元の水にはあらねども

「最も無駄な一日とは、笑わなかった日である」
   ----- E.E.カミングス
       (アメリカ人、詩人・画家、1894年10月14日生まれ)


     IMG_5873

旦那とショッピングモールを歩いている時、TESLAのショールームが目に入りまして。
あっさり入っていく彼の後ろを慌ててついていったのですけど、結構な数のお客さんがいらっしゃったですよ。


IMG_5870

          IMG_5871

さすが開発元のベイエリアだけあって、最近路上でも見かけるようになってきたテスラ。
ちゃんと見るのは、これが初めてだったので、前後ともトランクというところに、まずびっくり。
え、なんでなんで、と言う私に、旦那があっさり、だってエンジンがないから当然だろ、と。あ、そっか。(無知丸出し)


     IMG_5872

こちらが、その中身。
下一面がバッテリーで、前後にAC/DCモーターがついている、んだったかな。(おい)
1台、なんと7万ドル。フル充電で、最高265マイル走るそう。
日産のリーフの100マイルと比較すれば、かなり実用性は高くなっていますが、でも7万ドル
うちはベンツで我慢しようね、と旦那と話したです。大嘘です。

代わる代わる車に乗ってみるお客さん達、特に男性陣の嬉しそうな顔ったら。
つくづく車って、オトコのオモチャ、なんですな。
このテスラも、お金持ちオトコのオモチャ、なんですな。

友人に言われて気づいたのですが、ぶつけたりしたら、どこに持ち込んで修理するのでしょ?
ということをつぶやいたら、さくさんが答えてくれました。
「といざらす、とか?」

* * * * *

【買い物】

     IMG_5887

洗濯用洗剤で遊んでます、なんつって。
や、前から使ってみたかった商品があって、使っていた洗剤が切れたのを機に、そっちを試しているのだよ。

それはね、こちらでEco Nutsという商品名で売られている洗剤、つか、木の実、なんである。




econuts550

上の画像をお借りしたのは、↓ のサイト様。
丁寧に説明してくださっていて、とても助かったのだ。(ありがとうございます!)

 Patio Shop : エコナッツ


ポイントだけ抜き出させていただくと、
・ネパールやインドなどに生息するSoap nut(和名・ムクロジ)と呼ばれる木の実を乾燥させた、天然の洗剤

・天然の洗浄成分サポニンを含み、汚れを浮かせて洗い流すことができる

・サポニンとは、親水性と新油性を共に持つ天然の界面活性剤であり、殺菌や抗菌の効果も

・使い終わったナッツを庭や植木鉢に撒けば、堆肥としてリサイクルすることが可能

このナッツがとれる地域では、石鹸やシャンプー、洗剤として、幅広く使われているそうで。
1回の洗濯につき、4~5個の木の実を使うんだけど、その1組で10回ぐらいは洗濯できるって。

余談になるけど、「ムクロジ」で検索してみたら、なんと中の種が、羽根突きの羽の玉や数珠玉にも使われるそうで、びっくりだー。
あれが何の実か、なんて考えたこともなかったよ。


IMG_5158

Amazonでぽちっ、として数日後、我が家に届いたエコナッツ。
軽くて、中が空洞になった木の実が、ぎっしり入ってる。
一緒に麻の小さい袋も2つ付いていて、これにナッツを入れて、洗濯機で一緒に回すんだね。


     IMG_5896

まずはお遊び、ということで、ペットボトルにナッツとお湯を入れて、軽く振ってみた。
そしたら、おお、出るよ出るよ、泡々が!


IMG_5901

手にとってみたら、きめの細かいアワアワ達。
さらり、とした感じで、ぬるぬるしないアワアワ達。
洗濯してすすいだら、きっとキレイに流れてくれるんだろうなあ、と感じるよ。さすが天然モノ。
合成洗剤の怖さって、残った洗剤成分が、肌に、環境に、悪さをすることであるからね。


IMG_5159

ころん、ころん、と愛らしいこちらを袋に入れて、早速洗濯してみたよ。
特に泡は見えなかったけど、洋服についていた食べ物汚れとかは、きれいに落ちてたよ。(嬉)

小さい子やティーンの男の子とかがいたら、泥や何やかやで、もっと強力な洗剤が必要になるかもしれないが。
旦那と私の中年2人だけだし、これで十分、と思うんだよね。
我々の体臭や汗汚れも、若い頃に比べたら、かなり減ったもんね。これがベジィな食生活によるものか、それとも加齢による枯渇なのかは、別として。(望・前者)


と思っていたところ、博識Kumiさんから、またまた良いものを教わったの。
私は今までエコ洗剤に、ベーキングソーダ(重曹)を加えて洗濯してたんだけど。
その重曹から、セスキ炭酸ソーダというものを作ったら、これがたんぱく質の汚れに良く効いてくれるんだって。

 石鹸百科 : セスキ炭酸ソーダとは


要はアルカリ剤なので、水に溶けやすく、洗浄力があり、皮脂や油汚れに良いそうな。
布ナプキンのつけ置き用洗剤として、こちらが売られていたりするんだって。
日本では、ダイソーでも売ってるらしい。
Kumiさんが、ワイシャツのえり汚れで試してみたら、つけ置きで十分キレイになったそうですぞ。


IMG_5881

作り方を教わって、やってみた。↓ の記事も参考にさせていただいた。(感謝です!)

