あらゆる点で、愛と呼ぶ

「変わっていくこと、それが学ぶということ。知るということです。
自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい」
    ----- 養老孟司
        (日本人、医学者(解剖学)、1937年11月11日生まれ)


Click for Hope

2011年11月11日。11時11分11秒まで揃えたら。
それよりも、14時46分18秒になったら、震災より8ヶ月目になるのです。

「Click for Hope」は、震災支援の為の写真コンテスト。
テーマは、「希望」です。

Twitterのアカウントをお持ちの方向け、なのですが。
候補作品の中から、ご自分の「希望」が表現されていると思う作品を選んで、投票してください。
1票が100円の義援金として、主催者のマンフロット株式会社によって寄付されるそうです。

震災によって学んだことは、沢山ありますが。
写真や絵、音楽といった表現手段の持つ力も、その一つです。
学んだことで、自分が変わったか、変わることができたのか、これからも問いかける日々は続きます。

* * * * *

【時事】

日記が溜まってると言いつつ、小ネタのどーでもいいスパイラルも捨てがたい。(殴)


   CANADA/
(写真はニュースからお借りしました)

カナダのトロント動物園で、仲睦まじい2匹のオスのペンギンを、動物園側が別れさせたということで、世界各地から非難の声が上がっているそうです。




動物たちの同性愛問題 / オス同士のペンギンカップルが無理やり引き裂かれそうになり議論を呼ぶ

2匹のペンギン、バディとペドロが、互いに求愛や交尾の仕草さえ見せていた、ということ。
ゲイであるとは限らなくとも、何らかの愛情関係にあることは確かなようで。

彼らが絶滅危惧種のケープペンギンであるが故に、焦ったのは動物園。
一旦引き離して、メスとつがいにさせて、子作りをすませてから、また2匹を一緒にしてやりたい、と言ってるそうですが。
アンフェアで心の痛む行為である、とか、生殖目的だけに集中するように強要するなんて、とか、
悪質で同性愛者への偏見に満ちている、など、寄せられた非難は轟々と。

確かに、メスとの交尾に成功した後で、また一緒にされたとしても、元と同じ関係に戻れるとは言い切れませんからね。
同性愛擁護の声が、これほど上がるようになってきていることに、時代の変遷を感じます。(嬉)


ただ、ちょっと真面目に考えようとしてみると。
本能で生きる動物達において、生殖を目的としない行動をとるということは、一体何を意味するか。
これは、動物園という環境で育つ動物だから起こりうること、と考えていいのかどうか。

LGBTの方々について、偏見はないと思っているのですが、それは人としての彼らに対してのことであって。
種族としての人間を論議するなら、胸が痛い事柄を避けては通れないかもしれなくて。
野生であれば起こりえないことを、動物園という人間のテリトリーに引き込むことで、彼らをそういう行動を導いたのだとすれば。

好きなら好きで、いいじゃない。
人間じゃない彼らを、人間と同じ視点で計ろうとすることは危険でありますが。
人にはそう言えることが、動物には言い切れなくなってしまうのが、情けないやら、申し訳ないやら、全く勝手な自分が、腹立たしいったらありゃしません。


腹が立つから、方向転換。(蹴)
そういえば、最近教わった英単語で、「bromance」というのがあるんですよ。
俗語だと思っていたら、なんと大手の英英辞書にも載るようになったそうです。
英語のWikiさんの説明はこちら、日本語は手っ取り早く、こちらなど。

”Brother”と”Romance”を合わせたもので、「性的関係のない、堅固な男同士の愛情」だそうですが。
だったら、女同士の”Sromance”も可能で、これから口に上るようになるんでしょうか、ということはちょっと置いといて。

例えば昨年公開された映画、「Sherlock Holmes」では、ホームズとワトソンが同性愛の関係であるように描かれているとして、大いに議論を呼びましたね。
この2人のように、TVや小説、マンガなどで描かれ続けてきた男同士の友情は、古今東西、枚挙に暇がないもので。
「拳をつきあわせた友情」とか、「強敵と書いて、”とも”と読む」みたいな男同士の、ライバル兼親友みたいな関係だったり、チームメイトとして支え合うものであったり。
こういった関係を考える時に、「bromance」という言葉は、大変便利でありますね。


お嬢に聞いたら、彼女は↓のサイトで教わったんですって。

 TV Tropes

タイトルのTVだけでなく、小説からマンガやアニメまで、ありとあらゆることの膨大な分析が集約されているサイトだそうですよ。
有名なサイトなのに、知らないの? と言われて、知るものか、ええ、知るもんか。
でもこれで知ったから、今日の私はまた変われたハズ。(なけなしのぽじてぃぶ)

お嬢によれば、このサイトで、こんなカテゴリーもあるそうで。

 Fridge Brilliance

最初は嫌悪感を抱いていたようなことが、ある日、冷蔵庫(fridge)を開けた時、「そういう意味だったのか!」と、気づかなかった素晴らしさ(brilliance)を発見する。
「ユリーカ!(Eureca!)」とは、またちょっとだけ意味が違うのかな。

今まで見ていた視点とは、別の角度から見た時に、見えてくるもの。
そこから動こうとしない限り、対峙する物事も、そのままの姿で在り続けること。
まずは自分が変わることによって初めて、目に入るものが変わってくるのです。

今日の誕生日の言葉の養老先生には、実はこんなお言葉もありました。

「若い人の最大の弱点は、自分が変わることを受け入れず、今の自分で世界を考えたがることです。
自分が変われば、世界も変わることに気づいていない

[PR]
by senrufan | 2011-11-11 11:11 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16823704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2011-11-13 09:39 x
こんにちは。
今日の記事はいつにもまして、色々考えさせられました
人間って動物の中で一番頭脳が発達しているようだけれども
頭脳以外のことでは本当に賢くない生き物し
無知な生き物だと思います。
(私自身も含めて)

時々、自分自身が女であるって面倒だな〜と思う時
あります。男同士の友情って強固なものだと思うんですが
女性同士のそれってどうももろく思えてしょうがないのです
ドラマが多過ぎるというか、なんというか。
Commented by Miyuki at 2011-11-14 12:06 x
*鈴さん
こんにちはー!
私も、最初このニュースを知った時は、微笑ましさを感じてたぐらいなんですが、考えてみれば色々と思いが出てきました。
これだけ脳が発達した分、手放さなければならなかったものはなんだろう、としみじみ思わずにはいられませんね。

実は私、オンナらしさの欠片もないヤツなので、デリケートな女性からは嫌がられるタイプと思われます、とほほ。
男性の良い意味での単純さや素朴さ、真っ直ぐに前に進むところなど、性別を超えて憧れますね~。”相棒”という言葉にふさわしい友情って素敵ですよね!
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-11-14 13:53
Click for Hopeを知りませんでした。
いい企画だと思います。
役に立つなら、音楽でもやってみたいものです。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2011-11-15 11:44 x
*Kawazuさん
音楽で、ああ、それはいいですね~!
チャリティーコンサートは沢山開かれていますが、ネット上の音楽で何かできたら素敵だなあ、と思います。
その時は先生の動画参加でぜひ!


<< 北の優しい異国から(13) 飛び出しても戻れる場所であれ >>