貴女の顔色、うかがいます

「言いたいのは、それひとつだよ。
その生き方を人のせいにしちゃダメだ」
   ----- 矢沢永吉
       (日本人、ミュージシャン、1949年9月14日生まれ)


Bay Area HEART、震災復興支援チャリティーガレージセール
今週の土曜、19日に開催です。

・日時 : 9月19日(土) 午前9時~正午
・場所 : Mountain View 個人宅
 (Facebookページに記載)
・売上は全額、復興支援団体に寄付

昨日、メンバー5人が集まって、仕分け&値段付けをしたのですが、4時間かかってもまだ終わりませんでした。
ほんとに、こんなに寄付をいただけるなんて、と改めて感謝の涙でございます。

また皆さん、すごくきれいな品を持ってきてくださったのですよ。(うるうる)
ガレージセールですし、使用感ありありの品で当たり前ですのに、
わざわざ洗濯してくださったり、なるべく使ってない物を選んできました、と言ってくださったり。

良い品々が、良いおうちと縁があるように、メンバー一同、懸命に作業しております。
どうぞよろしくお願いいたします。


     sale1

Bay Area HEART 

* * * * *

【買い物】

     IMG_0142

カラー診断クラス、順調に回を重ねてる。
先生とメンバーにすごく恵まれて、毎回楽しくてならないよ。

何回目かのクラスの時に、Seiko先生が教えてくださったのが、
とあるコスメショップにある、ファンデーションのパーソナルカラーチェックサービス
専用機械があって、顔に当てて合うカラーを診断してもらった後、
店内にある商品から、その人に合うファンデのサンプルをくれる、というシステムなんだって。

なにそれ、面白そう! と一気に皆で盛り上がり。
クラスメンバー4人+1人の計5人で、わくわくとお試しに行ったのさ。




     IMG_0120

広い店内で、え、どこ、その機械はどこにあるの?
お店の人に聞いて、案内してもらったのが、こちらのコーナー。
ほほぉ、COLOR IQというお名前でありますか。


IMG_0119

ばっちりメイクが素敵な担当のお兄さんが、一人ひとり、診断を始めてくれたよ。
肌色センサーの端末を手に持って、これを肌に当てると、端末画面に診断結果が出るそうな。


     IMG_0139

センサーを当てるのは、額、頬、顎の3箇所。
ファンデを塗ってると言うと、軽く拭き取ってから当てられる。


IMG_0127

そうやって出てきた結果を、お兄さんが端末でピッピッとやると、
おおお、出てきたよ、その人の肌のカラーナンバーと、その肌に合うファンデの数々が。


IMG_0129

ずらりと並んだ画面の一覧を見ながら、お兄さんが、
どんな肌質? どういうのが欲しい?と聞いてくれるのね。
で、例えば、乾燥肌なので、しっとりしたのがいいです、と言うと、
一覧の中から、良さそうなのを選んでくれるのね。


     IMG_0131

IMG_0134

選んだファンデを持ってきて、顔や首にちょっと塗って、カラーをチェックしてくれるお兄さん。
これで良し、となった後は、サンプル容器に詰めてくれるんだ。
容器を入れた袋には、ブランド名と、そのファンデの番号もちゃんと書いてくれてるよ。
これで試して、気に入ったら、改めて買いに来ることになるんだね。


IMG_0137

ちょっと説明が戻るけど、カラーチャートはこんな感じ。
これで全部じゃなくて、サイトによると、110色も用意されているそうな。

番号は4桁になっていて、例えば私のカラーは、「2Y08」だったのね。
説明されたわけではないので、かなりあてずっぽうではあるけれど、
末尾の2桁が、「薄(01)~濃(10以上)」の表示で、
2桁目がYかRになっているのは、その濃さの中でYellow系か、Red系を表し、
1桁目の番号が、YかRが強いほど数が多い、のではなかろうかと。

つまり私の番号だと、01のすんごい白い肌の人からスタートしたら、8段階目の濃さで、
そのレベルの中では、真ん中から2番目にYellow寄り。
3Y07のお友達は、私より肌が一段白くて、もうちょっとYellowが入ってる、
という判断になる。のだと思う。みたいな。(おい)


IMG_0140

嬉しいことに、センサーがマッチする番号とファンデを弾き出した後、
画面で自分のメルアドを入力すれば、その結果をメールで送ってくれるのだ。
このデータは、保存版。


IMG_0141

こっちでファンデーションを買おうとしたことがなかったので、今まで気づかなかったこと。
日本のブランドだと、ピンク系とオークル系で、1ライン5~6種類ぐらいのラインナップかな。
それがこちらだと、1ライン10種類ぐらいは平気で並んでる。
なんて豊かなカラーバリエーション。

ここは多人種国家なのだ、ということを、こんなところでまた認識するなんて。
じゃあ、例えばヘアカラーを買おうとしてたら、やっぱり感じたのかなあ、なんて。

5人全員診断してもらって、みんな似たような番号になったので、
アジア人はこの辺り、というのはあると思うのだけど。
それでも、これだけのカラーバリエがある分、より細かく自分に合った色が見つけやすいのが、ありがたいよね。
そして一軒のお店で、いろんなブランドが同時に試せるって、宝探しみたいで楽しいね。
しかも、女友達と行けたのが、何よりね。


いつも、こういう楽しい&お役立ち情報をくださるSeikoさんのカラー診断クラスも、
初級は残すところ、あと1回。
今日は骨格診断、つまり骨格から見た似合うファッションについて教わったんだけど、
顔の形、上半身、下半身、それぞれの形から、襟、袖、スカート、ボトム、アクセサリーに至るまで、
こういうのが似合う、というのがわかって、またまた、すんごおおおく面白かった回でした。

さてさて、コース終了後に、私達に何か外形的変化は訪れるのでありましょうか。
たとえばファンデの色、とかね。


Sephora + PANTONE COLOR IQ
[PR]
by senrufan | 2015-09-14 14:50 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/24904253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 求める光の在り場所は (9) 科学と魔術の融合で >>