求める光の在り場所は (5)

「人生は無限の教訓に満ちあふれている。
しかしどの一つとってみても、万人にあてはまるものはない。
それを教訓にするかどうかは、君自身の選択にかかっている」
   ----- 山本周五郎
       (日本人、作家、1903年6月22日生まれ)


周囲の友人達から、いつもすっぴんだと思われているワタクシ。
や、一応ファンデは塗ってはいるんですよ……
アイシャドーやリップグロスもしてるんですが、あまりに薄すぎて、誰にも気づかれないという。
ここまでいくと、立派な特技だネ!(ぽじてぃぶ)

そんな私にとって、マスカラは、レベルが高すぎて手を出せないメイク用品。
なのですが、お友達がコスメパーティをホストした際、
そちらの看板商品だったマスカラについて、周囲の友人数人に話したところ、
みんな、興味津々で購入してくれたのですよ。
私がまとめてオンラインで購入し、届いた後で皆で集まって、お試し会開催と相成りましたです。


IMG_9840

届いたマスカラは、2本セット。
1本がジェル、もう1本がファイバーとなっていて、まずはジェルをつけ、それからファイバーをつけ、更にその上からジェルをつける、という方法。
勿論、それを繰り返しても良いですし、今持ってるマスカラをつけて、その上に重ね塗りしても良いそうです。

その名も3Dファイバーラッシュというだけあって、普段ほかのマスカラをつけている友人達も、これは結構なボリューム!と意見が一致。
しかもファイバーの材料が、お茶の葉だというから驚きです。
その他の原材料も、極力自然素材にこだわり、アニマルテストもしていないという商品だそうですよ。

全員のBefore & Afterの写真を撮ったのですけど(みんなマジで綺麗なのー)、それはさすがに非公開。
興味のある方は、以下のサイトで画像や動画をご覧くださいませ。

ちなみに私は、パウダー状になったコンシーラーを購入いたしました。
シミだらけで、いっそガングロになった方が早いんじゃね?という顔でありますが、
特に大きなシミで試したところ、おお、かなり目立たなくなったじゃないですか。
こちらに頼って、これからも頑張って、「少しでもマシなすっぴん顔を作る」ことに邁進していこうと思うです。


Younique

* * * * *

【旅行】

4. ストラホフ修道院

     IMG_7184

プラハ城の近くにある修道院。
お嬢と私の、プラハでのもう一つのお目当てだったところです。


IMG_7185

ところが、えー、というような事情で、半分しか叶えられなかったというか。
ラッキー半分、アンラッキー半分の見学となりました。




     IMG_7189

IMG_7187

修道院内部はこんな感じで、柵越しの見学。
12世紀にヴラジスラフ公によって、プレモントレ会の僧院として建てられましたが、
火災や戦乱で、破壊と再建を繰り返し、現在の姿になったのは、1950年に最終的な修復を終えた後だそうですよ。

というぐらいで、もう良し。(え!?)
だって、我々のお目当ては、こちらの隣の建物でしたから。


IMG_7195

実はこちらの修道院、図書館が大変有名なのでございます。
歴史図書館として、14万冊の蔵書を抱え、「シェルメンベルグの聖書」など、歴史的に貴重な蔵書も含まれているんですね。
図書室の中には、特別なツアーでない限りは入れず、外から見るだけ、だそうですが、
それでも直に見たいし、写真も、と思っていたのでございますよ。

いそいそと入ろうとしたら、入り口に立っていた係員の方から、
今日は停電なので、入場料は無料になる、と言われたんですよ。
建物内がどれぐらいの暗さになるのか気になりましたが、日中だし、無料なのはラッキーだったね、と言いながら、階段を上がっていったのでございます。


ところで、プラハで初めて体験したのですが、幾つかの観光地では、
入場料以外に、写真撮影料を払って許可証みたいなものをもらわないと、撮影できないことになってるんですね。

階段を上ったところに受付兼売店があり、厳格な表情のおばあさま方が数人いらっしゃいます。
こちらの修道院も、撮影許可証がいる旨が書かれた貼紙があったので、お願いしたら、
今日は撮影はできません、と一言、切って捨てるように言われまして。
なぜですか、と理由を聞いたのですが、それ以上は英語ができないのか、
誰もが揃って、首を横に振るばかり。

そらもうがっかり、でしたけど、やっぱり来られたのは嬉しいことでありますからして、
ゆっくり・じっくり、展示物や図書室を拝見しましたですよ。


1フロアに、図書室が左右に1部屋ずつあって、その間を繋ぐ廊下に、
なぜか海洋生物の標本や、アンティークの机や本棚の展示が並んでいます。
なんの説明もガイドもないので、なぜここに海の生物が? 船の一部が? という疑問は解けないまま。
おばあちゃま達、英語が通じない様子だったので、聞くのがためらわれてしまいまして。

で、肝心の図書室ですが、いやもう、ほんとーーに美しかったです。
哲学の間神学の間とあるのですが、天井には素晴らしいフレスコ画、
左右の壁は一面の本棚で、そこに柔らかく射す陽の光で、まるで幻想画を見ているように思えたほど。
部屋の中には入れないので、あくまで入り口から眺めているだけでしたが、
それでも飽きることなく、結構な時間、そこに佇んでおりました。


ところが。実は、ちょっと不愉快なことがありまして。
その時、ほかに観光客がいなかったせいもあったとは思いますが、
お嬢と私がゆっくり歩きながら展示を見ている間中、係のおばあちゃまが一人、ずっと後ろをついてくるんですよ。
最初は、たまたまかな、と気にしなかったのですけど、
さすがに廊下の端から端までずっとついてこられれば、うんざりするというもので。

