くぐる暖簾を掲げたら (9)

「世の中の人は何とも云はばいへ、
我が成すことは我のみぞ知る」
   ----- 坂本龍馬
       (日本人、幕末の志士、1836年1月3日生まれ)


philippines-2-1024x512

Delicatessen with love

お節料理に絡めまして、おふくろの味ならぬ、おばあちゃんの味。しかも世界編。
イタリアのアーティスト、Gabriele Galimbertiさんがまとめた、「おばあちゃんより愛をこめて」プロジェクトです。

いろんな国のおばあちゃんの自慢料理の写真とレシピを集めてくださっていて、
見ているだけでも楽しい上、作ってみたいレシピも色々です。
マラウイのおばあちゃまの、イモムシのトマトソース煮以外。(無・理ーー)

うちの祖母の味って、母の味って、なにかなあ。と、改めて考えてみるのも、面白く。
お嬢に「おふくろの味」は何かと聞いてみましたら、
「うっすい味噌汁」
だそうです。母ちゃん、新年初泣き。

ところで、各写真のおばあちゃまの前に、材料が並んでいますが。
その中で、アメリカはアラスカのおばあちゃまと、ユタのおばあちゃまの前にだけ、野菜がないんですよね。
ユタのおばあちゃまにいたっては、ほとんどインスタントですよね。
お孫さんは、世界のどこでも、おばあちゃんの味が再現できそうでありますな。

* * * * *

【料理】

IMG_2715

新年早々だけど、大晦日の記録。
またまたひっっっさしぶりに、「みぎや」の記録ナリ。

今年は計らずに、れでぃーすばかりお招きを。
旦那様が出張中のえなちゃんや、お一人でこちらでお勉強中のTakakoさん、ぎりぎりまでお仕事だったLisaさんに来ていただいたのだよ。
お嬢に私と加わって、おや、旦那ったらハーレムじゃないの。(にやにや)




     IMG_2726

まずは、Lisaさんが作ってくださった、Persimmon champagne cocktailで乾杯だ。
お手製の柿シロップとシャンパン、グランマニエをミックスした甘いカクテルは、スパイス豊かで冬にぴったり。
ローズマリーの枝を入れたら、しゅわ~っ、と泡が立つんだよ。


IMG_2728

Takakoさんのビーンズサラダは、大好きなアボカドがたっぷりで、さっぱり美味。
シラントロが苦手だった私だけど、こういうサラダにはむしろ歓迎になったのは、去年成長したことの一つ。……ささやか過ぎて涙が出る。


IMG_2722

アメリカ人のLisaさんが、わざわざ日本のレシピ本から作ってくださったのは、ホタテと椎茸のコロッケ
大ぶりなきのことホタテがごろごろ入ってて、味噌味が効いてて、んまいのだー。


IMG_2723

「みぎや」からの出品は、まずはおつまみ用に、Cucumber rolls。Matthew Kenneyさんのレシピをアレンジ。
カシューナッツとアーモンドで作ったナッツ・ゴートチーズを、きゅうりのスライスで巻いたもの。ミントソースを添えてるよ。
前に作った時より、チーズが柔らかくなってしまって、形が崩れてしまったのだ……(がっくし)

と、洋風なのは、この一品のみ。シャンパンに合わせる為に、一品のみ。
あとは、ぜーんぶ和風です。


IMG_2732

蕪と油揚げの煮物は、旬のTokyo turnipを使用。
みなみ屋さん流に、昆布と塩だけで煮た蕪は、最後は葛でとろみ付け。


IMG_2734

水無し炊きしたかぼちゃをマッシュした、かぼちゃ春巻
甘ーくなったかぼちゃを、ライスペーパーに包んで焼いたの。
ライスペーパーなら、思い立った時に春巻が作れるし、小麦摂取も控えられるので、我が家の常備品。


IMG_2729

Lisaさんの品とかぶっちゃったんだけど、タケノコと椎茸の唐揚げ
カノウユミコさんのレシピで、お嬢と旦那の好物なの。
タケノコと椎茸をハンマーで叩いて潰して、というこちら、作ってる間中、台所が大変にぎやかなんである。


IMG_2736

そしてメインは、鍋である。
またまたカノウユミコさんレシピの、トマトのピリ辛ベジタリアンチゲ
豆腐やニラ、白菜、キノコやネギなど、いっぱいの具。蓮根が特に好評だったね。

真っ赤なスープは、実はトマトジュース。それに、自家製甘酒コチュジャンやすり胡麻などで味付けしたものだよ。
大切なtamachanお手製のひよこ豆味噌を、この時とばかりに使ってみた。まろやかさが増して、思わず拝んだよ。