 重曹からセスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)を作る方法


COSTCOでベーキングソーダのデカ袋を買ってるから、沢山あるもんね。
つーてもすごく簡単で、鍋に入れて、中火で乾煎りするだけ。
加熱していくうちに、最初はしっとりしていた重曹が、どんどんサラッサラになってくよ。


IMG_5882

出来上がったアルカリ剤を、最初に洗濯機に入れて、お湯で溶かしてから、洗濯物を入れて、回すようにすると良いみたい。
汚れものが多い時は、これを使っていくとしよう。
Kumiさん、いつもいつもありがとう!(愛)

上にリンクさせていただいた「石鹸百科」さん、情報量がいっぱいで、色々読ませていただいてたら、楽しくて楽しくて、あっという間に時間が経っちゃうよ。
だけど、その中でショックだったのが、通常の洗濯に重曹を使うのは意味がない、という項目……(がーん、がーん、がーん……)

 石鹸百科 : 重曹洗濯について


今まで、ずっと意味のないことをしてきた我が身が情けない……
エコのつもりで、単に重曹の無駄遣いをしていたなんて、どこがエコやねん、ってオノレに蹴り百発。

ということで、これからはアルカリ剤を使っていこう、と心に決めたわけであるが。
改めて、今まで使っていたエコ洗剤の成分を見ると、Sodium percarbonate(過炭酸ナトリウム)やSodium bicarbonate(炭酸水素ナトリウム)が主成分になっていて、なるほどなあ、と思ったよ。

今までのエコ洗剤が、洗濯64回分で$9ぐらいで、対してエコナッツは、100回分で$9弱。
セスキ炭酸ソーダを加えたりするなら、トータル価格は同じぐらいかも。
なので、自分的にソープナッツを使う意味は、一番素直に環境とリンクしていそうだから、ということが大きいかな。
まあ、ちょー人気で、ソープナッツの乱獲!とかなっちゃったら、別だけど。


     IMG_5911

おまけとして、こちらは知り合いの方からいただいた、ソープナッツのシャンプー
ソープナッツの粉が入ってるので、これを水に溶かして使うんだって。
インド系ストアで売っているそうで、なるほど、インドはソープナッツの産地でもあったな、と思ったのだった。
まだ試してないけど、近いうちに絶対、と思ってる。
[PR]
by senrufan | 2013-10-14 15:38 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/21283650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 悦ちゃん at 2013-10-17 04:21 x
テスラ、前もトランクとは。。なんか、こうなったら、別に車の形してなくても走ればいいんじゃないの?なんて思っちゃうなあ。ボンネットも必要ないんでしょ?例えば腹ばいになったマジンガーZとか。。爆。お洗濯の面白い情報ありがとう!すごいねーー!こういうの見ると、すぐインドの店に行ってアマゾンより安く買えないかな、なんて思っちゃうあたし。。
Commented by Miyuki at 2013-10-17 10:14 x
*悦ちゃん
わははは、それ究極! マジンガーZ型なんてものが売り出された日には、どれだけオトコのコ達が喜ぶことか。
それそれ、私もそう思ってます!>インドの店 このシャンプーをいただいたのが、すでにソープナッツを買った後だったので、今回はアマゾンになりましたけど、次回は絶対。(鼻息)
Commented by さく at 2013-10-18 03:15 x
だっておもちゃにしかみえないもん。ほんと悦ちゃんの言うとおり車の形してる意味もない気が。きっと車体も軽いんだろうね。オフィス、テスラのそばだから、けっこう見かける。
このシャンプー、インドの店で見たことある。いつもへナで染めてるからインドやさんへはよく行くけど、けっこうへんなものも多い。この間ナチュラルとか書いてあるヘアオイルを買ったら、昔うちのお母さんが使ってた椿油のにおいに似てたけど、もっとインドの匂いが、、、、
Commented by tomi at 2013-10-18 07:04 x
miyukさん;こんにちは。
ヘツーこの車初めてですよ、北は走っているのですか、南は遅いですね、ブリト、タコス、なんて言いますのは色々新しい品種が出てきますが(冗談です)。

