見上げる先の

名月や 月は東に 日は西に
b0059565_13593045.jpg

このような写真をのせる意味は、はたしてあるのか。(自問自答中)

* * * * *

【パン作り】
この前作ったリーンな生地で、今度は細長く作ってみた。
1本はプレーンで、もう1本はチーズを入れて。

最初に生地をこねている時、以前、シュタイナーの学校に子供を行かせているお母さんと話したのを思い出す。
その学校では、毎週何曜日かがパンの日と決まっていて、その日は皆で一生懸命パンを作るんだそうだ。「指でこねるという動作が、指先から脳に刺激を与えて、頭のいい子にするのよ」とおっしゃっていた。
その意見は、シュタイナーの思想からするとどうかと思ったが、とにかく脳に刺激とはいいこと聞いた。ってことはボケ防止にいいんだね、私の場合。
そう思ったらやたらリキが入って、前回の倍以上こねてしまった。おお、どことなく表面が滑らかではないか(ジコマンゾク)

成形は色々と問題がありすぎて良くわからんが、今回もとりあえず食べられるものが出来た。
平行して作ったいちじくジャムをつけて、焼き立てのパンをもぐもぐと。
時間がある休日ならではの、ささやかな楽しみ。

これで力尽きて、今年も月見団子は作らず。くすん。
b0059565_1412847.jpg

[PR]
by senrufan | 2005-09-18 13:56 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/3498245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 流れにのって 小さなものに大きな意味が >>