くぐる暖簾を掲げたら (17)

「人生でいちばん大事なことは、愛をどうやって外に出すか、
どうやって中に受け入れるか、その方法を学ぶことだよ」
   ----- モリー・シュワルツ
       (アメリカ人、社会学者、1916年12月20生まれ)


        IMG_1880

日本滞在中、実家の最寄りデパートで、ちょうど「ムーミン展」が行われたんですよ。
ベイエリアでは非常に知名度が低いムーミンですが、日本ではずっとずっと、人気者。

母と出かけて、お互い色々買ったうち、私が自分用に買ったのが↑。
シリコンのマグカップカバーです。
トップについているのは、もちろんスナフキン。
私の友人で、スナフキンが初恋だという人が2人いるですよ。(うふふ)

一日に、ハーブティーだけでも1リットルは飲むワタクシ、
寒くなってきて、ますますマグカップは手放せませぬ。
カップカバーは正直、ちょっと邪魔かも、と思う時もあるのですが(おい)、
お茶を注いで、しばらく口をつけない時には、冷めるのを遅くしてくれたり、埃除けになってくれたりして。

お嬢が数年前にクリスマスプレゼントでくれたムーミンシリーズのマグカップとペアで使ったりしております。
ほっこり・まったりー。

* * * * *

【料理】

IMG_1717

うわーん、もう年内、日記を書く時間があまりに足りないよーっ!
せ、せめて、旅行記録はともかく、忘年会とクリスマス会の記録ぐらいは、年内じゃないとマズすぎるーーー(焦)

つーことで、前回が初めてにして、「みぞおち会」と名付けられた女子会の記録から。
再び旦那が出張の時を狙って、「みぞおち忘年会」の開催となりました。

前回メンバーのKさんがいらっしゃらないのが寂しいけれど、ほかのメンバーは無事集合。
皆さんの美味しいお料理&ワインをいただいて、ほっくほくの「みぎや」です。ホステスの自覚ゼロ。




IMG_1729

ゆみたちさんが前回持ってきてくださったワインを開けながら、ゆみたちさんの特製アペタイザーをいただく、という贅沢からスタート。
クセのあるブルーチーズ系には、自家製ドライフルーツのコンポートが、すんばらしく合うんだよー。


IMG_1719

その為に、バゲットを用意していたんだけど、tamachanがパンを焼いてきてくれたので、あっさり選手交代。
天然酵母パンとチーズ&フルーツ……至福の味わいでございました。うっとり。


IMG_1725

tamachanも、パン用のスプレッドを持参してくれて。
マシュルームディップ、香り豊かで滋味溢るる風味が絶品ナリ。


IMG_1732

もう一つ、パンが活躍してくれたのは、Emikoちゃんがファーマーズマーケットでゲットしてきてくれた、カリフラワーのフムス
すごくクリーミーで滑らかで、カリフラワー好きには特に嬉しい美味ディップ。

塩漬けオリーブも穏やかで良い味わいで、最近オイル漬けより塩漬けに傾いていた私の背中を、さらに押してくれました。
パーティー掛け持ちで大変だったのに、ありがとねえ。
売ってるお店も教えてくれたので、いつか行かねばなるまいな。


IMG_1721

Nちゃんは今回、きんぴらごぼうを持ってきてくれたのだ。
基本となるお料理って、それぞれの人のバージョンをいただくのにわくわくするんだけど、
Nちゃんのもすっごく美味しかったよー。
こんな風に、しっかり・どっしりなお味が出せたらなあ。

ちなみに、写真に写ってる取り箸は、先日Nちゃん宅で行われた、お箸作りワークショップで購入したものなの。
ワークショップの記録は、また来年。(くっ…)


IMG_1726

忙しいKumiちゃんも、2品持ってきてくれて。(うるうる)
白菜のピリ辛炒めは、ぐんぐんとワインとお箸が進む一品。
しゃきしゃき歯応えが良いのだよ。


IMG_1728

蕪の柚子味噌田楽も、皆に大好評。
ほろり、となるぐらいに柔らかい蕪に、柚子の香りがたまらないー。


IMG_1722

さて、これだけ皆さんに助けてもらった「みぎや」側は、というと、ええと、いつも通りショボショボめにゅーで、失礼この上ないな……まあ、みんな知ってる。

蕪とりんごのマスタードドレッシング和えは、カノウユミコさんのレシピをアレンジして。
腕の悪さは、旬の素材の新鮮さでカバーしてもらおう。(カイショなし)


IMG_1731

にんじんとベルペッパーの炒め煮は、お酢と醤油と……あたりを使った気が。
すみません、思いつき料理です。


IMG_1735

浅倉ユキさんレシピのブロッコリーサモサは、作りやすくて応用の効く一品。
中のブロッコリーはパスタソースにも使えるので、我が家では度々登場するよ。


IMG_1736

何で冬にトマトなの、な焼きキャベツのトマト煮
だって、朝行ったファーマーズマーケットで、まだトマトが売っていたからさ……最後に、と思ってさ。
あっさり味で、旦那とお嬢の好物です。


IMG_1738

これも浅倉ユキさんのレシピで、れんこん餅の巾着煮
中に、れんこんとしめじが入ってます。


IMG_1740

今回のメインは、にもみぎやで出した、トマトのピリ辛ベジタリアンチゲの鍋。
すっかり写真を忘れて、前以上に汚い画像しか残ってない……
最後に玄米ご飯を入れて、雑炊にも。


IMG_1742

締めのデザートは、tamachan特製のクランベリーブレッドだよ。
酸っぱいクランベリーが甘さ控えめのパウンドの中で、すごく良い具合に主張してくれて、とっても美味しかったんだよー。
あ、12月に行ったtamachanレストラン記録も、また来年。(死んでいい)


前回の反省(?)を踏まえて、今回は11時前には解散したのだけど、
なんと南方面のフリーウェイが、すさまじい事故渋滞。
tamachanとEmikoちゃんが、大変なご苦労をなさいましたです……涙なしには語れない。
やっぱり次回はまた、日付が変わる頃までお引止めした方が良いのだろうか。(苦悩)
[PR]
by senrufan | 2015-12-20 09:07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/25199549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 求める光の在り場所は (16) 求める光の在り場所は (15) >>