甘くて苦いご褒美を (前)

「運命が一つの扉を閉じたならば、信念が別の扉を開く。
空いている扉を見つけよ」
   ----- ウィリアム・ジェームズ
       (アメリカ人、心理学者、1842年1月11生まれ)


「1日1万歩で健康になる」は大きなウソだった

ええええ、ってなる釣りタイトル。
ですが、読んでみると、ほぉ、なるほど。

長く生きていると、昔は信じていた健康情報が覆されることが増えてきますよね。
最近だと、腹筋運動や腕立て伏せは、体幹をいためるからいかん、とか。
一時期すごいブームになったビリー隊長のブートキャンプ、今はどうなっているのでしょ。

まあ、やり方は色々変わっても、日頃から何らかの運動をした方がいいよ、というのは変わらないわけで。
歩数は数えてないものの、外でのウォーキングはやっぱり好きですねえ。
お友達と一緒におしゃべりしながら、となれば、一層です。

* * * * *

【イベント】

IMG_2811

リアルタイム日記ー!(滅多にないから叫びたい)
つい先日、10日(日)に参加した、サンフランシスコでのイベントの記録です。

旦那のマラソン仲間の方から、楽しいレースイベントの話をうかがったのは、昨年1月のこと。
真剣なレースには近づけないワタシでも、それなら出られるかも、と思ってしまうようなイベントだったんですよ。

その名も、Hot Chocolate
5kmと15km、2つのレースがあって、
普通はレース中に水が配られるところ、チョコレートやマシュマロが配られたり、
レース終了後には、ホットチョコレート&チョコフォンデュがもらえるのだそうで、
なにそれ、すんごく楽しそう。

もちろん、真剣に走る参加者の方々も沢山いらっしゃるのだけど、
歩いていた人もいっぱいいましたよ、とうかがって。
じゃ、じゃあ5Kで、しかも歩きなら、なんとか。なんとか。
チョコレート好きなサンドラさん、ゆみたちさん、蕎麦花さんにお願いして、
一緒に参加してー、一緒に歩いてー、とおねだりしたのは、昨年10月のことでした。

この手のレースイベントは、早く申し込めば申し込むほど、参加費が安い設定になっているようで。
今年1月のレース当日に向けて、約1年前からオンライン申し込みがスタートし、数ヶ月ごとに値段が上がっていく仕組み。
たとえば私達が申し込んだ5Kレースでは、2月までなら$34、4月初旬までなら$39、と値上がっていって、最後の締め切りでは$54になっていましたね。

4人それぞれで5Kに申し込み、ついでに(え)、旦那も15Kに申し込み。
レース当日に身につけるゼッケンと、参加者全員がもらえるグッズを受け取りに行ったのは、レース2日前の金曜日。
4人でわいわい、サンフランシスコ空港の近くで開かれた、Race Expoに行ってきたのでございます。




IMG_2741

事前にメールで、各人の受け取り用のQRコードが送られてきますので、
それを印刷していくか、その場でスマホで見せるか、どちらでも可。
とりあえず、会場内で受付の列に並びます。


IMG_2742

IMG_2743

自分の番になったら、コードリーダーに自分のQRコードをかざして、ピッ。
そしたら、自分のゼッケンをもらえます。
私は、旦那の分と2人分を受け取って、次の場所に移動です。


IMG_2746

オンライン申し込みの時、氏名や住所など以外に入力する項目に、目安となるランニングタイムと、受け取るグッズのサイズがありまして。
タイムは、申告時間ごとのグループを作って、順番にスタートさせる為のもので、
私達は当然、選択できる中で、一番遅いタイムグループを選びましたとも。

グッズというのは、この手のレースでは大抵、レースのロゴが入ったTシャツやスウェットがもらえるので、自分が欲しいサイズを事前申告しておくわけですね。
その手のウェアって、外では着られないほど派手だったりするのが多いのですが、
このチョコレートマラソン(便宜上の呼び名)は、そのウェアも良いデザインなのが、人気の理由の一つみたいです。

