Harvard University

【旅行】
b0059565_11533633.jpg

アイビーリーグの名で呼ばれる、米東部名門8大学。その中の一校であり、アメリカ最古の大学でもあるハーバードは、ここボストンにあります。
ダウンタウンとはチャールズ川を挟んで対岸にあり、そこは学園都市として名高いエリア。ハーバードとマサチューセッツ工科大学(MIT)を有する場所で、ケンブリッジと呼ばれています。この辺り、イギリス植民地だった頃の名残あり。

門をくぐって中に入れば、芝生が広がるハーバードヤード。ワッズワースハウス、ユニバーシティホール、図書館に記念教会。しかしアメリカの大学にしては狭い印象。
さくさくと歩いてキャンパスを抜け、その後ろに隣接するハーバード大学自然史博物館へ。4つの博物館が繋がっているのですが、その中の植物学博物館(The Botanical Museum)に展示されたGlass Flowerは圧巻。
ガラスケースの中に並べられた多数の実物大標本、なんと全てガラス製。ドイツのガラス職人親子によって生み出された4,400点近い作品のうち、特に良くできたものである約840点が飾られています。
色ガラスを熱で柔らかくして形を作り、内部を針金で補強した標本は、確かに本物ではないとは一目でわかるものの、到底ガラスとは思えない柔らかな姿でした。

そして大学と言えば、付いてくるのは大学生協。The Coopは本屋と雑貨の2店舗あり、ハーバードのロゴが入った様々なグッズが買えます。
とにかく楽なもの、というのが衣類に対するぽりしぃである私としては、ハーバードのパーカーに手を伸ばしかけたのですが、仮にもスタンフォードのお膝元である地元で着るのはいかがなものかと、はたと思い至り。せめてハーバードの文字がついたチョコレートをかじって、つかの間の大学生気分を味わったのでありました。
[PR]
by senrufan | 2006-04-10 11:50 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/4406166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Museum of Fine ... Boston Duck Tours >>