真実とハッピーエンドの在り処

【イベント】
b0059565_152013100.jpg人気の児童書は色々あれど、これもまたその一つ。
Lemony Snicket著「A Series of Unfortunate Events(邦題:世にも不幸な物語)」
数年前のクリスマス、お嬢が友達のお母さんから1巻をクリスマスプレゼントにもらって以来、ハリー・ポッターと同じぐらい、次巻を楽しみにしているシリーズ。で、新刊が出るたびに、泣いて文句を言うのも同様(…)。

最新刊(12巻)の発売を目前にした先月初旬、Palo Alto市の図書館の資金集めの為のイベントとして、著者のレモニー・スニケット氏の講演&サイン会が行われるというお知らせが。
近くの本屋でチケットが売り出されたのを友人から聞いて(ありがとう!<私信)、買いに行ったのが10月半ば。受けとったチケットの番号は128・129番。チケット1枚につき新刊1冊。
新刊は本屋で先に受けとってもいいし、当日会場で受けとることもできる、でももしかして作者の話はその新刊についてかもしれないから、事前に読んでおいたほうが楽しめるかもね、というアドバイスを店主の方からいただいたので、本を受け取りに再び本屋に向かったのが先週末。
チケットはすでに完売してた。ちなみに900枚以上売り出したと聞いていた。

そうして迎えた本番の今日。会場である高校のシアターはお客でびっしり。
お嬢が以前に新聞で目にした彼の写真では、禿げかかったおじさんという話。どういう格好で登場するのか、わくわくして待っていた。
ようやく時間が来て、司会をつとめる本屋のオーナーが、「レモニー・スニケット氏です!」と大声で紹介、観客は大拍手。


現れた方、禿げてなかった。
しかも、「スニケットはピクニックに行っていて来ない」って言った。


どっちを信じていいのかまごまごしているうちに、どんどん彼の話術はテンションアップ。観客はぐんぐん引き込まれて笑いに次ぐ笑い。一体彼は本人なの、それとも話術がウリの芸人さんなの。
さらにアコーディオンまで取り出して、見事な歌声も披露。皆で彼に合わせて死んだふりをしたり、足を踏み鳴らしたり、笑いすぎてお腹が痛い。
最後に彼は、「スニケットはいないけれど、ここにオフィシャルなスタンプがある。サイン会ではこれを押してあげるから」と言いながら、舞台の裏に走り去っていった。
新刊の話は欠片もなかった。
b0059565_15986.jpg




その後のサイン会は、持っていたチケットの番号順。「100番から150番の人」と呼ばれて、サイン会が行われている教室に入ったら。

やっぱり本人じゃん。

机に座ってサインをしていたのは、あの芸達者な方だった。

以前別な場所で行われたサイン会は、夜12時過ぎまでかかったと聞いたけれど、様子を見ていて納得。大人はともかく、子供には誰一人漏らすことなく、必ず色々と話しかけている。それも勢いあふれるトークで、彼の周囲には常に笑い声。
そしてペンを走らせて、その子の名前と、なんとも気の利いた一言を。

巻末に手紙形式の文を書いたり、映画では語り手として登場したり(本人ではないけど)、執筆者としての枠を超えて余りある活力、それも特に言葉を操ることに対するエネルギーの旺盛さ。
そんな彼の姿を見せてくれた、実に幸せで素敵なイベント。
勿論、多才な彼のほんの一部だけれど。それも、彼の姿と思っている仮の姿かも知れないけれど。

会場を出た後、お嬢の学校の先生に声をかけられた。
彼女は友人の先生の分の本も持参して、彼女宛にとサインを頼んだら、スニケット氏はこう書いたそう。
「Mrs. B and her kids ---- future orphans」


Amazonのページ、10 second Interviewも必読
[PR]
by senrufan | 2005-11-01 14:56 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/3718768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-11-04 13:54
ああ、良い写真が撮れたねー。
Commented by Miyuki at 2005-11-05 08:25 x
走り回る彼は撮れんかったですー。
Commented by ゆみたち at 2005-11-08 07:28 x
そうそう、走り回る彼はだめだった。
ああいう講演会って、写真撮影はご遠慮下さいって言われるもんだけど、彼の場合は嬉しそうだったね。
ほんと楽しい秋の夜でした。
Commented by Miyuki at 2005-11-08 09:26 x
それそれ、私もカメラどうしようと思ったら、皆がパシャパシャ平気でやってるから、安心して便乗(笑)
ゆみさん達に会えて、一層嬉しい夜でした~vv


<< 暖の知恵 霜月 >>