互いに呼び合う声があり

「学校のサービス業化が、現場の教師の負担を増やし、裁量や権限を狭め、モラルを失った親を増長させる。
その結果として、社会の厳しい波に適応できないほど精神的に脆(もろ)い子ども、若者が大量に作られることになるのだ」
   ----- 香山リカ
       (日本人、医師(精神科医)、1960年7月1日生まれ)


あら、いつの間にやら、カリフォルニアに帰ってきてしまいましたわ。

今回、滞在中にどれぐらい時間がとれるかわからなかったので、日本の友達には、ほとんど声をかけずに出かけたのですが。
結局、住民登録や健康保険の申請など、お嬢関係で必要な用については、初日で完了。
その後、お嬢の予備校が始まるまでの数日間は、彼女とあちこち買い物に出かけたり、母娘友達と会ったりと、めまぐるしくも楽しい時間を過ごしまして。
予備校が始まってから、私単独で、友達数人と愉快な再会をえんじょいして参りました。
付き合ってくれた皆さん、本当にありがとーー!!(特大の愛)

さて、お嬢ですが、予備校の帰国子女コースというものに入りました。
帰国子女コースとは、世界各国で6月半ばまでに現地高校を卒業した子達がメインに集まり、6月下旬から開講されるもの。
帰国子女受験で行われる学科試験や面接などに備えて学習しつつ、秋の私立大学受験、冬の国立大学受験を目指す、というものでございます。あ、勿論、共に帰国子女枠受験ね。
お嬢がその道を選ばなければ、知ることのなかった世界は、なかなか興味深い事柄で溢れておりますよ。

なんというか、自分の努力でなんとかできる範囲ではない諸雑用で、大変胃の痛い思いを味わいつつ、
それに愚痴をこぼすまいと頑張る彼女を見ていて、大人になったなあ、としみじみ親バカ気分に浸ったり。
や、世のお母様方は、様々な情報を集めて、お子様の為に尽くしていらっしゃるのですが、
私ときたら何もできずに、お嬢の後ろで、ハラハラ・おろおろするばかり。
せめて、電車の乗り方を教えてあげるぐらい、という情けなさ。
全くもって、不甲斐無い限りでございます……

帰国子女受験のアレコレについては、言いたいことが、すでにてんこ盛り状態でございますが。
いつか落ち着いた頃に、ゆっくり綴ってみたいと思います。

* * * * *

【旅行】

     IMG_9030

さて、今回の日本行き。
初めて、待望の全日空(ANA)を利用致しました。
周囲の皆さんの評判から、いつか乗ってみたいと思いつつ、マイレージチケットは常に満席、一般チケットも他社より高く、なかなか手が届かなかったのでございます。

しかし此度の日本行きは、随分前からわかっていた予定でありましたので、思いっきり早くマイレージチケットを申し込み。
331日前から申し込めるということだったので、320日前ぐらいには電話したんだっけ。
その時でも、すでに2席しか空いてなかったという恐ろしさ……一体、どれだけ人気なの。それとも、マイレージ席をほとんど設けてないのかな。

お嬢は片道、私は往復。
事前に、席のことで電話した時から、大変に温かく丁寧にご対応いただいて、ますます上昇するANA株。
ユナイテッドとは雲泥の差、どころか、別銀河なんじゃないの、というぐらいにカンドーでございました。




電話で教わっていた通り、より充実した設備の新機体。
従来機より広くなった上、各席にUSBコネクタと電源プラグが装備されているという素晴らしさ。
映画だけで50タイトルが用意されていて、それ以外にもニュースやバラエティなど、エンターテイメント面でも花丸。
おかげで、「Hugo」、「The Iron Lady」、「The King's Speech」など、往復で5本の映画を鑑賞することができましたぞ。

んでもって、お嬢と私が飛行機に乗るとなれば、食事面のケアも欠かせない。(勝手に)
お嬢はベジタリアン、私はヴィーガンミールをお願いしてみたんですが、これがまた、エコノミーとは思えない内容でありました。


