We belong together

「僕の後ろを歩かないでくれ。僕は導かないかもしれない。
僕の前を歩かないでくれ。僕はついていかないかもしれない。
ただ僕と一緒に歩いて、友達でいてほしい」
   ----- アルベール・カミュ
       (アルジェリア→フランス人、作家、1913年11月7日生まれ)


先日、久しぶりにいただいた鶏のから揚げでございますが。
思い出しヨダレを垂らしながら(ヤメロ)、”から揚げ”って、”唐揚げ”なんだよな、なんで”唐”なのかな、と思いながら、日記を書いたのでございました。

そうしたら、たまたま目に入った以下の記事。

「空揚げ」か「唐揚げ」か、問題の根っこは深かった

なるほどー!(膝ポン)

* * * * *

【舞台】

     IMG_5178

お嬢がいると、あちこちお出かけするパワーが沸いてくる母ちゃん@ヒッキー体質です。
コンサートや映画、舞台など、お嬢がいなくなってから、とんとご無沙汰するようになっちゃっいまして。
旦那とだと、時間が合わなかったり、好みが違ったりするんだもーん……(ある種、問題発言)

ちょうどお嬢がいる間に、良いミュージカルが来てくれまして、ですね。
嬉々としてチケットをゲット、いそいそと夜のサンフランシスコに繰り出したわけですよ。

観に行ったのは、「Prischilla, Queen of the Desert」
最初は何も知らずに、あら、面白そう、と思って、frogfreakさんに話したところ、
彼女が大好きな映画の一つだ、とおっしゃるじゃありませんか。
その時ようやく、映画を舞台化した作品だということを知りましたです。いつもながら、無知蒙昧。




IMG_5179

そんな有名な映画をベースにしているわけですから、ご存知の方も多いとは思いますが、一応ちょこっとあらすじを。
舞台はオーストラリアの首都、シドニー。Drag queenであるMitziことTickは、砂漠の町・アリススプリングスでカジノを経営するMarionから、ステージショーの依頼を受けます。
トランスジェンダーのBernadetteと、やはりドラァグ・クイーンのFeliciaことAdamと3人で、Priscillaという名のバスをチャーターして、一路砂漠へと向かいます。
その道中で、様々な人々に出会い、様々な出来事を経て、ようよう辿り着いたアリススプリングスには、ミッチとマリオンとの間に生まれた息子、Benjaminが待っていたのでした。
何年も会っていなかった息子に、ドラァグ・クイーンであることを打ち明けて、果たしてミッチは受け入れてもらえるのでしょうか?

ってなことを、開演前の劇場で、ネットで調べて読んでいたのであります。これぞ付け焼刃。
で、この時に、drag queenというのは、drugとは違うんだよ、とお嬢に教わったのでありました……そうか、麻薬の売人の話じゃないんだね。(棒読み)


IMG_5183

始まる時、まずは会場の大拍手で始まったことにびっくりです。
こんなに好かれてる作品なんだなあ、とわくわく度が更に上昇です。

そして始まってみたら、これがもう、楽しいのなんのって。
や、実際はですね、ぽんぽん繰り出されるジョークの連続に、客席は常に笑いっぱなしであるにも関わらず、私は半分以下しかわからなかったりしたわけですが、まあ、これはいつものこととして。

それでも、なんとか聞き取れた端々さえも面白い上に、音楽が最高なんですよ。
懐かしのディスコミュージックを中心に、シンディー・ローパー、マドンナ、ジョン・デンヴァー、ティナ・ターナーなど、聴いてた聴いてた、大好きだった!という曲のオンパレード。
もー、ほんとに楽しくて、客席でほとんど踊ってましたですよ。(エアダンス)

また、俳優さん達がすごくお上手で。
ミッチことWade Mccollumは、どこか女性らしい仕草がとっても自然で、繊細さと芯の強さをにじませる演技。
バーナデットのScott Willisは、服も体型も女性なわけですが、姉御肌のきっぷの良さと、巡り会った恋人候補への葛藤や感情の揺れを見ていて、じ~~んと感動です。
破滅型のフェリシアことBryan Westのセリフ一つ一つに、胸が痛くなりました。どんな時代であっても、ゲイを公言して生きていくのは、決して楽ではありませんから。

あと、時々出てくる3人のディーヴァも最高でございました。
ずっとラスベガスのショーを見ているような躍動感と高揚感が、幕が降りる時まで続いたです。


     IMG_5184

自分はLGBTの方々に対して、ほとんど含むことがない、というか、そのつもりでおりますので、
カミングアウトして苦しむ方や、周囲の無理解に泣く方の話を聞くたび、悲しいと同時に、なんでそうなるんだろう、と遣り切れなくなるのでございますが。
これも、考えてみれば当たり前。
何も性志向のことに限ったことではなく、ありとあらゆる物事に対して、人それぞれの価値観があり、それに対峙すると思われるものへの警戒心や反発心は、どうしたって消えていかないもの。
自身の価値観と違うからといって、別に敵対を意味するわけではないのに、です。

ただ、それぞれの立つ位置と形がある。それだけのこと、なのに。
世の大多数の問題が、これに尽きるような気がすることさえあって、遣り切れなさは募るばかり。
そんな苦さや涙を、笑いに紛らわせながら繰り広げてくれた本作に、最後は感謝すら覚えたのでございました。

