数多の歩みの、その上に (2)

「三宝とは何やるやというに、第一に健康、第二に知識、第三に富の三つのものなり」
   ----- 西周
       (日本人、哲学者、1829年3月7生まれ)


ひーーー 前回の日付を見たくないーーーー
日記に書きたいこと、ほんとは結構あるんですけども。
なんというか、あまりにBBAオブBBAゆえ、一日の「PCに接することができる時間」容量が決まっているようで、
その限られた時間が、お仕事+あれこれ追っ掛け、だけで埋まってしまう日々。

とゆう、恒例の言い訳はどっかに置いといて。
更にトートツですが、今は日本に来ております。
父の一周忌の為でございます。
あの日から、すでに1年以上も経ったんだなあ、と。
そして、彼女の訃報からも。


IMG_9868

IMG_9867

おかげさまで、母もだいぶ元気になりました。
私がいる間に、と誘われて、国立新美術館の印象派展に一緒に行ってきたですよ。
ルノワールの「少女イレーヌ」など、貴重な絵を沢山見られて大喜びでした。

母は父がいなくなってから、私はお嬢がいなくなってから、展覧会やコンサートなどに出かけることがぐんと減りまして。
やっぱり、楽しい!と言い合える相手と一緒に行きたい、と思うと、ねー。

いきなり真冬並みの寒さになるなど、ほんとにこの時期の来日はリスキーでございます。
でも、これからも3月に来ることが多くなるんだろうなあ。



* * * * *

【旅行】

IMG_9282

そんな感じなんで、旅行記も段々諦めの境地に入ってきましたな……
いつか、思い出は心のアルバムに、とか言い出したら、笑ってやってください。寒っ。

でも一つ、助かったー、というのがありまして。
ロンドンに行った時、British Libraryで開催中だったハリポタ展を観に行ったんですよ。
イギリス滞在中のお嬢が行って、すごく良かったよ!とのことだったので。




IMG_9278

その通り、こじんまりとしたスペースではありましたが、とても良く練られた展覧会で、行って良かった!としみじみ。
記録に残しておきたいものの、どうやって書いたらええんや、と思ってぐずぐずしておりましたら、
なんとネットで無料公開がスタートしてました。
2月末で終了したので、ということなんかなあ。





これはありがたく享受して、私なんぞの記録はナシで、ぜひ上記サイトをご訪問くださいませ。
J. K. ローリング手ずからのイラストや設定資料など、ファンには必見でございますぞ。


IMG_9099

ちなみに大英図書館、すんばらしいところでありました。
こんなところで勉強できるお嬢、なんてラッキーなんだ、と羨ましい限りです。
地元民にも、観光客で本がお好きな方・情報を探している方にも、老若男女問わずに最高の場所であります。

あー、いいなー。
私が住民だったら、入り浸りになるのになあ。
って、全部が日本語の本だったら、だろーがよ、オノレはよ。


IMG_9104

いつまでも衰えない、ハリポタ人気。
各々、ストーリー展開や結末に思うところがあっても、な人気。

ロンドンに行くにあたって、ブロードウェイで何か舞台を見よう、ということになって、結局「Aladdin」にしたんですが。
バスに乗っている時、「ハリー・ポッターと呪われた子」をやっている劇場の前を通って、しまったあああ、どうせならこっちにすれば良かったあああ、と地団駄。

でも、観に行ったお嬢の友達によれば、お金の無駄、とバッサリだったそうで、う、そ、そうですか。
まあ、確かに設定がかなりアレではありますけど、やっぱり一回は観るなり、本で読むなりはしないとな。(ファンの心意気)


ということで、またしばらく潜ります。もぐもぐ。


IMG_9293


96 Euston Road
London NW1 2DB



[PR]
by senrufan | 2018-03-07 15:19 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/28180101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 時の流れはゆるやかに 重ねて加えて、時が満ち >>