Key West

フロリダ半島南端から点々と続くサンゴ礁の島々。この島をKeyと呼び、語源はスペイン語で骨の島という意味だそうです。

この島々(Keys)の間を繋げているUS1号線、別名Overseas Highway。エバーグレーズを出発し、途中有名なSeven Mile Bridgeを含む100マイル以上の道を、海や島々の景色を眺めつつドライブしました。我らが知事・シュワちゃん主演の映画「トゥルーライズ」の舞台ともなったところです。
b0059565_141173.jpgb0059565_1412961.jpg

これまた有名なキーウェストの夕焼けを眺めるべく、南端のFort Zachary Taylor Histric State Parkを目指します。この日の日没時刻は6時43分。閉園時間も同じ。6時20分頃に着いた私達、ゲートのおばあちゃんが入場料をおまけしてくれました。
b0059565_1102868.jpg



残念ながら、見事な日没というわけにはいかず。おまけに観光船やヨットが邪魔をして、こちらの海岸際からはブーイングの嵐。翌日はビーチで遊ぼうと思っていたけど、これは天気は期待できそうにないなあなどと危惧しておりましたら、やはり翌日の天気は曇り。降水確率50%。天気運だけは良かった私、とうとうそれも失ってしまったのか……代わりにクジ運が上がっていれば文句はないが。
それでもさすがに南端だけあって曇りでも海水は暖かく、天気が悪い分、人もいなかったので、ビーチ独占状態。砂が白い。さらに売店で買い物したら、お釣りで2005年発行カリフォルニアのクォーターが。おまけに東側製。これは貴重なお土産となりました。
b0059565_1241176.jpgb0059565_1242126.jpg


それ以外に行ったところは、「老人と海」などの作者であるアーネスト・ヘミングウェイの家(Hemingway Home)。ヘミングウェイや家族の遺品・記念品が展示されています。彼が飼っていた猫の子孫達が大勢いて、猫の家とも呼ばれているそうで。聞くところによると64匹住んでいるとのことです。b0059565_113394.jpgb0059565_1131351.jpg


もう1つ、アメリカ最南端地点・Southernmost Point。実際には、隣にある海軍基地の中に本当の最南端地点があるそうですが。
ちょうどこの地点の向かいで、結婚式が行われていました。天気が悪く風も強い中でも、笑顔の華やかさは変わらず。そう言えば、ビーチでも数組のカップルの写真撮影やってたな……男性が女性を横抱きにしてポーズとったり。ロマンが香るキーウェスト:ここで結ばれた愛は永遠にとかいう伝説があるのか。
b0059565_117173.jpgb0059565_1171392.jpg


名残惜しくキーウェストを離れ、一路マイアミへ。翌日の飛行機が6時半発と早く、レンタカー返却時間なども考えて、4時半起床と決める。フロントでモーニングコールを頼んだ後、エレベーターに乗り込んだら張り紙が。
「明日よりサマータイム(Daylight Saving Time)が始まりますので、今夜のうちに時計を1時間早めておいて下さい」

死んでもいいよ、と言われている気がしました。
[PR]
by senrufan | 2005-04-02 01:05 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2452306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-04-07 10:50 x
おおっ!日没の写真、これ、ほんもの?????きれい、、、綺麗すぎる、、、。キーライムパイは食べた?事実上は、3時半起床だったわけだ、、、。おつかれ。
Commented by senrufan at 2005-04-07 12:49
ほんものです~。ここまではきれいだったんだけどね、この後が尻つぼみでね……(ため息) キーライムパイ、食べられなかったー。仕方がないから、こっちで食べるよ(おい) 何とか起きられたけど、飛行機でたちまち眠っちゃったよ(笑)


<< No place like home See you later, ... >>