人それぞれの美

お隣から伸びてきている花がある。両方ともジャスミンの一種だと思うのだが、とても甘い香りで、外に通じるドアを開けるたびにふわっと香って、なかなか嬉しい気分にさせてくれる。「じゃまだったらどんどん切っていいよ」と言ってもらったのだけど、まだ今のところはほとんど実行していない。

が、欠点もやはりあるんである。私が好きなようにもこの花がお好みらしく、毎日何匹も訪れている。私はこの花の前に洗濯物を干すので、毎回蜂と睨み合い、威嚇し合い(シャーッ)。しかも枯れた花が落ちて洗濯物につくことも多く、いつもよりちょっと一手間かかったり。やはり美しいものには棘があるのだな(大違)
b0059565_4523877.jpgb0059565_452499.jpg


裏庭の愛しの新人・青紫蘇を見に行ったお嬢が、興奮して私を呼びに来た。「お日さまみたいな花が咲いたよ!」との言葉に、うちにはそんな花はないはずといぶかりながら外に出てみれば。
b0059565_4533940.jpg
なにこれ。

ちょうかわいくない。

ジャングルでいきなりラフレシアに出会った人って、きっとこんな気持ち。

やっぱりお隣さんからのもので、これはお言葉に甘えてぜひ切らせていただきたいが、触るのも怖いような気がする。

b0059565_4542991.jpgとにかく目をそむけたくて上を見れば、これまたかわいくないものが。
我が家の松の木の花(?)。なんか毛虫が集まってるみたいだよ……

お嬢は両方とも可愛いと喜んでいる。親子といえども、その美意識には深くて越え難い溝がある。

この怖い花、Passifloraというそうです。日本名はトケイソウ(時計草)。時計の文字盤に似てるからということで。英名はpassion flowerで、これは情熱のパッションではなく、雄しべの形状を十字架に見立てて、キリストの受難を表しているそうです。



b0059565_525781.jpg本日のおやつ、ストロベリームース。余っていたいちごと生クリームを使いたくて作ってみた。やはり本日一緒に作ったいちごソースをもかけて。

私の献立のぽりすぃは、ひたすら”使い回し”。今日のは卵白をメレンゲにして混ぜるやり方だったので、余った卵黄が1個。はてさて、これを使いきれるものは何か、とレシピをめくって次のメニューを考える。

[PR]
by senrufan | 2005-04-24 06:52 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2595576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiyo at 2005-04-26 06:09 x
あら、おいしそうに盛り付けられたお皿。すばらしい。私はそのまま、、、えへへ。とっても美味しかったでーす。卵白が入るのですね。ふむふむ。いちごのソースもたっぷりかけて今朝ヨーグルトとともに頂きました。ありがとうございましたーーー。
Commented by ぱんな at 2005-04-26 11:00 x
オレンジと赤が、きれいざます~。茹でた白身はまだ日の目を見ずに冷蔵庫で、、、もう駄目かあ、、、。卵黄1個分。かきたま汁?(笑)
Commented by Miyuki at 2005-04-26 11:02 x
>kiyoちゃん
いえいえ、こちらこそつたないお礼で申し訳ない~。レシピ送りましたんで、お姫様に作ってあげて下さい。糖分だけが脳の栄養になるんだよね!(と、間食をやめられない言い訳をしてみる)

>ぱんなしゃん
かきたま!それいいかも(笑) 卵黄ならまだ使い出があるんだよね。ゆでた白身って難しいねえ……卵黄よりコレステロースないのに。


<< 美白の素 単純こそ継続の条件 >>