結ぶ絆は釜飯の

「私は、見るためには目を閉じるのです」
   ----- ポール・ゴーギャン
       (フランス人、画家、1848年6月7生まれ)


Oprah's Inspirational Commencement Speech at USC



お友達のご子息が、先日USCを卒業されたのですが、ゲストスピーカーがオプラ・ウィンフリーだったそうで。
素晴らしかった!と友人が絶賛していたので、動画を探してみたのです。
こうやって、その場にいられなくとも拝聴できること、本当にありがたい限りです。

お嬢もちょうど6年前に、こちらのハイスクールを卒業いたしました。
日本のしみじみとした卒業式も良いですが、明るく前向きで、笑顔のまま泣けてしまうような、そんなこちらの卒業式も、なかなか良いものでございますぞ。

あー、また卒業式に出たいなあ。誰か卒業してくれないかなあ。(え)
以下の記事と動画も良いですよー。


Letter from a father to his graduating daughter (卒業する娘へ、父からの手紙)




* * * * *

【レストラン】

     IMG_9997

新しい和食レストランができたよ、と、あるお友達から聞いた後。
Kさんから、友人がなんとレストランをオープンしたの、とうかがって。
もしかして、と思って確認したら、同じお店のことでした。

お値段だけを見たら、最近のベイエリア価格なので、う、と思ってしまうかもしれないけど、ボリュームと味から見たら、全然OKよ、
と、お二人それぞれの意見が一致してたので。

それは行きたい、行ってみたい。
ということで、Kさんにおねだりして、ご一緒させてもらったのよ。




IMG_9988

土曜の夜は激混みなので、平日のお昼に早めに行くのが望ましい、とのご指南を受け、開店時間の11時半にうかがった。
オーナーのお一人でいらっしゃる、Kさんのご友人に挨拶させていただいた後、テーブルに。
適度な広さで、清潔感が良いのです。

メニューを拝見したところ、いわゆるお弁当ではなく、居酒屋形式でもなく。
カレー、丼、うどん、定食など、きちんとカテゴライズされた色々が。
サイトにある通り、Japanese homestyle dishesを提供していらっしゃるのだな。

どれも食べたくて悩んだが、まずはKさんお薦めの天丼で。
すごいボリュームで、2人前の量よ、とのお言葉に期待です。


IMG_9991

最初に運ばれてきたのは、3種のサイドメニュー。
マカロニサラダ、トマトのマリネ、もやしのナムルかな?

彩りも綺麗だし、味がバラエティに富んでいるのも良いよねえ。
マカロニサラダがいかにも日本って感じで、懐かしかったナリ。


IMG_9992

Kさんご注文の、Tonkatsu 定食
ご飯とお味噌汁、香の物添え。

かりっ、と揚がってて美味しそうだし、何より一切れの幅に地味にカンドー。
良く見るトンカツより幅が細身なので、これはお箸で持ちやすいし、食べやすいと思うのね。
勝手に、私の感動ポイントです。
サラダも、人参ドレッシングかな? 量があって良きかな、良きかな。


IMG_9994

そして、私のTempra Donも来たですよ。
うっひょー、期待通りのボリュームだ。


IMG_9996

このエリアで天ぷらを頼むと、ブロッコリーやズッキーニ、にんじんといったメニューに遭遇しがちなのだが。
や、もちろん野菜好きな身には、それも悪くないのだが。

こちらのメニューは、海老2尾、キス2匹、イカ2つ、大きな掻き揚げに茄子、しし唐と、こおゆうのが欲しかったあああ、という内容だ。
天つゆの染みたご飯まで、旨いウマイ。

マジで2人前の量だわ、だったので、ありがたく半分残して、旦那に持ち帰ってあげたワタシ、えらい? ねえ、えらい?
半分の量でも、お腹いっぱい・胸いっぱいであったこと。


IMG_9989

お店の方々、皆さん笑顔で丁寧な応対をしてくださったのも、嬉しかったなあ。
私達が入った後も、続々とお客さんがいらしてて、すでに人気のお店だね。

和食のお店で、夜はお酒とおつまみで、という方には物足りないかもしれないけれど、日本の家庭料理が食べたい方には、とても良し。
お子様達も喜ぶことでしょう。
まだソフトオープン中でいらっしゃったので、これからも楽しみです。

次回は、海老フライカレーを狙うのだ。
旦那が海老がダメなので、外食では無性に海老が食べたくなるんだよー、と、どーでもいい事情。


6174 Bollinger Road
San Jose, CA 95129


[PR]
by senrufan | 2018-06-07 09:51 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/28357242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 集うは我らの旗の下 私を作るものだから >>