人気ブログランキング |

季節を彩る音色には

「一切の気取りと、背伸びと、山気(やまき)を捨て、自分はこれだけの者、という気持ちでやろう」
   ----- 尾崎一雄
       (日本人、作家、1899年12月25日)


「子供とは何か、という質問に答えたある人の『人を傷つけたことに気付かず、人に許されていることに気付かない段階』という答えほど完璧なものはありませんでした」
                   Twitter / hironobutnk (via igi)


来年こそは大人になりたいです……

* * * * *

【イベント】

IMG_6991

あああ、年内にあと2回の記録が精一杯。
なので、過去日記はちょっと休んで、楽しいホリデーイベント記録を2つほど。

この時期は音楽イベントも楽しみで、今年はSan Francisco Symphonyと4人の歌手のコンサート、「The Color of Christmas」に行ってきました。
出演は、Peabo BrysonRuben StuddardMelissa Manchester、そして CeCe Winans
それぞれ、グラミー賞受賞やホワイトハウスでの演奏会の常連など、華々しい活躍ぶりの4人。
指揮者は、Herman Jackson氏が勤めてくれた、大変楽しいコンサートでございました。




IMG_6984

演奏曲目は、以下の通りです。

Act Ⅰ

Carol of the Bells
For Unto Us a Child is Born - Hark! The Herald Angels Sing
The Most Wonderful Time of the Year
With a Christmas Heart
Whenever I Call You Friend
My Christmas Song
Count Your Blessings
Someday at Christmas
Jingle Bells
All Because
O Holy Night


Act Ⅱ

Are You Ready for a Miracle
The Christmas Song
If Ever You're in My Arms Again
Beauty and the Beast
I Need an Angel
What's Goin' On - Mercy Mercy
I'll Be Home for Christmas
Come in from the Rain -
Though the Eyes -
Midnight Blue - Home to Myself -
Don't Cry Out Loud
Count On Me
Go Tell it On the mountain
Joy to the World


     IMG_6986

またもやエンタメ音痴ぶりを発揮して、初めて聞く歌手ばかりだったのですが、
や、もしかしたら、どこかで歌を耳にしたこともあるかもしれませんが、それは遠くに置いといて。
いやもう、どの曲もとっても素晴らしく。時間が経つにつれ、お客さんのノリもどんどん良くなって。

男性歌手2人・女性歌手2人が、1人で歌ったり、誰かとペアを組んで歌ったり。
それぞれ声の質や歌い方に個性があるので、どの曲も新鮮で楽しくて。

これは勝手な感想ですが、男女とも「おしゃべり好き&無口」を組み合わせたかのようで、
トークはMelissaとRubenが引き受けて、Peaboは貫禄、CeCeはゆったり、という感じ。
特にRubenは、まー、良くしゃべること、しゃべること。
客席に降りて、お客さんに絡んでダンスまでしちゃったりしたのは、この人だけでした。
またジャケットが蛍光ピンクだったり、ド派手柄だったりして、Peaboに「そのジャケットくれよ」と言われたり。


     IMG_6985

そんな風に、言葉少ないPeaboでしたが、還暦越えとは思えない声域の広さ。
お客さんにもファンが多かったようで、彼が出てくる時の歓声と拍手が、一際大きかったように思います。

逆に、同い年のMelissaは、素敵ながらも、ちょっと声が衰えてきてるかな、という感が。
誰かとのデュエットの方が、相乗効果で更に素敵だった気がします。(失礼)

その点CeCeは、比較的若いこともあって、声量も豊かさも見事な出来。
Rubenとの「Beauty & Beast」のデュエットは、全員が魅了されましたですよ。

歌手達だけでなく、First A.M.E. Oakland Mass Choirのゴスペルコーラスのバックアップも、素晴らしかったです。
後半がどんどん盛り上がっていったのは、彼らとのゴスペル曲が増えていったから、というのもあり。
最後の方は、大半のお客さんが立ち上がって、ノリノリで踊りながらのコンサート。
うん、これでしょう、これでなきゃ。
旦那も私も、大喜びのうちに終了したコンサートでございました。


IMG_6994

あー、またあのゴスペルコンサートに行きたいねえ。
と、しみじみ旦那と言い合ったのですけど、残念ながらここ数年、彼らのコンサートには都合が合わず、行けずじまい。
せめて今回のコンサートで、ゴスペルが聴けて、とても嬉しく思ったです。

手拍子、歓声、リズム、伸びやかな声。調和して響き渡るハーモニー。
大好きなホリデーシーズンを更に彩り豊かにしてくれるのは、やっぱり音楽でありました。


COLORS OF CHRISTMAS

It's The Most Wonderful Time Of The Year-Peabo Bryson




San Francisco Symphony

Peabo Bryson (Official website)

Melissa Manchester (Official website)

Ruben Studdard (Official website)

CeCe Winans (Official website)


IMG_7006

      (※おまけ画像:クリスマス仕様のサンフランシスコのCivic Centerです)
by senrufan | 2013-12-25 12:10


<< 冬来たりなば、春もまた 伝えたい気持ちは一つでも >>