現状にも穴があけば

ピンポンという音にドアを開けたら、お向かいのおばあちゃま。お嬢にイースターのプレゼントを持ってきて下さった。お嬢もいそいそと用意しておいたブラウニーとカードを。
クリスマスやバレンタインの時に、必ずお嬢への贈り物を持ってきてくれる優しいおばあちゃま。去年90歳になられて、まだ病院のボランティアを現役でやってらっしゃるという素敵な方です。

旦那がやはり昨日の疲れで風邪気味になり、日中寝込んでいたので、私が芝生の穴あけを初めてやってみる。来週末は旅行でいないし、もういい加減やっておかないと。

前の家に住んでいた時、お隣の旦那様が大層庭仕事にまめな方で、雨季の終わり頃になると、うちに声をかけてくれては一緒に芝生の穴あけ→肥料蒔きをやっていたものだった。「雨が多い時の方が地面が柔らかくて開けやすいし、肥料は蒔いた後にたっぷり水をやらなきゃいけないので、雨だとちょうどいいんだよ」と言いながら、スプレッダーでもって肥料をバラバラと。そのおかげか、あの家の芝生は年々丈夫になり、最後の方は雑草もほとんど生える余地もないぐらい密だった。
この家に移ってガーデナー付ということに甘えてたら、前庭はどんどん雑草に侵食されてしまい、それも手で抜くのは到底無理な種類のもので。大家が芝生をはりかえると言っていたので待っていたら、早1年以上が過ぎていた。もうあまりいることもないかもしれないけど、やはり気分のいい眺めではないので、少しばかりの努力はしよう。

穴をあけた後、除草剤が混ざった肥料をまく。まき終わって家に入った途端、雨が降り始めたので、おおグッドタイミングと胸をなでおろす。ガレージにしまう前に肥料の袋を改めて読んでみたら、思わず目を見開くディレクションが。

 「24時間以内に雨が降りそうな時はまかないように」

……見なかったということで。

全くの自由な一日を満喫したお嬢。先日図書館から借りてきた大量の本を片っ端から読みふけり、その合間にろう粘土の作品を2つ仕上げる。
1つ目はSolar System。太陽系の惑星+ロケット。4×6cmの箱の中に。
b0059565_3232441.jpg

2つ目はサーカス。高さ10cm。下の部分にのっている人形はそれぞれ1~2cmの大きさ。
b0059565_7171685.jpgb0059565_7173285.jpg





誕生月ということで、幾つか今月のみのディスカウントチケットをもらっていたのだけど、そのうちの1つを使ってジーンズをオンラインオーダー。しばらく悩んだ後、1サイズ上を注文。
これってやはり敗北なのか。
[PR]
by senrufan | 2005-03-27 03:16 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2381288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 人としての器 Happy Easter! >>