女性用は水色の、男性用はオレンジ色のバッグに入ったグッズを渡されて。
皆で、早速その場で着てみて、サイズチェックしてみたですよ。
上に羽織るので、少々ゆったりしててもいいかなー、と思ってMにしたのですけど、
さすがにアメリカのMは大きかったようで、こら交換してもらわねばなりません。


IMG_2750

なので、受付に再び出向いて、交換をお願いしたところ、
え、それ用の場所がちゃんとあったんですか。
お試し用の服がおいてあって、自分が受け取ったサイズが合わなければ、こちらで交換してもらえます。
一つ下のSが欲しかったのですが、もうなかったので、XSをお願いしたですよ。
こおゆう時は、オノレのくびれたバストに感謝です。


IMG_2752

IMG_2755

必要なことを終えたら、あとはのんびり会場内のブースを巡ります。
まずはタイトルの、ホットチョコレートとマシュマロをいただきます。
甘ーい幸せ。……水が欲しい。(おい)


IMG_2756

IMG_2751

協賛スポンサーのウェアやシューズの販売。
普段忙しくて、なかなかスポーツ用品店に行けない人には、良いチャンス。


IMG_2759

意外と役に立ってくれるのが、ヘアバンドや、スマホやお金だけを入れられるポーチ類。
更に、決まった割合の売上額を、チャリティーに寄付しているという企業もありました。


IMG_2758

IMG_2763

スポーツドリンクやエナジーバー、エナジージェルも充実。
なんですが、私はこのテの味が非常に苦手でして。
ドリンクを少しだけいただいてみたのですけど、うえぇ、ケミカルな味過ぎて、じぇんじぇんダメ。


IMG_2762

IMG_2760

NakedのスムージーやLARABARのサンプルで口直し。
ブースによって、タダでサンプルをいっぱいくれるところと、購入必須のところがあったです。


IMG_2764

また、こういう会場にあるのが、別なレースの申し込みができるブースですね。
今回は、3月に行われるオークランドマラソンのブースを見かけました。
前に行ったExpoでは、ドイツのデュッセルドルフマラソンのブースを見たですよ。
実際、大きな大会になりますと、別の国から来られる参加者の方々も多いんですね。


ひとしきり堪能した後は、皆で美味しいランチをいただきながら、
当日の手順や準備などについて相談、密談。
なんせ、みんな初めてなので、果たしてどうなるんだか、当日になるまでわからないんですな。

何はともあれ、当日はもらったウェアにゼッケンをつけて、歩くのだ。
そして当日の模様は、後編にて。


IMG_2768
[PR]
by senrufan | 2016-01-11 12:23 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/25263522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さち at 2016-01-25 22:27 x
はじめまして!ウエア可愛いですね〜!ロスガトスに住んでいるので、サンフランシスコのレースは憧れつつもなかなか手が出ないのですが、いつかはチャレンジしてみたいものです。
そういえば、みゆきさんのブログで知ったロスガトスダウンタウンの某フランス系カフェにちょくちょく行くのですが(教えていただいてありがとうございます!)そこのカヌレが絶品なので、もしまた行かれることがあったらぜひ、ご感想を聞いてみたいです。それから近くにあるManresa Breadはきっとみゆきさんのお好みかと。何を食べても美味しいです。レストランインデックスをちょこちょこ参考にさせていただいています(^^)
Commented by senrufan at 2016-01-26 14:28
*さちさん
初めまして! コメントありがとうございます。
ねー、可愛いですよね! 参加者の中には去年や一昨年のを着ている方もいらっしゃったのですが、どれも良かったですよー♪
おお、ロスガトスにお住まいとは羨ましいですう。そのカヌレのカフェはあそこかな、それともあそこ? 仕方ないなあ、両方行くしかないですねえ(にんまり) カヌレ大好きなので嬉しいです、教えてくださってありがとうございます!
そしてご慧眼、Manresa Breadも大好きです~♪ 特にあそこのアーモンドクロワッサンの大ファンでございます。
レストラン記録も随分昔のも増えてきて、今では閉店になってしまっているところも多々あるかと……ご迷惑をおかけしてないと良いのですが。さちさんがお好きなお店がたくさん見つかりますように!!


<< 甘くて苦いご褒美を (後) 求める光の在り場所は (17) >>