当然ラストは、会場総立ちのスタンディング・オベーション。
しかも、なんとなんと、最後の挨拶の時に、各自が纏って出てきた衣装ったら。
コアラやエミュー、ウォンバットなど、オーストラリア名物の着ぐるみで出てきて、場内大爆笑。

主役の3人には、特に盛大な拍手が贈られて。
バーナデットは最後の最後に、ぱっとカツラをとって、いきなり男性が登場しちゃって、また拍手。
そして、彼らが着た衣装を合わせれば、シドニーを象徴する建物、オペラハウスの出来上がり。
映画はアカデミー衣装デザイン賞を受賞したというこちら、舞台も相当に素晴らしい衣装と大道具・小道具に溢れていましたよ。


     IMG_5187

お嬢と、楽しかったね、すごかったね、を連発しながら帰路につき。
帰ってから顔本にポストしましたら、hiloさんからも、
「私の名作映画ベスト10に入ります」
というコメントをいただいて、おおお、とまたカンドー。

お嬢がいるうちに、DVDをレンタルしたかったのですけど、時間切れで叶わず。
そして、いまだに叶っておりません、ってどおゆうこと。
こうなったら、いっそ中古のDVDを買おうかしら、と画策中でございます。クリックすべきか、しないべきか、それが問題だ。

と思っていたら、Youtubeにあるじゃないかああぁぁぁ!
後で観る。絶対観る。(はあはあ) 


最後に、このミュージカルのトレイラーを。
ノリノリの音楽と衣装、何回見ても嬉しくなるのです。


Priscilla - Queen Of The Desert - The Musical




Priscilla, Queen Of The Desert the Musical  (オフィシャルサイト)
[PR]
by senrufan | 2013-11-07 11:40 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/21435317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2013-11-09 13:27 x
私のお友達でゲイの方は、男性も女性も、服装、言葉遣い、態度では全然わからないです。ほとんどがオフィスでスーツを着て働く職種の方々です。ずーっと数年間意識もせずお友達である日「知らなかった?」とか言われ、「知らなかったですよぉ」となったこともあります。(だって友達になるのにそんなの関係ないので話題にもならなかったのですが、「付き合いも長いし、一応言っておくと」みたいな感じで言われたのです。)
Commented by ノンノン at 2013-11-09 13:28 x
(続き)
でも、もっと複雑な方もいらっしゃるようです。性別は「心の性別」と「体の性別」の2種類あるので、実際には2X2の4パターンで性別を考えなくちゃいけないからです。「心の性別」というのはどの性別の人を好きになるのかということで、「体の性別」は自分がどの性別の体を持ちたいかということです。例えば、女の子の体で生まれたんだけれど、女の子の体を頭が拒否してしまうので男性の体に変える人がいますよね。この人は「体の性別」が男性なんです。でもその人の「心の性別」が女性であることもあり、そうすると結果として「体の構造としては女性から男性になった人なんだけど、心の性別は女性なので好きになる相手は男性」。

私は体も心も女性ですが、誰かを好きになって大切にしたい胸の痛む思いは、どのパターンの性別の人も同じように感じるんじゃないかなって思います。だからどの性別の人にも幸せになってほしいと思います。
Commented by Miyuki at 2013-11-10 13:02 x
*ノンノンさん
わあ、そういう方、とっても素敵だと思います~。別に外見や態度からわかる方でも全然構わないですが。ノンノンさんが、ゲイだと知っても変わらないだろうという信頼の証ですね! 同時に、ノンノンさんとの友情の証♪
Commented by Miyuki at 2013-11-10 13:08 x
*ノンノンさん
そうそう、その「心の性別」と「体の性別」は、ほんとに大きい問題だと思います。それでもまだ最近はそういうことがわかってきましたけど、もっと前は、どれほど当事者の方々とご家族は苦しまれたことか。好みの問題、なんて言葉じゃ到底片付けられないレベルですもんね……

全くもって大賛成です!! つか、そんなの当たり前じゃないか、と思ってしまうので、理性ではそういうのに反対する人がいるんだとわかっていても、自分ではそちらには到底行けません。「好き」という気持ちが持てるのって、とても素晴らしいことじゃないですか。それを否定しないで、って時々泣きたくなっちゃうのでございます。
Commented by ノンノン at 2013-11-11 00:58 x
と真面目な話のあとで申し訳ないですが、私は女性でよかったなと思います。(女性でも差別されない社会になってきていなかったらまた違う感想かもしれないのですが。)というのは、私はスカートとかシックなワンピースとか着たい人なので、おじさんじゃなくてよかったなと。もちろん強い男らしさみたいなものは素敵だなと感じるし憧れもしますが、個人的に、自分としては、女性がよい(笑)。
Commented by Miyuki at 2013-11-12 11:29 x
*ノンノンさん
きゃ、素敵♪ 自分の今の性を肯定できるって嬉しいことですよね。
私は女性であることを嫌と思ったことはないですが、メンズやボーイズの服が好きだし、人に女性として扱われると、あ、そうか、と思ったりするから、なんなんでしょ。ただの鈍感ってヤツかな……(ふっ)


<< 名も無き道で構わない くぐる暖簾を掲げたら (12) >>