そこに山が在ることで (4)

「自分にも他人にも、またそれ以外の何物にも、特別な価値を認めないという精神、これがユーモア精神に他ならない」
   ----- 土屋賢二
       (日本人、哲学者・エッセイスト、1944年11月26日生まれ)


   IMG_1942

感謝祭が終わったら、ソッコーでクリスマスシーズンに突入です。

木曜の感謝祭の後、土・日にツリーを用意して、というパターンをとる人達が多いのですけど、
今年はBlack Fridayセールは早くから始まるし、その後のCyber Mondayセールも絶好調だし、
なんかパターンが崩れている印象があるんですな。不景気がもたらした変化かしら。

という話は置いといて、昨年実施された、「被災地の皆さんへクリスマスカードを送ろう!」企画
今年は、宮城県石巻市を中心として活動されているめ組JAPANさんが、
石巻市の皆さんへクリスマスカードを送るプロジェクトを企画してくださいましたですよ。

詳細は、以下のリンクをご覧くださいませ。

 『石巻へクリスマスカードを送ろう!プロジェクト』

め組JAPANさんは、震災以来、ずっとブログやツイッターでフォローさせていただいておりますが、
実はこのベイエリアでも、め組でボランティア体験がある方々が、何人かいらっしゃるのですね。
貴重なお話をうかがいながら、Bay Area HEARTでも、何らかの形でお手伝いできたなら、と願うこと度々、なのでございます。

* * * * *

【個人的事情】

(Mt. Shasta 旅行記録)

3.  Stewart Mineral Springs

IMG_0764

シャスタには、温泉もございます。
といっても、日本で想像するものとはちょっと違って、リトリート施設なのですね。

初回の訪問では行けなかったこちら、意外と身体に強く作用するので、体調が万全の時が良い、というアドバイスをいただいておりまして。
2回目の訪問では、皆、元気いっぱいだね! 大丈夫だね! と確認し合って、意気揚々と朝イチで向かったのでございます。

といいますのも、予約ができなかったから、でございまして。
今までは受けていたそうなんですが、予約していても現れないというお客様も多く、現在は受けていないのだとか。
しかも、私達が行く予定の木曜は、週に一度のディスカウント日。
混雑が予想される、ということで、これは朝から行ってしまおう、となったのでありました。




IMG_0763

オフィスのドアの前でオープン時間を待っていましたら、女性同士のカップルが。
お一人がヨガのインストラクターの方で、その場でできる、簡単なヨガの準備運動を教えていただいたですよ。
最後は皆で手を合わせて輪を作り、昇華の儀式で締められる、という、いきなりのオモシロ体験から始まりました。


IMG_0762

オフィスが開いたので、一人ひとり受付に並びます。
通常の温泉料金が$28のところ、木曜は$15。(ガッツポーズ)
あ、タオル($1)も貸してくださいまし。


     IMG_0755

erinちゃん以外、全員初めてだったので、施設の人から説明を受けました。
まずは、あてがわれた個室に入り、浴槽にはってある鉱泉のお湯に、10分間つかります。

その後、そばにシーツがおいてあるので、それにくるまって、個室の外に出ます。


IMG_0753

そして、廊下の奥にあるサウナに入ります。
薪ストーブのサウナなんですが、中はそれ以外の明かりがほとんどなく、お互いの姿もあまり見えません。

それを幸い、というわけではないのでしょうが、平気で素っ裸になられる方も多く、いやー、暗くて良かったなー。(棒読み)
日本の銭湯を「信じられない!」という方々も結構いらっしゃいますが、じゃあこれは一体どうなんだ。


IMG_0761

次に、サウナで出た汗を流すわけですが、方法は2通り。
一つは、外の渓流につかって流すという、わいるど風。

なんですけど、この日の水温は、なんと6℃ですよ。
そのまま昇天したい方向き、ということで。


IMG_0758

まだ俗世に未練があるワタクシは、おとなしくシャワーで流すです。
お湯が出るので、安心です。
たとえ、2つしかないシャワーで、どちらかが使っている時、お湯の出が悪いとか、ものすごくぬるいお湯しか出てこないかも、というワナがあっても、です。


     IMG_0757

このサイクルを、3回続けて終了ということ。
お湯のミネラル分が強く、中には肌に痒み等を覚える人もいるので、その場合はすぐ中止すること。
そんな注意を事前に受けましたが、確かにぬるぬるとした水質で、肌にちょっとまとわりつくような感じなんですね。

なので、立ち上がる時、バスタブの中で滑りやすい為、つかまる為のロープがぶらさがってます。

日本の浴槽のような追い炊き機能はないので、ぬるくなってきたら蛇口をひねって、新しいお湯を足す仕組み。
そして私が入った部屋には、浴槽の前に時計があって、10分を計るのが楽だったのですけど、
ほかのメンバーの部屋にはなかったみたいです。


IMG_0744

ところでサウナの中に、白人のおじいちゃまがいて、ですね。
サウナのベンチに、裸でどーん!と大きく足を広げて、真正面を向いて座りながら、瞑想してるみたいに目を瞑っているんですよ。

で、私達がこそこそっと話したり、ほかの人がちょっと声を出したりすると、
「Be silent」
と、厳しいお声で注意されるのです。

確かに、「静かに」という貼り紙もあるので、間違ってはいないのですけど、
なんちゅーか、せめて前を隠してからゆってくれ、と思ったのは、私だけじゃないと思うんだ。(言いがかり)


IMG_0752

全員、ほっかり・ほこほこな状態で終了し、まったり~、としばしくつろいで。
オフィス内は、自然派化粧品やクリスタル、シャスタ土産などの売店になっていたので、そんなものも色々と物色し。
リトリートできたねー、なんて爽快な達成感を抱きつつ、わいわいと施設を後にしたのでありました。


     IMG_0748

こちらの施設には宿泊所があり、泊まりながらのリトリートも可能だそう。夏の間は、カフェも営業されています。
更に敷地内には、こんなティーピーがあって、親子連れで泊まれるようになっているみたいですね。

入った後に、気分を悪くする場合もある、と聞いていたのですけど、Mikaさん達は全く平気で、この後も元気に山歩き。
唯一私だけ、この後かなりの動悸が続きまして、念の為、車の運転を変わってもらいました……
血の巡りが良くなりすぎたのか、それともただの更年期。(さらっと)


     IMG_0750


Stewart Mineral Springs Retreat
4617 Stewart Springs Road
Weed, CA 96094
[PR]
by senrufan | 2012-11-26 13:02 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/19574572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2012-11-29 01:20 x
この温泉、結構忙しいですね。
私みたいに「のた~っと浸かりたい~」とか言ってちゃだめで、規則正しく次のアクティビティに移っていくんですね。
シャワーのワナもあるし 笑。
おもしろ~い。
Commented by Miyuki at 2012-11-29 13:06 x
*ノンノンさん
そうそう、のんびりくつろぎ温泉じゃないのですよ!
てきぱき移って、きちんとデトックスしなさい、というゆう(笑)
なので、あの動悸は、私の中の毒素が出たシルシだと思うことにしました。時計まで見ながら規則正しくやったんだもんっ。


<< 選ぶ権利と選ぶ意志 少しずつ違った繰り返し >>