それでも途切れることなく

【イベント】
去年初めて参加してみた、Palo AltoにあるElizabeth Gamble Gardenの、Annual Spring Tourこの家3億なの5億なのやーん残念2億なら買うのになんていう気分にひたれる、超豪邸&庭園ツアー。
このようなところは、それこそ庭師に変装するしか入り込む手立てが思い浮かばない庶民は、昨年の夢のような光景が忘れられず、今年も即参加を決めたのでした。

ツアーは通常金・土の2日間で、10:00AM~4:00PM。本拠地のガーデンではラッフルやギフトショップ、別料金でランチも提供。全てボランティアの方々によって運営されています。
去年はランチは体験できなかったので、今年はそれも楽しめるように、時間のとれる土曜を選んで、友人と一緒に行ってきました。前回の反省を生かし、車と歩きのルート決めもバッチリ。

ところが。結論から言って、今年は少々物足りず。
昨年は周った5軒全てがそれぞれの個性があって、余すところなく色々と細かな工夫があったように見えたのですが、今年は没個性というか、うーんこの程度なら良くあるかもー、と大変不遜な感想まで抱くほど。
写真を撮る気もあまりわかず、撮った写真を後で見直しても、どの家だったんだかわからなかったり(プチアルツ)。去年が最初だっただけに、インパクトが強かったのかもしれませんが。
でもやはり庶民がゆえに小心者なので、家を見ている時は「すごいわ~!」などと感嘆符だらけでガイドさんに言ってみたり。こんな自分を変えてみたい、そんな初夏の苦い思い出(脱 線)

ランチは紙袋に入ったサンドイッチ(チキンorベジタリアン)、グリーンサラダ、チョコレートチーズケーキ、飲み物がセットになっていました。量も手頃で味もそこそこ、外のテーブルで植物に囲まれながら食べるのは爽快でしたが、途中から同席してきたおばさまの香水が鼻について、味が良くわからなくなってきたので、その辺で退場しました。
その後はガーデン内のPlant Saleをぶらぶらと見て、ラッフルの商品を見るだけ見てクジは買わないで、外に用意されていたハーブクッキーとアイスティーをいっぱいガメて帰ってきました。
覚え書として、Private Gardenの話は↓にて。

例えツアーは去年のには敵わなくても、天気が良く清々しい空気の中を、友人とおしゃべりしながらゆっくりと散歩するのは、負けず劣らず嬉しいもので。
Palo Alto(スペイン語で”高い木”)という名前にふさわしく、家並を覆わんばかりに茂っている木々と、それを健やかに残してくれている人達に、感謝の気持ちは絶えません。
[PR]
by senrufan | 2006-04-29 02:55 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/4549921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2006-05-03 07:34 x
選ばれる側も底をついてきたか?(笑)。でもさー、あたしも最近何を見てもあまり新鮮味を感じなくなってしまってね(って、9年目だもんな~)。ふふふ。
Commented by senrufan at 2006-05-04 10:25
うん、なんせ21回目だもんねー。でもぱんなしゃんの言う通り、私の方が感性が鈍ったんかな。記憶力と共にな……(自分で言ってて傷ついた)


<< 皐月2006 The Private Gar... >>