さえぎるものがない場所で (1)

「『何かをやろう』ということじゃなくて、
普段『何を思って生きているか』『何を感じて生きているか』がキーだと思う」
   ----- ヒロ・ヤマガタ
       (日本人、洋画家、1948年5月30生まれ)


     kumamoto-sale

三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。
このお休みに、熊本地震復興支援チャリティーを開催された皆様、
本当にお疲れ様でした、ありがとうございました!

今週末の土曜にも、クラフト&フードのチャリティーセールが開かれますので、ご案内です。

・日時 : 6月4日(土)午前11時~午後2時
・場所 : Prairie Queens Quilt Shop
     14922 Camden Ave, San Jose, CA 95124
・連絡先 : kc@kcottonstudio.com

手作りの布小物、アクセサリー、パンやスイーツなど、にぎやかなセールになりそうです。
私もわずかですが、お手伝いさせていただくことになりました。

お時間がおありでしたら、ふらっとお立ち寄りいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

* * * * *

【旅行】

IMG_2507

さてさて、いい加減に年末(昨年のな)&年始の旅行の記録を始めねば。
いつも楽な日記に逃げてばかりいるので、こうやってツケが回ってくるのです。因果応報(違)

ええと、概略だけは年頭に書いてはいたんですな、どうやら。
そうなんです、この旅行、予定してたところに行けず、予定してなかったところに救いの神。
結果として、すごく嬉しい旅行になったのですね。




IMG_2343

元々の我々の希望は、12月29日・30日で、Lake PowellとRainbow Bridgeを回るというコースだったんですよ。
このレインボーブリッジというところ、名前の通り、美しい虹形の岩のアーチが見られる国定公園なのですけれど、
車や徒歩だけで行き着くのは大変で、基本、レイク・パウエルのボートツアーに参加して、途中で降りて、そこから歩いて行くのが通常コースなんだそう。

Glen Canyonを始めとする素晴らしい景観も楽しめ、レイボーブリッジを見ることもできるクルーズ。
12月29日にPageの町に行き着き、ぶらぶらと付近を探索し、30日のボートツアーに参加する、というのが当初の計画でありました。


IMG_2506

シーズン中なら毎日運行しているこのボートツアー、冬のオフシーズンは、水曜・土曜のみ運行だそうで。
事前にツアー会社に確認のメールをしてみたのですが、返事がなく。
12月30日は水曜なので、催行されてますように、と祈りながらの出発でありました。
と言いつつ、アンテロープキャニオンとかも、大晦日も正月もツアーはやっていたので、まあ大丈夫でしょー、とお気楽な感じでね。

12月28日に車で出発し、ザイオン国立公園の手前にあるSt. Georgeという町に泊まりまして。
そこに至っても、まだメールの返事もなく、ツアーのオンライン予約もどこか怪しくて、クリックできず。

その時に対案として出たのが、Vermilion Cliffs National Mounument
The Waveという名でTVに紹介され、ここ数年で突如人気になったという場所でございました。


IMG_2089

The Waveについて教えてくれたのは、frogfreakさんと蕎麦花さん。
レイク・パウエルに行こうと思ってるんだよ、と別々に話したら、お二人から同じような言葉をいただいたんですよね。
「じゃあ、The Waveに挑戦してみたら?」

ここで”挑戦”という言葉が使われたのがミソ。
というのは、普通の国立公園などとは違ってこちらは、抽選に当たらないと行けないという場所だから、なのでございます。

ぢまんじゃありませんが、友達運と天気運は良いワタクシ、ここぞという大きな抽選に当たったことはございません。
せいぜいビンゴぐらいで、宝クジなんてそんな。そんな。(言いたくないらしい)
旦那も似たようなもんですから、そんな2人が、国外からも希望者が押し寄せるというThe Waveで、当たるハズもなく。

だって、1日20人限定ですよ?
しかもそのうち10人は3ヶ月前のWeb抽選で、前日に行われる抽選では、1日10人のみですよ?
無理むり、ムリゲー、ってなもんですよ。


IMG_1949

しかし、レイク・パウエルに行けないとすると、あとは特に思いつく場所もなく。
土壇場になって、でしたが、Vermilion Cliffsについて検索したところ、
NorthとSouthがあって、North側がThe Waveとしてメディアに紹介された為、希望者が殺到すること。
SouthもNorthのように美しい景色が見られるものの、そちらの方が希望者が少なめであること。

抽選は、Vermilion Cliffsのビジターセンターで、訪問希望日の前日の朝、Northは9時から、Southは10時から開始ですと。
んでは、何はともあれ、Southの抽選時間を目指すべーか。
Northは絶対無理だから。

と決めて、12月29日の朝、ホテルを発って、一路ビジターセンターを目指したのでございます。

(続く)(但し、次回ではない)(殴)
[PR]
by senrufan | 2016-05-31 12:19 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/25864202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 豊かな雨を喜ぼう、鳴き声合わせ... ほんのさわりの挨拶を >>