伏兵はどこにでも

Prsidents' Dayにつきお休み。
そしてここの学区は、明日もStaff Development Dayでお休み。
折角の連休なのでスキーに行こうと思っていたのだが、スキー場のの天気予報はずっと雨・雪で、行くことかなわず。
あああ、今シーズン、もうほとんどスキーに行ける日がないのに。珍しく旦那が会社を休む予定だったのに。

あ。 だから雨なのか。

b0059565_2531314.jpg
せめてなんかしよーよーということで、本日夕方、家族でボーリングに行く。
旦那は会社仲間とたまーに宴会がてらやっているが、私は10数年ぶり、お嬢はえーと3回目かな。
子供がいるのを見た受付のおじさん、私たちに子供仕様レーンを割り当ててくれる。両ガターレーンのところに、低い柵のようなものが置いてあって、ボールがガターになるのを防いでくれるんだね。これはお嬢のみならず、私仕様でもあるではないか(歓喜)
そしてこちらのボールの何て重いこと! ようやく軽めのを1つ見つけたものの、私は旦那と同じ重さのを使うしかなく。さすが現地人はパワーが違う。

当初の予想としては、旦那のぶっちぎり勝利で、お嬢と私がブービーを争う(って3人しかおらんが)というものであったのだが、予定は未定。油断大敵。
仕事疲れか旦那が大層不調で、スコアが全く伸びないところにもってきて、お嬢が予想外の技で得点をかせぐ。
それは、ガター防止フェンスにぶつかりながらジグザグで進みピンの手前で真ん中にうまいこと転がりいっぱい倒すという、ありえない技。
だって、右足と右手が同時に前に出てるような投げ方なんだよ。時にはガゴンッと下に落としてるだけなんだよ。
なのにあのフェンスにあたると、なぜか真ん中方向に転がっていくようにできてるんだ。もう開いた口ふさがらず。お隣のお姉さんまで大爆笑。

たまに、お、今度はまっすぐいったと思っても、

「せっかくフェンスにあてて倒そうと思ってたのに、あたんなかったよー」

いやぜんっっっぜん違うからそれ。

そんなこんなで2ゲームやり、予想を大きく裏切る大接戦。3人でほとんど同スコアでした。
つーても、1ゲーム100点すれすれのような超低空飛行レベルで何が大接戦でしょうか。

旦那が仕事(別名・本宅)に戻らなくてはならない為、大急ぎで夕食をとりお別れ。
残されたのは、右手を掴みながら唸る私。うー、痛いよー。



b0059565_2533397.jpgフルーチェとプリンを作って食べるように、との旦那からのミッションは無事終了。久々の味に舌づつみを打つ。お嬢も大層気に入った様子。
友達で、フルーチェ大好き・ドンブリ一杯食べるって子がいたな、そう言えば。

日本のプリンも久しぶり。この辺ではああいうプリンはなかなか会えなくて。Puddingは違うし、Custurdももっと濃厚でカラメルソース無しだし。クレーム・ブリュレなら時々見るが。
強いて言えば、スペイン料理のFranが一番近いらしい。

しかしこれですっかり思い出してしまった。
あー食べたいなあ、永遠のロングセラー・グリコのプッチンプリン。
[PR]
by senrufan | 2005-02-21 02:50 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/2095921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-02-23 05:15
おおお、日本のプリンだあ。口当たりと香りが違うんだよね、うん。フルーチェね、実は東京にいたとき、知り合いのガイジンさん、皆好きだったの。懐かしいなあ。
Commented by Miyuki at 2005-02-23 12:48 x
ガイジンさんにもウケる味なのね、なんか嬉しいなあvv JeroのFranというやつがプリンに近いらしんだけど、卵が入ってないから、日本人にはコクが足りないんだって。


<< そこに愛があれば 発明の価値 >>