人気ブログランキング |

選べる余地と居心地と

「好きなことを、何でもいいから一つ、井戸を掘るつもりで、とことんやるといいよ」
   ----- 白洲正子
       (日本人、作家、1910年1月7生まれ)


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

……まだ松の内だからいいですよね?
ほら、この日記の日付、1月7日ですよね?(日付詐欺)


年末年始、特に何の予定もなく過ごしましたが、家族3人で過ごすベイエリアでのお正月って、数年ぶりなんですよね。
これが最後かも、と思うと、感慨深いものがあったり。
あと、日本に帰省中の友人から、インコ3羽を預かっているので、
もうどこにも行かなくていい! 鳥と一緒にいたい! な気持ちでいっぱいで(うっとり)

大晦日は、昼からTV Japanで録画した紅白を見ながら、年越し蕎麦タイム。
や、お嬢がお友達とSFで年越しパーティだったもんで、その前にと。
ということで、夜も、元旦の朝も、旦那と2人でのんびりです。

アメリカは、政府機関がシャットダウンというトンデモナイ状況になっていますね。
例年ですと、旦那と二人で国立公園巡りをすることが多かった年末年始、今年は行かなくて良かったなあ、と思います。
職員の方々がお気の毒でなりません……今、働いていてくださっている方々は、無給のボランティア状態ですからね。
生活費に困っている方々も多数だと思います。

自分でもどうして、と思うほどの衝撃で、しばらく立ち直れなかった2016年の大統領選挙の日。
就任式から、すでに2年が経ちました。
日に日に”オワタ感”が募る日々に、今年は何か光明が差すといいなあ、と願っています。ああ、ため息。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9845

さて、2019年最初の日記は、11月下旬の出来事でスタートです。(にっこり)
あのベーカリーが、嬉しいことにカフェをオープンしてくれたので、わくわくさんとのデートで行ってきたのだよ。




IMG_9846

IMG_9847

アイコンカラーのブルーと、白木の大きなテーブル&白いタイルで、明るさと爽やかさを感じさせる店内。
お一人様からグループまで、いろんなお客さんがいやすいようになってるよ。
お店にいる間も、次から次へとお客さんが訪れていて、すでに人気なんだなあ。


IMG_9849

あれこれ買いたいパンが多すぎるう。
ファーマーズマーケットで買ってもいいんだけど、お店だとバラエティが多いから、目移りしちゃうよね。
グルテンフリーのチョイスがあるのも、さすがだね。


IMG_9848

とも言ってられないので、まずはランチメニューを考えて。
それと一緒に、あれとあれとあれを、持ち帰りでお願いいたします。
お店の人達、皆さん、とても感じの良い方々で、嬉しかったナリ。


IMG_9851

キャッシャーでオーダーして、テーブルについて、運ばれてくるのを待つ。
各テーブルには、グラスを防水加工された紙袋に入れたカトラリースタンドが。
この袋のおっきなので植木鉢もカバーされてて、わくわくさんが「欲しい」とおっしゃっておられたよ。


IMG_9854

わくわくさんは、Quiche Lorraineをご注文。
一口いただいたけど、マイルドで良い感じ。


IMG_9857

私は悩んだ末に、Grilled Cheese Sandwich
運ばれてきた時には、驚いた。こんな外見だとは思っておらず。
でも、パンの間にも上にもチーズって、すごく贅沢で嬉しいなー。
かりっ、と焼けたチーズ、香ばしくて良かったし、土台のルヴァンはむぐむぐ・もっちり。
この食べ応えを待ってたの。


IMG_9855

オーツミルクのラテがあるのも良かですたい。
ソイミルクを置かないお店が増えてきてて、でもアーモンドミルクのラテは好みじゃないので、オーツミルクがあると嬉しいのだけど、こっちは逆にまだそんなに置かれてないんだよね。


IMG_9850

お値段は、やっぱりベイエリア価格。
アボカドトーストは$12って、どんなアボカドを使ってるというのだろう……
お店でルヴァンを買って、自分でアボカドをのせるほうが安上がり(暴言)

なので、自分で絶対作れないのを優先してトライしていきたい、とな。
Macro Grain Bowlもあったし、朝食メニューのBiscuit Sandwichも食べたいなあ。
週末ブランチも、もう始まる頃だろうか。
Croissant BenedictがComing Soonになってたぞ。

今度は、お嬢とも来てみよう。


195 E Campbell Avenue
Campbell, CA 95008



by senrufan | 2019-01-07 11:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/29126392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 余裕は僕らが作るもの 空に放していけたなら >>