせてくれるよね。

前にDellのアフターサービスはいいと聞いたことがあります。
その時どれだけいいかを富士通のと比較して説明してくれました。
日本の企業もがんばってもらわにゃね。
Commented by Miyuki at 2006-05-20 10:32 x
*あつゆきちゃん
そなの、軽々しく言わない分、お得感倍増。そう考えると、日本人って損かも(笑)
後で聞いた話なんだけど、DELLは日本のカスタマーサービスに敵わなくて日本市場に入れなかったから、それから随分改善してああなったという噂が。それが本家を追い抜いたのかねえ。そうやって追いつ追われつ良くなってってほしいもんだね。


<< 生きる糧 自然美のレシピ >>