IMG_9036

IMG_9037

まず往きの飛行機で、上がベジタリアン、下がヴィーガンの機内食。
どぅーですか、この充実度。これ、エコノミーですよ。ビジネスじゃないんですよ。

この後、デザートに、ハーゲンダッツのアイスが配られましたが、ワタクシは謹んでお断りせざるをえませんでした……ヴィーガンってゆっちゃったしなあ。(ちっ)
最初に配られたスナックも、「動物性食材が入ってますが、よろしいですか?」と美しいアテンダントさんに尋ねられ。
ダイジョブです!と、はっきり・きっぱりお答えした時点で、ただのエセ・ヴィーガン野郎に成り下がってたんですけど。


IMG_9038

次の朝食も、こんな感じで盛り沢山。お嬢はヨーグルト、私はアップルソース付。
ハッシュド・ポテトが、んまかったっすー。


IMG_9207

IMG_9209

帰りの夕食(↑)と朝食(↓)。どちらも、何種類の食材を使ってくれてるの、という内容の濃さ。
すごいぞ、ANA! 最高だ、ANA!(ポンポンを振り回しつつ)

ただ、機内食にありがちなのかもしれませんが、味があんまりないんですね。
これでちょっと塩を振って蒸すだけで、すごく美味しくなるのになあ、なんて思ったり。
ですが中には、塩加減までこだわらなくてはいけない方々もいらっしゃったりするので、そういう人対応もあるのかなー。
まあ、塩コショウはちゃんと添えられていたので、私的には十分満足でありました。


     IMG_9027

いつものような、テメエなんぞ日本に来るんじゃねえ、といった出来事も起こりませんでしたし、なかなか良い旅でございました。
そらそうだ、お嬢は旅じゃなく、引越しだもんな。それでケチがついたら辛いよな。

引越しをどうしよう、ということになって、最初はOCSなどの詰め放題パックを利用しようかと思ったんですが。
一番大きい箱でさえ、こら足りないわ、という大きさだったので、あっさり諦め。
残るは人海戦術。ちょうど出張が入った旦那に、まずは10kgほどの本を持たせ。
お嬢と私で、大きなトランク4個に、詰め込めるだけ詰め込んで。勿論、1個あたり23kg以内になるように、慎重に量りながら。

出張三昧の旦那のおかげで、とにかくすごい数のトランクがある我が家。
といっても、実は半分ぐらいは壊れてるんですよ……飛行機会社の乱暴な扱い&旦那の酷使によって、2~3回の旅で壊れてしまうのでございます。
ひどい時は、新品のトランクが、たった1回で足を折られたり、とか。

そおゆうのは全部、先日の引越しで捨てるつもりだったんですが、旦那がストップをかけたんですね。
そのおかげで、引越しのダンボールが足りなくなっても、最後はトランクに詰めて運んでもらえたし。
今回も、4個のうち2個は、壊れたトランクをわざと選んでパッキング。日本で粗大ゴミとして捨てて参りましたです。
旦那、えらいっ。これにてお嬢の荷物は、ほんの一部をのぞいて、引越し完了となりました。


2人とトランク4個で出かけて、1人とトランク2個で帰りました。
ずっと前から覚悟はしていたので、その日が来ちゃったなあ、という脱力感を主に感じていたのですが。
例えば成田で、お店を見ていて、これはお嬢が喜ぶかも、というものを見つけては、
ああ、もう買う必要はないんだ、と思い直したり。
帰宅して、買い物に出かけて、お嬢が好きなお菓子を見つけて、
でも、もう買っても食べてもらえないんだ、と気づいたり。

そういうことの繰り返しが、少しずつ心に澱を溜めていくのだろう、と思います。

お嬢という相棒がいなくなって、お出かけすることも格段に減るでしょうから。
日記もあまり書かなくなるだろうなあ、って、それはどーでもいいんですけど。
とにかく、料理する気が起こらないのが、困りました。自分の為には、全然作る気にならないんですよねえ。(旦那はどうした)

なので、お友達の皆様、どうぞ我が家に遊びにいらしてくださいまし。昼でも夜でも歓迎です。
新居を覚えていただきたいし、私に何か料理をさせてくださいな。味の保証はありませんが(殴)
少しずつ、お誘い攻勢をかけていきますので、どうかご覚悟のほどを。


