まだ一歩をも出ず

今日の悲しみ。
鼻にメガネの跡がついていると思ったら、新たなシミだった。

渡辺有子さん、稲田多佳子さんと、お二人のレシピからそれぞれキャラメルパウンドケーキにトライしたことがある。そしてどちらも失敗。
というか、要はキャラメルソースに失敗。その数3回。

1回目 : 電子レンジで爆発した
2回目 : テフロン鍋でくっついた
3回目 : ル・クルーゼの鍋で溶けなかった

電子レンジだろうが鍋だろうが、とにかく砂糖がじわじわと溶けていくはずなのに、どちらもただひたすらに固くなるばかり。
ソースに限らず、フルーツのキャラメライズとかも上手くいかず。レンジや鍋のせいではないのは明らかで。

b0059565_11443163.jpgふと、もしや砂糖のせいではあるまいかと思い立つ。
私が普段使っているのは、Organic Sugar。Evaporated Cane Juiceとなっている。
一般のグラニュー糖を買い求め、鍋に入れて火にかけてみたら。レシピ通り、じわじわと溶けて色が変わり、いい香りのする焦げ茶色のソースに変身した。
それだけのことだったんかい!と、アメリカ人のごとくオーバージェスチャーで天井を仰いでしまったよ。今まで無駄にした砂糖たちに、なんて謝ったらいいんだい。

バターや卵、粉類と合わせて焼いたケーキをオーブンから出した途端、キッチン中にキャラメルの香りが広がった。あまりケーキ類を食べない旦那とお嬢も気に入ったようで、めずらしく2切れ、3切れとねだったよ。次はミニマフィンサイズで焼いてみるか。

恥ずかしい限りの初心者の大失敗であったこと。
[PR]
by senrufan | 2005-07-26 11:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/3203376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ふと目にしたもの 広がる裾野 >>