手足の先まで行き届く (後)

「社会は個人に対して極刑を加える権利を持つかのように揮うが、
社会は浅薄きわまりない悪徳をもっていて、己の行う事を自覚する力がない」
   ----- オスカー・ワイルド
       (アイルランド人、劇作家、1854年10月15生まれ)


Three, Six or Nine Bottles of Cold Pressed Juice or Signature Juice Blends at Jamba Juice (Up to 43% Off)

     jj
(写真は↑のサイトから)

ジュースのことを書いてる時に、なんとタイムリー。
Grouponで、Jamba Juiceのコールドプレスジュースセットのディールが出てますぞ。
ジャンバでもジュース出してたんだ、知らなかったー。

しかもこれ、むちゃくちゃ安くないですか?
オーガニックのコールドプレスで、1本$3.10~って。
Project Juiceの1/3以下ですな。

つーことで、早速買っちゃいましたよ、このセット。のクーポン。
どんなお味か楽しみです。

さて、あと数時間で終了のディール、果たしてこの日記はアップが間に合うのでしょうか。
アップはできても、読まれた頃には恐らく……(悔)

* * * * *

【買い物】

3. Nekter Juice Bar (HP

     IMG_0845

さて、3軒目は、ちらほらと店舗を見かけるようになってきたジュースバー。
車で通り過ぎざまに見かけた時は、へー、ジュース屋さんができたんだ、ぐらいしか思わなかったのは、
勝手に「日本のデパ地下にあるようなジュース屋」、もしくは「スムージーでしょ」としか考えなかったから。(正直)

でも、ある時、店舗のそばを歩いていた時に、何気なしに覗き込んでみたら、
あら、ちゃんとした(?)ジュース屋さんだったんだ、
しかもお客さんが食べてるのって、あれはアサイーボウル?
と、俄然興味が沸いてきて。

erinちゃんとのデートの時に、ここにしない?と誘ってみたんだよ。
あのアサイーボウルのお店が定番のデートコースだった私達、新たな場所ができるかなー。




IMG_0848

ジュースを販売しているだけでなく、イートインスペースもあるお店。
店内もだけど、外テーブルや外ソファもあって、良い感じ。

ジュースも勿論欲しいけど、それはボトルで買うとして、ここではアサイーボウルを頼もうか。
他にもスナック類などが置いてあって、ヘルシー志向のファストフードって雰囲気だ。
4種類ぐらいあるメニューのうち、スタンダードなバナナとベリーのアサイーボウルを頼んだよ。


     IMG_0853

トッピングは、グラノラ、いちご、ブルーベリー、バナナ。
erinちゃんも同じのね。


IMG_0855

こちらのボウルはさっぱりしてて、甘さも控えめ。
いつものBare Bowlに比べて、ゆるめ&薄めだね、とerinちゃんと話したよ。
なので、食べ終わった後も、まだいけます、って感じ。

個人的には、トッピングのグラノラが好みだったなあ。
さくさくしてて、軽くって。


     IMG_0850

IMG_0847

買って帰ったジュースは、Classic Greens。
あれ、ボトルが大きくね?と思ったら、そうか、ほかのジュース屋さんで買ったのは14.5ozだったけど、こちらのは16.9ozであるのだね。
なのにお値段は、1本あたり$5.50ぐらいで、え、なんでこんなにお安いの。

帰ってからHPを見てみたら、なるほど、こちらはオーガニック保証ではないから、安いのか。
新鮮なローカル材料を使ってます、ではあるけれど。


IMG_0851

前回日記で書いたように、ハイクオリティなジュースは、どうしてもお値段が高くなる。
そしてそれが、何割かの人達にとって、敷居の高さにも繋がっているのは否めない。

食事にしたってそうだけど、病気の方が少しでも治したいと思って試してみるのなら、
なるべくOrganic・Local・Freshな材料使用のジュースが望ましい。
絞るのが皮ごとだったりするから、そこに残留農薬があったら辛いし、
かといって、皮を剥いてジューサーにかけるといっても、その皮と身の間に一番の栄養があったりするので、それはそれで勿体無い。

(参考:2015年 残留農薬が多い/少ない青果 NO.1~12

でも、それはぶっちゃけ、個人の選択だから、ねー。
嗜好品として楽しむのなら、基本的には、そのお店のものが好みかどうかで決めて良い、と思うので。

オーガニックじゃないけど十分新鮮、そしてその分、お値段はお安いです。
それで、じゃあ飲んでみよう、という方がいらっしゃったら、それはそれで良いんじゃないかなあ。


IMG_0846

と言いながら、私が店舗に出向いて買うのなら、やっぱりオーガニックのジュースを選びたい。
一物全体、野菜丸ごとをいただく、という考えから、そこはこだわりたいポイントなの。
もしくは、家にジューサーがあって、オーガニックの野菜もあるんだから、自分でジュースを作りなさい、はい、わかってます。

でも、お友達とお店に行ったり、喉が渇いたなー、って時に買うには、気にしません。
ので、コールドプレスのジュース屋さん、これからも、もっともっと増えてくれたらいいなあ、って思うんだ。
[PR]
by senrufan | 2015-10-15 07:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/25000607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 汲めども尽きぬ源泉で 手足の先まで行き届く (前) >>