IMG_9041

受験の間は、私の実家にお世話になるお嬢。
色々と整えてくれていた部屋に落ち着き、お友達からの寄せ書きを壁に貼りました。

別れたのは、成田行きの高速バスの乗り場にて。
お嬢にハンカチを渡してしまったので、バスが出てから、ティッシュで対応するしかなかったです。

ぐっちゃぐちゃの顔で、それでも、そのハンカチで鼻を噛む真似をして、にっこり親指を立ててみせたお嬢。
がんばれよ。楽しんでな。
長い人生のうちの、たったの数ヶ月でも、楽しまなきゃ意味がないもんな。

次に彼女に会えるのは、9月です。
それまではスカイプとメールで、またまたこの時代に生まれたありがたさを噛み締めながら、互いの日々を過ごしてゆくのです。
[PR]
by senrufan | 2012-07-01 13:26 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/18531176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MIHO at 2012-07-03 14:51 x
読んでて涙が出ちゃったよ。思えばあの楽しい再会はMiyukiさん親子の別れの時でもあったんだよね。ちょっとの間さびしいけど、一緒に応援しよう!! 料理作る気なくなるのわかるーー!!!
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-07-03 16:16
帰国子女の受け入れは
大学でも、なかなか大変です。
うまくいくと好いですね。
日本は、まだまだ、閉鎖的なところが多い国です。
でも
今日もスマイル
Commented by こっぺ at 2012-07-03 21:27 x
うわーん!!私も泣けて来ました。
いつでも遊びに行きますとも!魔の5歳児つれていってよければ!!すごいですよトルネードですよ俺道一本な5歳児ですよ!きっと寂しさが吹き飛ぶはず。でも疲れも倍ですたぶん。。。。
Commented by ノンノン at 2012-07-04 00:50 x
「生きてるだけでまるもうけ」って母の好きな言葉です(笑)。ふだん、そんな面白い系じゃない母なんですけどね~。なんでか好きなんでしょうね、話してると、「あなたね、生きてるだけで丸儲けなのよ」とか言われます。なんかね、そう言われちゃうと、「そうだよね~」しか言えないですよね。

さんまさんと大竹しのぶさんがトークしてるの聞いたんですが、脱力系でよかったです~。こんな感じ。
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwrel&v=Y33-2g4Lc8U&NR=1
Commented by lazytok at 2012-07-04 06:07
Miyukiさんおかえりなさいませ!
朝っぱらから布団のなかでスマホ片手に涙涙しております。
自分が実家を巣立った日のことや、いずれ親元を旅立つ
息子のことを思ったりして・・・。
お嬢さんのお幸せをわたしも心よりお祈り申し上げます!
Miyukiさんの日記、更新がないと物凄く淋しいですよ~。
いましばらくは胸にぽっかりと穴が空いてしまったような
心持ちかと思いますが、こうして更新を心待ちにしている
者もおります、はい(^。^)

さあ、そろそろ布団から出て息子のお弁当作ります。
いつか巣立っていくハレのその日のために今日も!
Commented by Miyuki at 2012-07-04 12:51 x
*MIHOさん
そなのだよ、その前に大好きなMIHOさん達と会えて、お嬢も私も幸せだったさーvv うん、寂しいけど、MIHOさん達がいてくれると思えば、私も心強いのである。だから料理も作らなくていいや、ってち・がーう!
Commented by Miyuki at 2012-07-04 12:53 x
*Kawazuさん
帰国の子達も、色々とかわいそうなんですよね。
現地に馴染め、グローバルな人材を、と言うわりには、日本の大学では、外国で日本流を通してきた子の方を欲しがったり。
変わらなきゃいけないものが沢山あると思います。
でも、スマイルが大事ということだけは変わりませんね♪
Commented by Miyuki at 2012-07-04 12:55 x
*こっぺさん
わーん、寂しいですううう(涙)
なので、ぜひぜひ遊びに来てください! ぼんず君のパワーで、元気をいっぱいチャージさせてほしいですっ。俺道上等、それでこそ日本男児ですぜ、お母さん!
Commented by Miyuki at 2012-07-04 12:57 x
*ノンノンさん
私も私も! なんかこの言葉が好きなんですよ~。だからといって、何というわけではないんですが(笑)

