目に見える歪み

【家庭内事情】
b0059565_1303372.jpg

旦那が出張から帰宅。
今回は台湾→日本というコース。台湾は初めてだったので、ちょっぴり心配するやら、ちょこっと羨ましいやら。

お土産に買ってきたのは、日本のドラマのDVD海賊版。「女王の教室」「ドラゴン桜」「電車男」。
出るの早いよ海賊版! こっちではまだ「電車男」のTV放映が途中だよ!
海賊版だからこそ早いんだろうが、せめて少しでも慎みを持って時期を遅くするとかはないのか。(あるわけないだろう)
でもこーゆうのでもって、日本に興味を持ってくれる人が増えるのであれば、それもまた良しとか思ったり。所詮は無責任派。

私への土産は、いつものごとく本の山。今回は古本屋サイトで漁った料理本数冊も含む。検索キーワードは「野菜・粗食・マクロビ」で。
旦那自身への日本土産は、鼻と喉にくる風邪でした。



* * * * *

【学校】
先週の木曜のこと。お嬢が帰ってきて、つらいことがあったと言う。
以前もめたことのあるJ君(9/27日記)に、音楽の時間の後、またもや嫌がらせをされたらしい。

J君とお嬢は管楽器のクラスでトランペットをやっているのだが、2列に並んだ席が、たまたま前がJ君・後ろがお嬢となっている。
Wheelのクラスで目をつけられたお嬢は、後ろに椅子を動かして詰められたり、吹いている最中にわざと頭をのけぞらせて押し付けてきたりという嫌がらせに耐えてきたそうだ。

今日の音楽が終わり、お嬢が先生に紙を渡しに行って、自分の席にもどったら、ケースも楽器も見当たらず。前を見たらJ君が、お嬢のトランペットが入って蓋が開いたままの楽器ケースを自分の足元に置いて、足をかけていた。
当然怒ったお嬢が「返して」と抗議したら、J君はガッとお嬢のケースをけとばし、それがたまたま椅子の足にあたって、お嬢のトランペットに小さなへこみができてしまったのだな。
お嬢はショックと悔しさで何も言えず、その間にJ君はどこかに行ってしまったそうだ。

家に帰って、泣きながらトランペットを抱きしめるお嬢を見て、思わず怒りのあまり
 「許す。殺れ」
と口走りそうになった。それはさすがにいかんだろうと、かなりぎりぎりの理性でこらえた。
しかしこのままにさせるわけにはいかないよ。どうしようかと2人で色々話したよ。

今日の昼休み、お嬢は学校のカウンセラーのところに行き、J君のしたことを訴えた。
優しいカウンセラーの先生は慰めてくれた上、副校長と担任の先生に話すことを約束してくれた。
さらに今日の音楽の時間、J君は欠席だったものの、お嬢は先生に傷がついた楽器を見せ、席替えを頼んで受け入れてもらった。

他にお嬢と話したのは、J君がいるクラスでは、極力誰かと一緒にいるようにすること。
そしてJ君に何かされた時は、すぐ証人を探すこと。
絶対リベンジしてやるとゴーゴーと燃えさかり、心の中では藁人形に五寸釘打ちまくり。

しかしそうは言いつつも、すれた大人としては、やはり諌めの言葉も吐く。
小学校で敵対していた男の子数人と、最後には仲良くなったお嬢なので、そういう道も探せるなら探してほしいのだ。今はとてもそんな心境ではないのは知ってるが。


とりあえず今しばらくは、報復行動に警戒するお嬢である。
「空手を習っておけばよかった」と呟いていた。
[PR]
by senrufan | 2005-10-24 13:00 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/3679774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-10-26 19:32
な、なんとっ!!ひどい、、、。カウンセラーに行ったのは正解だね。あとは、何かされたときは大騒ぎすることだわ。そうしたらみんなが見に来て証人になってくれる。お嬢、あくまで悪と戦うのだ。頑張れ!そのガキ、許さん。ふぬうっ!!
Commented by mikamika at 2005-10-27 00:17 x
ふぅむ、お嬢、がんばりましたな、えらいえらい。
カウンセラーに言ったり、先生に言ったりするのは、それはそれで勇気がいって難しいことだけど、正しい行為だよね。
ミドルに行くと、なんだか急にこの手のイヤガラセみたいのがあるんだよねぇ。すれ違いざまに、悪い言葉使ってきたりするらしいよ、まるで関係ない人が。
報復がこわいってところが、また辛いよねぇ。
見守る親も辛いよね。
いったいそういうJくんみたいな子は、どうやって先生の目の厳しい小学校をやりすごしてきたのか、或いはミドルになってそうなったのか、どうなんだろうねぇ。
Commented by Miyuki at 2005-10-27 11:56 x
*ぱんなさん
おお、応援ありがとうです~!ひどいよねえ、全く(怒) つらいのがトランペット10人のうち、女の子はお嬢1人で、親しくそばにいてくれる子がいないことなのだ。誰かをたらしこめってアドバイスするか(おい)
Commented by Miyuki at 2005-10-27 12:03 x
*みかさん
正しいと言ってくれてありがとう~(うるうる) そうなの、見守るだけってのがねえ、どうにもこうにも。
お嬢は猪型なので、報復があっても返り討ちにする気満々なんだけど(はあ)、なんでもJ君、7年生の彼女がいて、その子のグループといつもつるんでるんだって。女の子が絡むと余計にややこしいから、その辺りが怖いのだ。私が。
J君がどこの小学校かは知らないんだけど、お嬢が同じ授業を始めた時、すでに「あいつは悪い」って皆が言ってたらしいから、昔から悪名高かったのかなあ。家庭環境とかもあるだろうし、ほんとは彼の背景がわかれば、まだ理解できるポイントも見つかるんだけどね……
Commented by peartree22 at 2005-10-28 17:41
うわー、私も小・中と管楽器をやっていたからそのへこみ具合も想像できて腹が立ってしまいました!ほんま心の中では五寸釘わら人形にうちつけてやるけんねぇ!おんどりゃあ、なにすんねん(怒ると広島弁か関西弁)と何処でもドアがあったら、その場に突然現れてやって脅しかけてやりたいくらいです。本当に、本当に腹が立つけれど、お嬢さんは大人です。そしてお嬢さんとそのことをちゃんと話し合うMiyukiさん、私も将来そういうことが起こったりしたらちゃんと親として冷静に(感情的にならずに)改善策を探れるか勉強になります。Jくんはなんと幼稚なことか!きっと何か背景にあるかと思われますが(彼の家族に問題が?と決めてはいけないかもしれないけれど)、彼にとっては周りへのSOSなのかなぁ?そこまで思いを馳せるMiyukiさんの思いやりにもじんときました。
Commented by Miyuki at 2005-10-29 06:56 x
きゃあ、ちゃんさま、漢らしいーっ!もうもう、これ以上私を惚れさせてどうするんですかあvv わーん、嬉しいですううう(感涙)
いえいえ、私はほんとに母親失格で……娘には何でも人のせいにするような人間になってほしくないし、物事をいろんな角度から見てほしいあまり、本当に自分に非はないか、相手はどういう子かとか色々と言ってしまうので、娘はつらいと思うのです。「あんたが正しい!」と、全面的に味方に立つ親の方が、子供はどんなに心強いかと思うのですけど、ううう。ほんとに子供の躾って、感情と客観性の線引きが難しくて、母としても人としても未熟者には、日々学ぶことばかりですねえ(涙)


<< 無数にある側面 例え亀の歩みでも >>