境を越えて集う場所

夜、お嬢の学校で開かれた、Heritage Potluck Party。自分の出身国の料理とコスチュームでもって集まろうという催し。移民が多いカリフォルニアならではの企画かな。

b0059565_10211217.jpg前々から準備していた、日本人による折り紙のブース。去年は幾つか折り紙の作品を並べて、子供達が欲しいというものを折ったり、折り方を教えながら一緒に折ったりということをやったのだが、押しかける子供達の数がハンパじゃなく、汗だくで物も食べずにやっていた。
今年はそこまで大変にならないようにと風車1つにしぼり、折り紙と先端につけるビーズを選ばせて、子供達ではなく私達が作るという形にした。そして1人につき1つだけという決まりも貼り紙に。

b0059565_10213195.jpgそれが今年は去年ほどの人数ではなく、ちょっと肩透かし。それでも持ち寄り料理のコーナーに行けるほど暇でもなかったので、結局子供達に取ってきてもらい、食べながら作るという、全然子供の見本にならないお行儀でした。
連続してやってきたこのブースも、私は今年で最後。風車のアイディアは、お母さんの一人が、日本の東京建物博物館というところでやっていた企画をコピーしてくれたもの。このアクティビティは他のどこかでも使えそう。ありがたいありがたい。

パーティのその他の企画は全然見る暇がありませんでしたが、ガールスカウトのコーラスやアルゼンチンの民族舞踊、低学年によるパフォーマンスなどがあり。お嬢達5年生は全員集合して、各国パレードというのをやりました。その国に所縁のあるの子は勿論、誰もいない国はボランティアの子がその国らしい衣装を着て、舞台上を歩きました。お嬢は浴衣で参加です。手に持った札には、勿論Japan
b0059565_10274586.jpg

[PR]
by senrufan | 2005-04-08 10:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2484704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 時も人も増えていくもの その一歩が難しく >>