重ねて加えて、時が満ち

「平和は眠りを許さない。地球のすべての男女の運命がそれにかかわっている。
最もまめな骨おしみをしない人類的事業の一つである」
   ----- 宮本百合子
       (日本人、作家、1899年2月13生まれ)


Legends Summarized: King Arthur



オリンピックでもバレンタインでもない話題ですみません。
お嬢から面白い動画を教わったので、ここにめもめも。

アーサー王伝説は大変有名ですが、はるか昔に本で読んだぐらいで、当然細部は全く覚えておりません。ぢまんすんな。
あとはアニメとか、子供向け番組でちらっと、ぐらいですが、
そんな私でも、王妃グィネヴィアとか騎士ランスロット、マーリンあたりの名前は知ってるぐらい、有名な伝説ですよね。

で、良くご存じの方には嘲笑モノなんですが、実はアーサー王伝説というのは、
ほとんど当時の同人誌によって、現在の形になっていった
というのをお嬢の解説でようやく知って、驚愕&コーフンした無知モンがワタシです。


元々アーサー王とは、存在したかもどうかもわからない微妙な方でして、
アナールカンブリエという古文書に、アーサーっぽい記載があったぐらい。
しかもこのアナールカンブリエ、歴史的に不正確な記述も多く、ツッコミどころ満載の書物なんだそうですよ。

しかし、そんな伝説に萌える魂があるのは、時代も国も超えて共通。
トロップスというフランス人が書いた同人で、ランスロットと聖杯が登場。
その後の別の同人でパーシヴァルが、更に別の同人でガラハットが、という感じで、
続々と創作キャラが登場し、伝説が膨らんでいったそうでございます。


あと、お嬢の解説で面白かった別ポイントは、途中の同人で、イスラムの影響を受けた恋愛模様が出てくる、という点。
それってどんなもの?と聞いたところ、愛の為に愛する、女性を崇め奉る、愛は人をより良いものにする、などの恋愛観だと言われて、
へ? それって元はイスラムなの?

アナールカンブリエが出たのが4世紀後半だそうですから、とっくにキリスト教は出現しているわけで。
その恋愛観や愛の概念に、イスラムが影響を与えて、今の形へと変貌を遂げていく。
対して、今現在のイスラムの恋愛観は如何なるものなのか。
現代のこの対立は、一体何なのか。
もう、無限に疑問と好奇心、そして希望が沸いてくるのです。


なんつって、そういう壮大なものは、専門家の方々におまかせするとして。
腐ったワタシが真っ先に思ったのは、同人誌やオタク界がますますアツい今、
もしかして100年後ぐらいには、誰かの二次創作設定が公式の一部になってたりして!
みたいなことでした。
うん、死んでいいですね。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9796

久しぶりにPalo Altoのダウンタウンに行った時、あら、新しいお店が。
ベーカリーカフェ? それは興味あるナリよ。

尊敬するNさんと、貸し借りした本の受け渡しをしようという話になった時。(歓喜)
んじゃ、こちらはいかがでしょう?となったのは良いんだが。
Webサイトを見てみるに、あらまあ、なんという強気なお値段よ……

一瞬後悔しかけたものの、MさんやCさんともご一緒できることになったので、気を取り直す。
おしゃべりがご馳走、おしゃべりが何よりの(言い聞かせ中)




IMG_9804

客席スペースはコの字型になっていて、日が当たって明るい店内は、とても良い感じ。


IMG_9797

朝食、サラダやサンドイッチ、そしてペストリー類。
みんなでウィンドーを覗き込んで相談してたら、ふと目に留まったのが、今日のメニューのサンプルが3皿ほど並んだスペース。

ん? ちょっと待って。
クロワッサンにオムレツっぽいものを挟んだサンドイッチに見えるんだけど、それだけがお皿にのってるんだけど、なんで$12の値札がついてるん。
まさかねえ、これにサラダぐらいはついてくるわよねえ。

とりあえず私は、前にあちらでいただいたメニューと同じかな、と思うものがあったので、それを。
なるほど、中東系のベーカリーカフェであるらしい。


IMG_9805

キャッシャーのお姉さんは、てきぱきしてて良かったのだけど、ドリンク担当の方は物の場所もまだ把握してなかったようで、色々時間がかかってた。
ソフトオープンは終わったと思ってたんだが、新しい人だったのかな。

オーナーさんかな?という方がお皿を運んで来られた時、私達を、後ろの大きなテーブルに移してくださって。
え、Reservedの札が立っていたんで、小さいテーブルにいたんですけど、いいんですか?
いいの、いいの、みたいに笑顔で、テーブルの上のものを移してくださってね。

しかも、私がテーブルの上に置いていた一眼カメラを、そっと大切に持ち上げて、わざわざ椅子を一脚持ってきて、その上にうやうやしく座らせてくださったので、もー、ウケたのなんのって。
なんてジェントルなお方なの。


IMG_9799

そして最初に運ばれてきたのが、私のオーダーしたMememen Traditional
熟したトマトとペッパー、卵のLevantの伝統的な一皿、という説明。
レヴァント、へー、初めて知りました。(無知)

うーん、味そのものは悪くなかったんだけど、あちらのお店はもっと色々添えられてたのに、これで$12。
ってなビンボー人のつぶやきね。


IMG_9800

で、Cさんがオーダーされた、例のクロワッサンサンド。
うん、サンプルの通り、何も添え物なしでした。(生温い笑顔)
サンプルよりずっと美味しそうだったのは良かったけど。


IMG_9802

そしてこちらが、MさんのTartine Avocado
なんと、まさかのグレープフルーツのせ。

フレッシュな具が山盛りで、これはなかなか。
でも、自分でもっと安く作れるよね、とは言っちゃあいけねえセリフだよ。


IMG_9798

いろんな意味で、興味深いカフェだった。
この時、Mさんの注文だけ、なかなか運ばれてこなかったので、お店の人に言ったんだけど、別の友達も、このお店で同じ体験をしてたのね。
んー、まだ慣れてないところがあるのかな。

あ、でも実は、プレーンクロワッサンを買って持ち帰ったんだけど。
初めてのベーカリーでは、自分的お約束なので。
これが意外と(失礼)悪くなかったので、今度はペストリーをTO GOしてみようかな、とは思ってる。


     27721136_10157099360413242_1749734103_n

おまけで、Nさんが撮影してくださった、象のティーポット。
隣のテーブルに運ばれてきたものだったんだけど、これ欲しいわあ。


535 Bryant Street
Palo Alto, CA 94301


[PR]
by senrufan | 2018-02-13 14:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/28129889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 数多の歩みの、その上に (2) 心身共に染み渡り >>