その煌きは永遠のものか

本日、お嬢はお友達の家にお泊り。というか元々夕食をお呼ばれの予定だったのが、私が迎えに行く寸前に電話がかかってきて、お泊りに変更。
そしてその電話を私は、きらびやかなイブニングドレスとタキシードの紳士淑女が居並ぶオークション会場で受けました。

どのようなものであったかというと、タイトルが”Denim to Diamonds”Ronald McDonald HouseUltratechが主催し、老舗デパートのNeiman Marcusがホストしたもので、収益金は全てHouseを通じて、Children's Hospitalなどの子供関係の福祉にあてられます。会場はニーマン・マーカスの1~3階の売り場を少々片付けて、いろんな商品やディスプレイに囲まれつつ、オークション・カジノ・ディナー・ダンスなどが催されました。

オークションで競り合うようなお金があるわけでもなく、このような場所にふさわしい服を持っているわけでもなく、なんでごくごくパンピーなうちが出席になったかというと、旦那の会社がスポンサーの一員であったから。それ以外に理由なぞありません。ネット以外のオークションなど見たことも触ったこともないので、これも経験だとばかりに無謀にも行ってみたわけです。旦那と私、そして友人の旦那様@奥様が今日本滞在中の3人で。はっきり言って、その場にいる間中、帰りたいとか私が来るようなとこじゃなかったとかお母さーんとか心の中でつぶやいていたことを、こっそり白状します。b0059565_745136.jpgb0059565_7452955.jpg


b0059565_740687.jpgオークションは2種類あり、サイレント・オークションとライブ・オークション。
会場に入ると、売り場ショーウィンドウのカウンター上にずらっと並べられたメモパッド617点。それぞれにオークションのタイトルと簡単な内容説明、そして名前を記入する縦長の欄が。品物は全て寄付によるもので、例えば「ペインターさんによる半日の家用装飾ペインティング:$450相当」とか、「○○歯科医による歯のホワイトニング:$650相当」とか。
その下の欄にあらかじめ金額が記入されている縦長のリストがあり、自分がビットしたい金額の横に名前と電話番号を書くようになっています。終了時に一番高い額のところに名前を書いた人が競り落とす、というやり方。

b0059565_7402212.jpgそしてライブ・オークションは、良くTVなどで目にする、司会者が音頭をとって皆がどんどん挙手をして、というアレで、品数は7点。「ダイヤモンドのイヤリング:$12,500相当」や「USS Hornet(米軍空母)に400人一晩宿泊・クルーによるガイドや夕食&朝食付:Priceless」など、ユニークで面白かったですが、一番盛り上がったのがこれ。「8/26(金)SFジャイアンツ vs NYメッツの試合、ボックスシート(12人)・食べ物や飲み物付:$3,500相当」。盛り上がりまくって最後は$17,000で落札。他人様のお金で盛り上がれるなんて最高でした。色々言われていても、やはりシリコンバレーはお金持ちが多い……。

オークション終了後は、あらかじめ決められたテーブルにてディナー。サラダ・パン・メインのチキン&野菜。うちの会社からの出席メンバーでテーブル2つを占拠し、挨拶や歓談。勿論英語でしかも皆さんえらい正装だったので、半分も喉を通りませんでした。ダイエット中にちょうど良かったと思います。(負け惜しみじゃない)
b0059565_7404037.jpgb0059565_740511.jpg






終わった後は階下に下りて、コーヒー&デザート、ダンス、カジノ。私はインコの世話の為と神経疲れの為、食事が終わったら一人退散しました。今日一日の試練としては十分だったと納得しつつ。
旦那とお友達はカジノで一遊びしたそうですが、獲得したお金は結局くじにより品物と引き換えで、またその分のお金が寄付に回されるという仕組みになっているそうです。

稀なる体験で面白かったですが、如何せん私のような小心者には緊張の方が勝ってしまい、縁のないまま終わることでしょう。あー、やっぱり普段必要のないタイヤモンドより、日々役に立つTシャツとジーンズ。



友人の旦那様とは会場前で待ち合わせしたのだが、到着前に携帯で話したところ、先に着いていた彼からの情報。

 「みんな、背中を出したドレスばっかりだよー」

その場でUターンしようと思った。

オークション前にシャンペンやカクテル、軽食もサーブされていた。生牡蠣があって食べたかったが、ちと怖い気もしたので、シュリンプ・カクテルの方にした。b0059565_7595947.jpgb0059565_80107.jpg


b0059565_824589.jpgマクドナルドと言えばこの人。会場内を歩いて写真に一緒に収まったり、競りに協力したり、活躍してた。このメイクをしている限り、誰でも彼に見えるというのはある意味便利。

b0059565_811251.jpgb0059565_812889.jpg


[PR]
by senrufan | 2005-03-12 08:03 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2260245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-03-15 11:03
わ。師匠にも背中出してもらいたかったぞお。シリコンバレーっぽい企画だよねえ。
Commented by Miyuki at 2005-03-15 12:08 x
背中出しドレスというのは当然チューブトップのような形になるでしょ……んで、胸のない私は、おそらく胸でドレスをとどめることができないんじゃないかと……(うつむいてみる) 確かにこのエリアだなあっていう空気だったよー。


<< 知らないことはどれぐらい 人生の酸味 >>