Youtube、見ましたよー! わははは、なんという楽しい元・ご夫妻でしょうね。さんまさんも好きですが、私は昔っから、しのぶさんの天然さが大好きなんですよねえ♪
Commented by kako_usa at 2012-07-04 13:01
Miyukiさん、こんにちは~
親子の別れって、目と目が合っている時は笑顔だったり、おちゃらけたりだけど、さよならを言ってだんだん姿が小さくなって行くほど寂しい気持ちは増して涙が溢れるんですよね。。。私も実家を出て渡米した日は駅に向かうタクシーの中で泣きました。で、離れてみてわかるんですよね。どんだけ大切に育てられたかを^^;ご近所さんだったら、お酒を飲みながら思い出話とか出来たのに・・・心底残念でなりません!!娘さんの希望が叶うように遠くから応援しています!

Hugo、The King's Speech は見ましたが、The Iron Lady は知らないです~面白かったですか??
例のアレですが、もう少しお時間を下さい!!なかなか上手く行かないのです。。。ゴニョゴニョゴニョ。。。。(苦笑)
Commented by Miyuki at 2012-07-04 13:02 x
*lazytokさん
おおお、愛しのtokさんを泣かせてしまいましたか、いかんです(汗)
うむうむ、tokさんが素晴らしい親子関係を築かれていた証でございましょう。
私は自慢じゃないですが、両親とはほんとに薄い関係だったので(あ、悪い意味じゃないんですが)、娘といることで、自分の中にこれほどの情があったのか、と驚くことばかりなんですね。
いつもながらの温かいお言葉、胸に染み入ります……ありがとうございます~~~(うるうるうる)
でもって、tokさんの日記がなくて泣いている私の気持ちは、その数倍だとご認識いただければと! と!

いいなあ、いいなあ、tokお母さんのお弁当! いっぱい食べて、お母様の愛情が全ての細胞の核となってくれますようにvv
Commented by Miyuki at 2012-07-04 13:08 x
*kakoさん
わーい、ニアミス! こんばんはー!
おっしゃる通り、もう手が届かないんだ、と思わなきゃいけないあの時間ほど切ないものはありませんねえ……今頃は、母の愛の偉大さを思い知ってるかしら。それとも、こんなに楽なんだと気づかれてしまったらどうしよう(おい) ほんとにーーーー! kakoさんがそばにいてくださったらいいのにいいいいい

The Iron Ladyは、またもやメリル・ストリープの物真似の才能を見せつけられた映画でしたね(笑) 真面目な話、私はサッチャー時代を知っているので、あの彼女がこうなったのかと思うと、やっぱり胸が痛みましたね~。
あ、どうぞお気になさらず、kakoさんのペースでお願いいたします! とても楽しみにしておりますが、楽しみは先であればまた嬉しいのでございますからして♪
Commented by アヤコ at 2012-07-05 02:38 x
Miyukiさ~ん!うえ~ん、私も読みながら涙ぐんでしまいました!ぜひぜひ、北カリフォルニアに行くときはMiyukiさん宅に押しかけて料理作ってもらいます!もっと言いたい事たくさんあるんですが、もう最近諸事情でアップアップなので、また後ほどじっくりお話したいです。お嬢さんの卒業ど巣立ちにたち、お嬢さんとMiyukiさん双方Good Jobですよ!(背中バンバン)

余談ですが、父母両方ANA勤務だったので(母はなんとスッチー…古っ!)Miyukiさんが全日空を褒めてくださってホクホクしてます。まあ、私はなんもしてませんが(笑)
Commented by なおこ at 2012-07-06 06:12 x
みゆきさん、ご無沙汰しています。お嬢さん、とうとう巣立ちされたのですね。ブログを読ませていただいて、2年後に来る息子との別れを思い泣けました〜。久しぶりなので是非お昼でもご一緒させてください。うちの会社のすぐ近くにお引っ越しされたとゆかさんから伺いましたので。お時間のあるときにお誘いくださいね〜。
Commented by Miyuki at 2012-07-06 12:19 x
*アヤコさん
ええ、全米が泣きました(大嘘) ぜひぜひ来てくださいっ! アヤコさんがいらしてくださるなら、こんなヘッポコでも、力の限り頑張りますっ! GJと言っていただけて、とても励みになります~~。背中の痛みは、心の糧(うるうる)

