一石二鳥の言葉達

「下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ」
   ----- チャールズ・チャップリン
       (イギリス人、俳優・映画監督、1889年4月16日生まれ)


     IMG_6842

プラハもワルシャワも、バスや地下鉄、トラムを大いに利用しまくりました。
それぞれ1日券や3日券などがあって、その期間中はどれでも乗り放題なんですね。
安い上に、改札も検札もなくて、キセル天国なんですが、ちゃんと真面目に買ったよ僕達。(当たり前だ)

地下鉄に乗る時は、長ーいエスカレーターを乗り降りするんですが、その両脇にずらりと貼られた広告を見るのが、ちょっとした楽しみで。
特にロンドンでは、ブロードウェイでかかっている舞台の宣伝が並んでて、ミュージカル大好きな私にはたまらないご馳走的な。
残念ながら観劇はできなかったのですけど、ねー。(しくしく)


          IMG_6843

で、プラハの広告で目に入ったのが、なんと村上春樹さんの新刊本のお知らせ。
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のチェコ語版と思われます。

現在、期間限定サイト・「村上さんのところ」で、毎日忙しくしていらっしゃる村上氏、
TIME誌が選ぶ、今年の「世界で最も影響力のある100人」のお一人に選ばれましたね。
ちょうど先日、ベイエリアにいらっしゃった近藤麻理恵さんと共に、ということで、めでたいニュースでございます。

村上春樹さん、TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる

* * * * *

【買い物】

IMG_5871

おっし、ようやく2月の日記だぞ。
蕎麦花さん、むらさきちゃん、Sちゃん、サンドラさんというメンバーに混ぜてもらって、
サンフランシスコ遠足に行った時のお話ね。

この時はブランチやお茶も含めて、いろんなお店に寄って、盛り沢山ですんごく楽しい一日だったのだけど、メインの目的は、Sちゃんご希望の版画屋さん。
最初に行ってみた時は、まだ開いてなくて、ブランチ後に寄ってみたら、「すぐに戻ります」という貼り紙が。
どのぐらいで戻ってくるかなー、なんて話していたら、ほんとにすぐだった。

笑顔の素敵なお兄さんが、ドアを開けてくれて、待望の入店。
この時まで、どこが入り口なのかもわからなかった我々です。




IMG_5876

     IMG_5881

版画屋さんってどんな?と思っていたら、なるほど、カードやポスターなどを作って販売されているんだね。
お店や個人の依頼も受けてくださるし、ご自分で作られた作品も売ってるというね。


IMG_5902

でね、印刷された絵や文句が、いちいち面白くってどうしよう。
バレンタインデー用のカードに笑って、壁に並べられた版画にオオウケして。
この手のユーモアやウィットが大好きな私のツボを、がんがん押してくれましたがな。
そう、こおゆうのが大好きだから、海外小説の方を読んじゃうんだよねえ。(翻訳でな…)
さらりと下ネタもあったりして、どれもメモりたかったぐらい。


IMG_5887

IMG_5889

お店であると同時に、お兄さんの作業場でもあるわけで。
うわあ、久しぶりに見たなあ、こういう印刷機。


IMG_5888

文字をこういう風に組み合わせて、この棒で枠取りをして……
優しいお兄さんは、邪魔な気持ちも見せずに、にこにこと教えてくださった。
もちろん私なんぞができることではないのだけど、それでもなぜか、すっごく懐かしい気がしたよ。
小学校のガリ版新聞とか、美術の時間の版画とか、のすたるじーに浸ったよ。(恐竜時代)

ただ、こちらのカード類は、版画技術だけじゃないからね。
秀逸なユーモアや素敵なデザインがあってこその作品だもんね。


     IMG_5879

迷ったけど、大きめの壁に飾る用のボード版画と、エコバッグを買わせてもらったよ。
エコバッグには、ゴールデンゲートブリッジの絵と、「My City is better than Your City」という文が印刷されてるの。
お嬢に押しつけてやろうかな、と思ってさ。

お嬢といえば、こちらのお店の前に来て、ドアの前にあった貼り紙に、
「Back in Two Shakes」
と書いてあって、きっとtwo secs (seconds) をもじってるんだろう、ぐらいはわかったものの、ほかに何とひっかけてるのかまではわからんかったので、お嬢にあとで聞いてみたの。
そしたら、これじゃね?というリンクを送ってくれたです。
ありがとねー、お礼にこのバッグをあげるからねー。

two shakes of a lamb's tail


     IMG_5909

印刷のオーダーまではできなくても、たまにお兄さんの作品を見に行って、
少しずつカードのコレクションができたらいいのにね。
と思ったぐらい、楽しいお店訪問でありました。
教えてくれたSちゃん、一緒してくれたみんな、ありがとねえ。


The Aesthetic Union
555 Alabama Street
San Francisco, CA 94110
[PR]
by senrufan | 2015-04-16 10:05 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/24371330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< それは貴方のお好みで 触れ合う香りが生むものは >>