途中で振り返って、「何か?」と話しかけてみたのですが、無表情で見返されるだけ。
ふと、元・社会主義国、という言葉が浮かんだです。
その後、ほかにも数人観光客が入ってきたので、私達だけを監視していることはなくなりましたけど、
それでも、お嬢が引き返して、もう一度見てこようとした時、
ほかのお客さんのそばを離れて、お嬢の後をついていきましたからね。


     IMG_7191

で、導火線激短の私、ソッコーでカッチーン、となりまして。
怒りにまかせて、おばあちゃまの目を盗んで撮ってしまったのが、こちらです。
(つか、実はほかのお客さん達も、こっそり撮ってましたけどね)

こちらは哲学の間なんですが、天井のフレスコ画は、18世紀のマウルベルジュの作品で、「真の知恵の認識を求める人類の闘い」をテーマにしているそうですよ。


IMG_7197

IMG_7198

念願の、だったのに、後味の悪い見学となってしまった図書館を出て、
修道院の裏手の方にぶらぶらと歩いて行ってみましたら、なんとも良い景色に出会うことができました。


IMG_7201

葡萄?みたいな畑の向こうに、プラハの美しい街並を見渡すことができる場所があったのですよ。
先ほどまでの鬱憤をはらすように、何枚も写真を撮ってしまったです。


IMG_7204

IMG_7209

プラハ城やヴルダヴァ川、旧市街も一望でき、また、天気の悪い日だったにも関わらず、
この時だけは雲が切れてくれまして、いやいや、絶景かな、絶景かな。


IMG_7210

しつこいですが、もう1枚。
終わり良ければ的に、もやもやしてた気持ちも大分晴れ、修道院を後にしましたです。


最後にネットで検索した、世界の美しい図書館の画像をば。(3つもかよ)(どれだけ悔しいんだよ)
こちらのストラホフ修道院図書館の写真もありますので、よろしければご覧になってくださいませ。

世界の図書館を巡る旅。
理想的すぎて、血圧が上がりそうになるですよ。(想像高血圧)

世界の図書館が神秘的すぎる【画像】

ため息がでるほど美しい世界の図書館20選

【画像】世界の美しき図書館
[PR]
by senrufan | 2015-06-22 07:35 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/24616229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ustomi at 2015-06-25 09:03
miyukiさん;マスカラは私はきっと一生縁なき衆生だと思います。

本当に この社会主義国家であった国ではその様な扱いを受けますね、私も 東ヨーロッパ、ロシア、な度などね、でも貴女やるではないですか リベンジね
禁止事項が多すぎますが、この様な歴史的なものは
大事にしないと 写真のフラッシュは何事も劣化させるのです。
私も エルミタージュ美術館 で 同行のアメリカ人と撮影禁止絵画の部屋で同じことしちゃったですよ
彼女は素早く逃げたのですが 私逃げ遅れて 英語の話せないおばちゃんにむんずと手をつかまれてね、引っ張って行かれて、これはもうだめだわと観念したのですが、只彼女は カメラ禁止 の張り札を指さして怒って居ましたね と私が悪かった が ほかの白人種でやって居るのを見つけましたよ。
下記の リンクは 船旅の中で素晴らしい トランペットの演奏を聞いたので貼り付けます。

https://youtu.be/LhaQs1aLqjY
Commented by Miyuki at 2015-06-26 12:56 x
*tomiさん
私もそうかもしれません……つけてるのを忘れて目をこすってしまいそうで。

いやあ、東欧、やっぱりあるんですねえ。なーんか人種差別的なものも感じたり。
あ、私は基本フラッシュなしですよー。それはもう当然のこととして。
つかまっちゃいましたか~。でも罰金とかはなくて、まだ良かったですね。この時も実は一人のおじさまが見つかって怒られてました。

動画、ありがとうございます! トランペットの響きにうっとり酔いました~♪
Commented by eatsleeplove at 2015-06-27 07:25
あら!今週忙しくしてて、今日みたら、月曜日に載せてくれてたのですね。ってか、びっくりですよー。ありがとうございます。写真がないのがねえ。。。。事務所通して交渉していいですか?笑。その後皆さんコツをおさえて御目目パチパチしてらっしゃいますか?日本人はさっとお化粧する時って口紅だけど、こっちは何をしなくてもマスカラだけつけますよね。みゆきさんも、さりげなくマスカラつけてみてください。コンシーラーも気にいっていただけてうれしいです。ファンデはあたしのは白すぎると娘に言われたので、もう一つ二つ濃い色を買う予定です。クリームのいいよ。サンプルでいれましたからねー。 その後、アフタヌーンティの日記からふるいSさんのお料理教室までずーーっと読んでしまいました。明日Sさんとまた無塩やるんですよー。楽しみーー。今月で4回目しましたからね、あたし。偉い?笑
Commented by Miyuki at 2015-06-27 09:24 x
*悦ちゃん
そうなのですよ、写真がないので、独立日記として書けなかったのです、ごめんなさい。でも売れっ子美女タレントさん揃いですから、ぷらいばしーを大事にしないと!
確かに、こちらでは何がなんでもマスカラ!みたいですね。でも日本の人達もそうなりつつあるのかな? 結構周囲に、目化粧しないで出かけるなんてできないーと言う人、増えてますね。どこまでも時代遅れな私……いつか何が何でもすっぴんで、という時代が来ないだろうか。
ああ、ファンデの色、迷いますね~。すんごく贅沢言えば、Youniqueさん、ファンデとリップのサンプルセットみたいなのを作って、ホストする人に支給してくれないかなあ。私は悦ちゃんにお願いしたおかげでハッピー♪でしたけど、試してみたい人、たくさんいるかも。
おっ、明日、無塩ですか! しかも4回目!? えーらーいーー、さすが悦ちゃん!!


<< 旬の便りはこちらから だってウチらは女子だから >>