時に予想は届かない

とうとう小学校の最後の週。お嬢の体に気合が入る。気分は最後に向かって盛り上がり中。

冷蔵庫内を整理していたら、日本で買ってきていたぬれ甘納豆を発見。すっかり存在を忘れてた。
げ。 賞味期限、来週。

ということで、本日は甘納豆入り蒸しケーキを作ってみる。栗原はるみさんのレシピより。
山いもをすりおろしたもの、牛乳、砂糖、卵と順に混ぜていくのだが、山いもが非常に強力で、必死こいて攪拌する。レシピでは「山いもや砂糖までは良く混ぜて、最後の粉はさっくりと混ぜる」となっていたので、もう頑張って混ぜまくる。
最後に粉を入れ、ゴムべらで切るように混ぜ、

ダマダマだらけなんですが。

うきーっとばかりにまた泡立て器で混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。ダマがなくなったところで、ようやく型に流し込み、蒸し器で10分程度蒸す。出来立てはふんわり、冷めたらもちもちとした食感って書いてある。

出来上がったものを一口食べたら、最初っからモチモチでした。腹持ちの良さそうな蒸しケーキ。
……次回はハンドミキサーを使ってみようかと思います。

ちなみに家族には大受けだったので、これはこれで良しとしよう。
b0059565_10462346.jpg




今日、お嬢の学校はField Day。何をやるかというと、全校生が集って袋レースやシャボン玉ゲーム、枕カバーレースなどで楽しむのだ。
この辺りの学校では日本の運動会に相当するものはないが、強いて言えばこれが一番近いのでは、と思っている。ところがお嬢は賛成せず。むしろ近いのは水泳競技会の方だと言う。
どうしてよー、学校で運動で競争っていったら、運動会と一緒じゃん。
違うよ、だってえーと並んでないでしょ。似てないよ。
並ぶって何が。誰がどう並ぶってゆうのよ。
だからそうじゃなくて、皆で一緒に場所を移って、一緒に同じレースをやるから、運動会とは違うの。
それは並ぶという言葉の説明になってないでしょ!
だーかーらー!!
こうやって学校から家に帰るたかが5分ほどの車の中で、すでに私達は戦闘状態に入るのが日常茶飯事。家に着いたら口きかない。
一体誰が悪いんだ。私だ。(自覚済)

最近外出時は、車の中も含めて英語で話すことが増えている。その方がお嬢の説明もクリアで、少なくとも日本語の間違いによる誤解はなく、しかも私の英語力では穏やかな会話しか成り立たず。
かくして保たれる、ささやかな平和。これを後ろ向き解決と人は呼ぶ。
[PR]
by senrufan | 2005-06-06 10:33 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2897619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-06-08 13:01 x
わははっ♪わかる、わかる、その平和。我が家そのもの♪で、男3人だと、えらく盛り上がるんだよー。ま、いいか。あたしにはSenrufanさんがいればいい。
Commented by senrufan at 2005-06-09 08:26
うわ、ぱんな家でもなのねっ。じゃあ、そろそろコンビ名を決めようか、マイ・スウィーティパイ。(真顔)


<< 時の解決を待つよりも 立場が違えば >>