インドのお店に行けばこの石鹸らしきものがあるんですか、今度インド人街に行って探してみます、今は石油が元の 粉石けんで洗濯しています(この洗濯は夫の領域でして、石鹸にこだわり持って居る変な人、笑)。
少し遠いのですが 大きいインド人街があって何でも売っていて
綺麗な サリーの洋服などは 良いものは目が点になるほど高いです。
さくさん が自動車の修理はどうするかと言いますときに「トイザラス」には笑ってしました。
Commented by Miyuki at 2013-10-18 11:03 x
*さくさん
うん、楽しそうに車を囲んでる人達も、おもちゃに目をきらきらさせている子供そっくりだったし(笑) 車体、どれぐらいの重さなんだろうねー。車体底のバッテリーがかなり重そうに見えたんだけど。
そういえばこのシャンプーをくださった方にうかがったんだけど、ヘナにインディゴパウダーを混ぜて白髪染めしていらっしゃるんだって。きれいな黒髪だったから、まさか染めてらっしゃるとは思わなくてびっくりしたよ~。なのでソープナッツに加えて、ヘナ&インディゴパウダーでもいつかインドの世界に足を踏み入れるかも(どきどき)
Commented by Miyuki at 2013-10-18 11:09 x
*tomiさん
こちらの車はベイエリアに本社があるのもあるんでしょうね~。じきに南にも進出することと思いますよ! というか、それぐらい商売繁盛すればいいんですけどね。

おお、ご主人様がお洗濯を! さすがtomiさんのご主人様♪ この手の商品って、こだわり始めると男性の方が凝ったりしますよね(笑)
インド人街、楽しそうですねー♪ インド人の友人が、国に行くたび色々買出しするって言ってました。アメリカのは高くて質が悪いと。
さくさんの発言には私も「座布団全部持ってってーーっっ!!」でしたよ~!
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-10-18 14:06
7万ドル
ふーー
ははは
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2013-10-19 12:10 x
*Kawazuさん
ねー、7万ドルですよー。
700万円あったら……あったら……(ぶつぶつ)(妄想)
Commented by ひとみ at 2013-10-19 15:54 x
こんにちはぁ~~~
忘れられていなっくて嬉しいぃーーー(ぎゅっ!!)

男のおもちゃ!うるちゃい我が旦那さまが持っておりますって言っても
バイクですが~知ってるものね?!^^;
でも、すんばらしくいいお値段ですぅ~乗ってみたい!!^^

このナッツが洗剤なんですね~?!すごい!!日本でも売ってるのかしら????
日本はすっかり秋深しです♪(^^)v
Commented by Miyuki at 2013-10-20 13:12 x
*ひとみさん
少し前にひとみさんのブログにおじゃましてきたところです!
退院されたのですね、良かったですううう~~~(むぎゅむぎゅーっ)

あはは、そうでした、旦那様はバイク族でいらっしゃいましたね!
ねー、男ってねー、と言いつつ、私まできゃあきゃあと見てきましたよ(笑)
でもシートの座り心地は変わらなかったなー。

このナッツ、日本でも売ってますよ~♪
エコ洗剤は日本はほんとにいろんなものが販売されててすごいです。
めっきり寒くなってきたみたいですね。そして台風も……どうぞご自愛くださいね!!
Commented by ノンノン at 2013-10-21 10:46 x
7万ドルと言われて、どれぐらいの額なのか瞬時にわからない私。
「ドルだから~、日本円にするには0を後ろに2つ足して~、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、え~~ななひゃくまんえんぐらい?」
70ドル、700ドル、7000ドルぐらいが私の瞬時把握の限界(笑)。
Commented by Miyuki at 2013-10-21 13:29 x
*ノンノンさん
あはは、わかる、わかりますそれ! ミリオンなんて言われると、なんというか、アウト・オブ・スペース的になっちゃいます。
そういえば通訳をやっていた友人が、一番大変だったのが数字の翻訳だった、と言ってましたなー。
Commented by a.i at 2013-11-08 19:29 x
ソープナッツ(ムクロジ)は、日本でも使われていて、種は数珠や正月の羽根つきに使用されていたそうですよ。
自生力が強いので、一般家庭の庭でも簡単に育ってくれるので、すごくエコなんだそうです。
皿洗いも体洗いも掃除もこれひとつで間に合うそうな。
Commented by Miyuki at 2013-11-09 11:49 x
*a.iさん
そうなんですってね~。以前、東南アジアの方のお土産に、数珠をいただいたことがあるのですけど、それもどうもソープナッツのような気が。
え、そんなに丈夫なんですか! ならばいっそ種から育てて、自給自足しようかしら。


<< 小さな足が、海を越え (7) 求める空気は違っても >>