狭間を味わって

いろんなとこから、母の日セールのお知らせメールが届くんだけど。
母本人が受け取ったって、どうしようもないだろう。

今、削除メールボックスは、そうやって埋もれていくお得情報の墓場と化している。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1144875.jpg

憧れの方と土曜のブランチ。
午前中大食いの私が、朝食抜きでのぞんだという気合の入り具合。この心意気をくんでほしい。(誰に言ってる)

こちらに来た頃は、喫茶店というのがなかなかないなーと思ってた。
そんな中、数年前にできたケーキ屋さん。フランス人のシェフがオーナーで、ガラスケースの中には小ぶりでおしゃれ、私たちが思い描くケーキそのものがずらりと並び、アメリカ製のビッグな極甘ケーキは半分が限度の私たちは、開店を大いに歓迎したものだった。
他にもデニッシュ類、お遣い物のチョコレートやクッキーなどもあり、イートインもOK。

こんなオサレなケーキ屋さんだが、実はちゃんとフレンチビストロメニューもあるんだね。フランスのケーキ屋さんって、お惣菜もやってるっていうもんね。
なので今日の目当てはそのメニュー。キッシュやサンドイッチ、サラダとか。クロックムッシュやマダムもあるのがおフランス。
私が頼んだのは、今日のスペシャルのOnion Tart。キッシュより薄く広く、サクサクとした皮は脂っこくなく、味も適度な薄さでこれはおいしい。普通のレストランでキッシュ系を頼むと、口の中がどんどん濃くなって残しちゃうこともあるんだけど、これは全部きれいに食べられたよ。

その後は当然ケーキを頼み、まだまだ延々と続くおしゃべり。10時半に店に入って、1時まで居座ってしまったという迷惑な客でした。
お店の名前は、フランス語で「ココアの花」だそうです。

Fleur de Cocoa
39 N. Santa Cruz Ave.
Los Gatos, CA 95030
[PR]
by senrufan | 2006-05-06 11:43 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/4611887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 取り戻すことさえ 一万本の個性 >>