IMG_2752

一旦、デザートを。
写真を撮り忘れてしまったのだけど(涙)、LisaさんのRocky road muffin
えなちゃんが持ってきてくれたレモンシャーベットと、ストロベリーシャーベット。Ciao Bellaのシャーベット、好きだー。(嬉)
みぎやからは、Raw chocolate mousse。アボカドベースで、ナッツフリー。


IMG_2742

最後の大トリは、やっぱりこちら。蕎麦花さん年越し蕎麦
今回、様々な蕎麦粉を使われて、3種類のお蕎麦をご用意くださった。

どのお蕎麦も、美味しくて、美味しくて。
これだけのお蕎麦がベイエリアで食べられるという幸せを、お蕎麦と共に噛み締めた。

最後は皆でコタツに入って、録画していた紅白鑑賞で盛り上がり。
浜崎あゆみの音程はどうしちゃったのとか、ポルノグラフティは日本で一番滑舌が良いとか、メドレーがなんでこんなに多いのかとか、あれこれ・あれこれ。
どういうメンバーの紅白が一番理想か、大真面目に話したり。
個人的には、ゴールデンボンバーの振りをマスターしたいです。(野望)


昨年夏から始めた「みぎや」の締めは、こんな内容で。
今年の初めてのお客様は、さくさんとご子息達に来ていただけて、すんごく楽しく過ごしたです。
さくさんの餃子が激ウマでした、って、オマエが招いたんじゃないのかい。

お友達の皆様、今年もこんな「みぎや」を、よろしくお願い致します。(三つ指)
[PR]
by senrufan | 2013-01-03 10:51 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/19780509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 阿梨 at 2013-01-05 16:23 x
あけましておめでとうございます〜。今年も宜しくお願い致します。
ご飯、どれも美味しそう〜。かぼちゃの春巻き、ライスペーパーってナイスアイデアですね。ライスペーパーはどこで買ってます?かぶの煮物もタケノコと椎茸の揚げ物も全部つぼ。カノウさんのレシピ本を引っ張りだしてきて作ってみます。
Commented by Miyuki at 2013-01-06 13:39 x
*阿梨ちゃん
明けましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願い致しまする。
ライスペーパー、使えますよ~。オーブンで焼いてしまえば簡単だし。このペーパーはWhole Foodsで見つけたの。普通サイズより小さいのが気に入って。カノウさんレシピにはいつも助けられてます♪
Commented by frogfreak at 2013-01-06 15:59 x
なべの写真を見て、「まさか今年もヤミ?!」と、びっくりしたけど、そんな荒行は「みぎや」ではしませんしょね。わははははは。笑
どれも、美味しそう。。。。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-01-06 16:31
あけまして おめでとうございます

今日が初訪問です
今年も一杯楽しい企画をやってみてください
そして沢山の人と笑いを一緒に
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2013-01-07 10:32 x
*frogfreakさん
実は最初はヤミにしようかと思ったんだよねー、わはは。普通の鍋にしてしまったところが、まだまだ青いわアタシ。
今年も、みぎやに来てねー♪ 真剣にお待ちしておりますわ。
Commented by Miyuki at 2013-01-07 10:33 x
*Kawazuさん
明けましておめでとうございます!
今年も先生のスマイルを沢山いただけますよう、未熟なりに頑張ります。
周囲の大切な人達と、ずっと一緒に笑っていられますように。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。
Commented by さく at 2013-01-08 12:17 x
ほらユタは高地だから野菜ないんですよ。モンゴルやチベットと一緒で。だから野菜はみんな缶詰か冷凍食品なんです。許してあげてください。あ、でもユタの田舎町のスーパーの冷凍庫に納豆がいたんですよ。だれが、いったい、どういう理由であれを紛れ込ませたのかは謎。日本人なんか死んでもいなそうな街だった。

ただですね、この写真で見る限り、いちおうインスタントではなさそうでした。あの箱はたぶん製菓用のチョコレートかと思われ。(元義母の家によくあった)

アラスカの「肉やいただけ」っつーお袋の味もすごいっすね。シンプルで力強いわ。やっぱりアメリカってアメリカって。
Commented by Miyuki at 2013-01-09 12:46 x
*さくさん
あ、そうかー。これはいかん、カリフォルニアを基準に考えていたねアタシ。
でも納豆があったって、ごく特定分野では国際的だったのね(驚)

うん、確かに製菓チョコはチョコなんだけど、メインはドゥボーイのケーキミックス。どちらも恐らく全米どこでもあるSafewayで見つかるから、どこでも作れるおばあちゃんの味だよね(笑)

恐るべしアメリカ。渡米以来、このフレーズを百万回は唱えてるよ自分。


<< ここから大人の領域で 僕の背中に乗ってごらん、探検し... >>