旬の味

今朝で、自家製イチゴジャムがなくなったので。
次に使うフルーツを探すべく、グローサリーストアに行く。

買ってきたのはルバーブと、たまたま店頭に少数だけ並んでいたグースベリー
長くこちらにいるけれど、グースベリーを目にした記憶がとんとない。でも確かジャムにあったよなあ、と思ってカゴに入れた。
b0059565_8212630.jpg

お嬢にせがまれ、まずは一口生食をば。

ま ず 。

ルバーブは何回かジャムにしているので知っていたけど、いやはやグースベリーって全然甘味がないのだね。
ネットで調べてみたら、ひたすらジャムか、甘く煮てパイなどに詰めるかという食べ方らしい。
アヒルの卵に似ているからとか、酸味が強くてアヒル料理に合うからとかが名前の由来らしい。なるほどなあ。

好奇心が満たされたところで、ジャム作りにとりかかる。
ルバーブはざくざくと切って、砂糖をかけて弱火で煮る。
グースベリーはまず水で煮て、その後砂糖(それも沢山)を加えて、アクをすくいながら煮る。

b0059565_8223082.jpg
右のピンクのがルバーブ。左の茶色っぽいのがグースベリー。
我が家の好みで、形を残して甘酸っぱく。

両方とも英国で良く見られるものだったかな、とロンドンに思いを馳せた一瞬。
[PR]
by senrufan | 2005-07-13 08:20 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/3131143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 許容範囲であれば 分相応の量 >>