旅の仲間を慈しもう、共に背負うよFebruary

     IMG_3048

                       (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「結局、人はだれかにホメられたくて生きてる。
ホメられないとき、人は淋しいんだ。
子どものころはお母さんに。
思春期を迎えると大好きな人に。
大人になるとだれかれなしにホメてもらいたいんだけど、
みんながみんなそう思っているのでなかなか順番は回ってこない。
だから、大人は淋しいんだ」
   ----- みうらじゅん
       (日本人、イラストレーター・タレント、1958年2月1生まれ)
by senrufan | 2016-02-01 09:20 | Trackback
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/25323316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 味わう記憶は様々に 求める光の在り場所は (18) >>