源流は絶えることなく

いつの間にやら5月になり。家族それぞれの4月目標は達成できないままで。(虚ろ)

そんな初日は、日系祭り。San Jose市ダウンタウンにあるジャパンタウンにて。
住んでいるところから遠いので、なかなか足を運ぶことのないジャパンタウン。利用しないくせにさびれてほしくもないというわがままな気持ちを抱えてる。そこにあるということが、どこか心の拠り所。
b0059565_4183036.jpgb0059565_4184063.jpg


お祭りの内容としては、屋台とパフォーマンス。日系ということを意識した、折り紙を使った絵やカード、漢字がいっぱいのTシャツ、焼き物など。外見は同じ日本人なのに日本語はほとんど聞かれないのが、いつもなぜか面映いような気になる。
楽しいのが食べ物屋台。最初に来た時はびっくりした。カリフォルニアロールとか天ぷらとか、照焼きとかバターコーン。イチゴショートケーキというのは、シロップがけのイチゴに生クリームのっけてるやつだったりね。日本の醤油焼きとうもろこしやたこ焼きも恋しいけど、これはこれでいいもんだ。ハワイアンミュージックの生演奏を聞きながら、野菜いっぱいの天ぷらと、セロリが入った焼きそばと、ぼたもちを食べました。
b0059565_4193283.jpgb0059565_4194224.jpg


個人的ハイライトは、サンノゼ太鼓というグループの和太鼓の演奏。打楽器っていつもいつも不思議なのが、どうしてリズムと単音だけで、あれだけ限りないメロディを創り出せるのかということで。管楽器ばかりをやってきた私には、実は手が届かないような気がする楽器の一つ。半被と鉢巻きも勇ましく、男女差を感じさせない迫力でした。
b0059565_4215522.jpgb0059565_422661.jpg


移民という言葉一つに、一体どれだけの背景が隠れているのか。例えその地を踏んだことがなくとも、自分のルーツを知り、そこにアイデンティティを見出そうとする思いがあること。形は異なっても、それは確かに母国から運んできた種に発したものであること。むしろ、母国よりも純粋な形を見出すこともできること。
アメリカ移民の割合ではごくごくマイノリティの日系人なれど、繋がる輪が確かにあります。



いつの間にやら、全米におけるジャパンタウンは3箇所のみになってしまった。その横で、チャイナタウンやチャイナパワーは、ますます勢いを増している。
国民性の違いを一段と感じずにはいられない今日この頃。
[PR]
by senrufan | 2005-05-01 04:15 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2644569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 野菜!野菜!野菜! at 2005-05-03 21:00
タイトル : 野菜
キーワード:野菜家庭菜園 5月2日 野菜の苗を植えて、1週間になりました。毎日見ていると、どのくら い成長してるかが 分からないので計測してみました。【計測結果】 きゅう り : 21cm パプリカ: 15cm トマト : 19cm 苗を植えたときの大きさを測ら なかったので、どの... more
Commented by pannaGO at 2005-05-03 15:07
ジャパンタウンは3箇所だけになってしまったの?おお、、、。
Commented by senrufan at 2005-05-04 10:56
そおなんだよお……日系人、数から言ったらほんとに少ないしね。


<< 当たりくじ 皐月 >>