えええ、お母様、そうですかー! ととと、ということは、やはりちょーーお綺麗でバイリンガルで笑顔百万ドルの(私の中のスッチーのイメージ) 私も大学の同期が一人ANAに就職したんですけど、彼女がまた大変魅力的な子だったので、私の中でANAはかなりスペシャルなのです♪
Commented by Miyuki at 2012-07-06 12:24 x
*なおこさん
わーいわーい、お久しぶりですー! そです、ご子息もいずれは……きっと、力強く前進してくれることと。おおお、お誘いしてしまってもよろしいですか~~(歓喜) そでした、こちらは近くなんでした。今気づいた、もう一つのメリット。はい、連絡させていただきますね~♪
Commented by Hiroko at 2012-07-11 14:30 x
美由紀さんー!おかえりなさいませ (って遅いですね。反応が。)
私もこの前一時帰国したときに、ANAを使って、私はアレルギーフリーミールみたいなのを頼みました。普通に美味しかったですし、他の業者に委託して作ってもらったものが多かったので、袋詰めしてあったので、普通に持って帰りました。スペシャルミールを頼むと一番先に配られるので、なんか特別な気分になりますよねー!
またお会いできる日を楽しみにしておりまーす!
Commented by Miyuki at 2012-07-12 11:07 x
*Hirokoさん
帰ってまいりましたーっ!
アレルギーフリーミールとは、それも良さそうですなあ♪ そうそう、私も個別パックを見て、これなら持って帰れると思いました。確かに、キッズミールと一緒に先に運ばれてくるので、隣のキッズミールの子と、目を合わせてにやっとした覚えが(笑)
私も、早くHirokoさんにお会いしたいです~~~。
Commented by かん at 2012-08-01 15:48 x
今日、こちらを見つけました。
私はほぼ17年前にそういう想いを母にさせた娘の方です。

生まれたときから親と同居だったのに、25にもなってぽーん!っと北京留学。娘は目の前の事に必死でホームシックになる余裕はなかったのですが、母のほうはぽっかり穴があいてしまっていたようで。当時の母からの航空便を見ると切なくなります。

でも、親はそうやって子供を送り出すのが仕事ですものね。
しょうがない。。。しょうがないとはいえ、割り切れない。。。むむむ。。。

でも、今はスカイプやネットなど顔を見る機会は本当に多いので、それで上手く乗り切って!
それ以外は是非一緒に遊んで、日本びいきの私にアメリカの面白さや美味しさ、もっともっと教えてください。(ぺこり)

(余談ですが、私もいつも菜食メニューをお願いします。キッズメニューもこちらもなかなかよく作ってあって、普通食よりよっぽど美味しい気がします。特別食万歳!(笑))
Commented by Miyuki at 2012-08-02 10:03 x
*かんさん
そういえば私もずっと親元にいて、結婚して初めて家を出たのが、25の時でした。
うちの母は多分せいせいしたと思うんですが(自信)、かんさんのお母様は切なかったことでしょうねえ……

おかげさまで娘とはスカイプで頻繁に話しているのと、お友達が遊んでくれるので、寂しくならずに過ごせております。これが20年前だったら、とてもこうはいかなかったと思うんですよね。連絡手段が手紙か高い国際電話だけ、という時代では。
恵まれた自分を思うたび、ますます私は寂しがってるバアイじゃないよなあ、と思います。かんさんもいてくださることだし、がんばりますっ♪
今は11月に向けて、少しずつ作っておりますよ~。駄作を(殴)

おおっ、ベジ機内食お仲間ですね! こおゆうチョイスがあるのが嬉しいですね~。


<< 繰り越す学びを積み上げて 七月は、深海のダンスに酔いしれて >>