労働の対価は

Memorial Dayにてお休みだ。連休だ。今日で終わりなんだ……

そんな最終日、今日はさくらんぼ君と向き合うのだよ。
まずはジャムを作るべく、さくらんぼと砂糖を入れた鍋を火にかける。いちごやプラムは毎年旬の時期にジャムにしているが、実はチェリーは初めてだ。下調べしたレシピにあった通り、確かにすごくアクが出る。しばらくキッチンに入り浸りだな。

煮込むのに数時間かかるので、その間にデザート2品。
まずは豆乳のゆるゆるゼリー。頭がゆるいみたいだな。
豆乳・砂糖・生クリームの柔らかいゼリーに、黒砂糖を煮て作った黒蜜をかける。栗原はるみさんのレシピより。

そして、ネットで見たさくらんぼのパウンドケーキ。材料が佐藤錦となっていたので、レイニア種の方を使おう。
半分に切って種を出し、リキュールと砂糖をかけて軽くレンジで煮て。汁と実をそれぞれパウンドケーキの種の中に混ぜ込んで焼く。
チェリーが甘酸っぱく仕上がっていて、これは生フルーツならではのさっぱりさ。
b0059565_137940.jpgb0059565_1372559.jpg


そんなこんなの片手間に、何回もすくうジャムのアク。私はチェリーの種を取る道具を持ってないので、鍋に丸ごとぼこぼこ入れたのだが、チェリーが煮崩れてくると、その種を取る作業も加わるのだ。
無言ですくい続ける私の脳裏には、
か~さんが夜なべ~をして~って歌あったなー。堀内孝雄はあれを歌うと泣くんだよね。ほらほら、アクすくいから逃げるんじゃない。それが君の運命と思って諦めるんだ。この極意はやはり金魚すくいに通じるものが。保存食って言うと、「大きな森の小さな家」を思い出すな。豚の膀胱でサッカーとか。バターは確かに出来立てが一番おいしい。ほ~らいい子だから~ふははは(S風) ああ定めに逆らうことはやはり無理なのか…!(悲劇的に) 定めって、その者青き衣を着て金色の野に降り立つべし、言い伝えはやはりまことであったのおばあちゃんが
馬鹿に考える時間を与えても、ただ休むに似たり。

b0059565_1383767.jpg




お嬢の歯が、昨日・今日と連続して抜けた。
両方とも詰め物をしていた奥歯なので万々歳。
新しい歯は大事にしなくちゃなー。
[PR]
by senrufan | 2005-05-30 12:58 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2850754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiyo at 2005-06-01 13:42 x
もしかして、もしかして、今日電話くれました???もしかして、もしかしておすそ分けの電話でした??あああ、もったいない。こんな美しい写真を見たらますます悔しいかも、、、明日は夜しかあいてないよォ(彼は出張さ)~荷物を届けがてら伺っちゃおうかな?え?もうない??
Commented by Miyuki at 2005-06-01 13:50 x
わ、リアルタイムだ! そーそー、今日電話したんだよー! んでもってさっきメールしたから、詳細はそちらで! 返事待つ。
Commented by pannaGO at 2005-06-02 01:57
綺麗、きれいですう~♪美味しそうっ。
Commented by みほ at 2005-06-02 08:54 x
作業中に壊れていく君がすばらしいね(笑) 豚の膀胱のボールは私もよく覚えてる!あと、あのシリーズのアルマンドが出てた巻にも、なんかおいしそうなパイとか出てなかった?クリスマスかイースターだったか。「大きな森の~」シリーズは好きだな。料理がいいよね。あと、お父さんが町で買ったガラスが手作りの家の窓に入っていくのとか、わくわくした!
ってことで、ジャム完成おめでとー!
Commented by Miyuki at 2005-06-02 12:26 x
>ぱんなしゃん
いやいや、問題は味だからのう……それに加えて、ぱんなしゃんみたいな盛り付けセンスがあれば最強なのにー。

>みほしゃん
ジャムが完成した時、私は何か大きなものを脱ぎ捨てた気がしたよ。もしかしてそれは、人として捨ててはいけないものだったかもしれない(笑) あのシリーズ、私は最初のが一番好きだったー! だって一番おいしそうなものが多かったもん。そうそう、料理とか家作りとかのシーンがいいんだよね~。こんなジャムでよければ、みほさんの野沢菜と引き換えにしたいっす(かなりマジ)


<< 踏み出すことを冒険と呼ぶなら Chim Chim Cherry >>