持ち続ける志

お嬢、本日Early Dismissal Day(Minimum Day)。12:25に終了。ランチもなし。
午後の授業がなしということだなと思っていたら、各授業時間を均等に短縮し、全時間割をこなす日だったらしい。
一つ勉強になりました。

* * * * *

【映画】b0059565_10393218.jpg
久々に「DAVE」を観る。大好きな一本。
公開当時は観なくて、随分あとで父に薦められて観たら、気に入ってしまったのだった。コメディとハッピーエンドに弱いの。

米大統領が情事の最中に脳溢血を起こし、昏睡状態に陥った為、そっくりさんのDaveが当分の間、影武者をつとめることに。
陰で浮気はするわ、不正はするわ、政策の基準は人気取りだわ、大変堕落しきった大統領と違い、真面目で誠実なデーブが懸命に政治に取り組む姿勢は、政府首脳陣を生まれ変わらせていく。

主役のケヴィン・クラインは勿論、大統領の妻を演じるシガニー・ウィーバーがとても好き。すごい演技力を持った女優さんだと知ってるからこそ、これや「ワーキング・ガール」などのコメディタッチの役が余計に貴重に感じるのか。
そしてこの映画の見所の一つは、実在の議員や有名なキャスターなどが、実名で特別出演してること。ラリー・キングやオリバー・ストーン、エレノア・クリフト、更にはシュワちゃんまで。最後のタイトルロールで”Himself””Herself”の文字がずらーっと並ぶのだ。

本物の大統領に色々と怒りがつのっている昨今(怒)、尚更デーブに肩入れしたくなるんだね。本当はこうあるべきなのに、という当たり前のことが果たせない・許されない政界って、一体どういうところなの。素人と笑うのは簡単だけど、誰もが最初は希望を持った素人だったはず。デーブが沢山政界にいたら、きっといろんな未来が変わったんだよね。

順調にいくかと思われた大統領生活に横槍が入り、スキャンダルの危機に立たされたデーブ。見事に幕を引いて去っていく後姿に、思わず涙が出そうになる。
ラストシーンにもまた涙がにじんで、正しくハート・ウォーミングという言葉にふさわしい映画。
[PR]
by senrufan | 2005-09-16 10:37 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/3486832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-09-19 09:08
短縮授業、、、知らなかったよ、、。ふう、、、。
Commented by senrufan at 2005-09-19 10:46
メーリングリストで私がお知らせを読んだんだよ。お嬢もよくわかってなかったよー。
Commented by pannaGO at 2005-09-20 12:25
あ。お知らせも読んでなかったよ、あたし。親子で、ぶー。
Commented by senrufan at 2005-09-20 13:40
いやいや、うちの学校オンリーのことだったから、お知らせもちっちゃかったしねー。


<< 小さなものに大きな意味が 終わりも良ければ全ては更に >>