風薫る、海渡る、空翔る (後)

「水爆を見たまえ……あれは原子力の完成芸術だが、人を殺すほか役に立たないぜ」
    ----- 手塚治虫
        (日本人、漫画家、1928年11月3日生まれ)


A Sister’s Eulogy for Steve Jobs

10月16日、スタンフォード大学で行われた、スティーブ・ジョブズ氏の追悼式で、
異父妹である作家のMona Simpsonさんが、弔辞を述べられました。

NYタイムズに掲載された原文は↑ですが、ライターの市村佐登美が、日本語訳をアップしてくださってます。ありがたいことです。

スティーブ・ジョブズの妹モナ・シンプソンの追悼演説

* * * * *

【イベント】

前回からの続きです)(またこのフレーズ)

IMG_5226

さて、Fleet Weekのハイライトとも言うべき、Air Show
Air Show Flying、カナダ海軍のCanadian Snowbirds、そしてUS Navy Blue Angelsの順番で登場です。
つーても、んじゃ、最初のFlyingって一体どこの誰?というのが良くわかってませんでしたが。(馬鹿)(BA以外知りません)

航空ショーは、Marina Greenでの鑑賞や、クルーズに乗っての見学など、幾つかチケットが販売されていまして。
でも空に囲いがあるわけではないので、基本、サンフランシスコ港の付近であれば、見ることが可能。
なので、港の適当な場所に陣取って、ぎゅんぎゅんと飛ぶ飛行機を、歓声を上げながら見たのでございます。




IMG_5208

IMG_5251

これがもう、こっぺさんもおっしゃってましたけど、なんで飛行機が飛んでるだけで、こんなにカッコいいんだーっ! と叫びたくなりましたよ。
描く図形の名前とかは全然わからないのですけど、見ているだけでコーフン&カンドー。


IMG_5257

IMG_5265

途中途中で、こんな飛行機も飛んでくるのですけど、名前も種類もわからない……
チケットでの鑑賞場所から、ぼんやりとアナウンスが聞こえていたので、あちらでは解説付きだったんでしょうな。いいなー。(指くわえもーど)


IMG_5271

カナダのSnowbirdsが登場。
これがまた、上手いのなんのって。さっきの海軍、ヤバイじゃん!みたいな。


     IMG_5280

IMG_5309

空に描かれたハートマークが、芸術的。
編隊を組めば、一糸乱れずの言葉以外に浮かばないほどの見事さでした。


IMG_5231

私達が見ていた場所で、海軍か沿岸警備隊かはわかりませんが、関係者(…)の方々もご見学。
若い水兵さん達は、制服で2割増しのハンサム&別嬪さん。


IMG_5325

いよいよブルーエンジェルスが登場したところで、さすがに疲れたお嬢と私、ゆっくりと駐車場に向かい始めました。
旦那は未練があったようで、何度も立ち止まっては、飛んでくる飛行機を眺めてましたよ。男の子だねえ再び。
途中では、海軍の若者バンドの演奏や、軍への勧誘&入隊受付場所も。


IMG_5320

道々立ち止まっては、飛んでくる飛行機を見てたのですが、途中ですんごいのが来たですよ。
生まれて初めて、ソニックブームを目撃したですよ。
今、君は音速を超えた……!(わなわな)(撮り損なったー)


IMG_5327

長引く不況で、大学の学費はうなぎ上り、卒業したところで就職もままならない、アメリカの若者達の現状。
なので、一旦軍に入隊し、数年を過ごそうという若者が増えてます。

日本では、愛国心や国旗・国歌、自衛隊に対する批判が珍しくありませんが、米国では全く違うもの。
West Point陸軍士官学校は、超絶エリートの集まりですし、仕官後の政界入りも当たり前な国なので、日本の価値観で、米国若者の入隊をはかるわけにはいかないのですが。
Occupy Movementが収まるどころか、徐々に各地に広がっている昨今、若者の抱く閉塞感は、相当なものであるようです。

お嬢もグリーンカード保持者であるので、入隊しようと思えばできるのかな?
18~26歳の男子の場合は、兵役義務が生じるので、うちに息子がいたら、もっと身近な問題だったんだろう、と思います。


IMG_5322

さて、航空ショー。確かにチケットを買わずとも、鑑賞できるわけですが。
全然知識がない私、できたら解説付きで鑑賞したかったなー、としみじみ思ったです。
ステルス型戦闘機とか、言葉しか知らないもーん……(小石を蹴りながら)
なので、もし次回があれば、チケット席での鑑賞も、大変前向きに考えたい、なんつって。

駐車場ですが、我が家は実は、大変遠くに停めてしまいました。
や、朝早く行ったので、クルーズに近い駐車場も十分空いていたのですけど、「Fleet Week:$30/day」という文字ばかりで愕然。
かと言って、メーターだと、2時間ごとに戻らなきゃいけないかもしれないし。

でもって、我が家のとった荒業は、Ferry Buildingのそば、ファーマーズマーケットでの買い物による割引があるパーキングを選んでしまったのですよ。
マーケットで買い物すれば、1日$3、そうでなくても$7という駐車場に停め、てくてくと港まで歩くこと、約3km。
港に沿っての散歩は、私達にはなかなか楽しかったのですが、勿論、決して皆様にはお薦めいたしません。(にっこり)

ただ、フェリービルディングに近いPier沿いに、幾つかパーキングがありまして。
朝は「1日$10」になっていたので、あちゃ、だったらここに停めた方が良かったねえ、なんて言いながら通ったのですけれど。
これが帰ってくる時には、軒並み「1日$30」の貼り紙が貼ってありまして、なんちゅうこった。

まさか私達が停めた場所も、とどきどきしながら戻ってみれば、貼り紙もなく、$7ですんだので、ほっと一息。
まあ、でもこの日、サングラスを忘れて出かけてしまったせいで、帰る時には、真っ赤っかなウサギの目玉になっていたという大馬鹿ヤロウのゆうことですから、元気があれば、こんな手もあるんだ、という程度で流していただければ、これ幸いです。(……)


San Francisco Fleet Week Association
[PR]
by senrufan | 2011-11-03 16:18 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16685398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2011-11-06 05:53 x
うわ~、SFのFleet Weekいっぺん行ってみたいです~。

上の写真で3色のカラー引いて飛んでるのは、実は民間の曲技飛行チームです~。チェコ製のL-39アルバトロスという機体を使ってるのですが、乗ってるのはみんな民間人。日本ではありえないですね。

途中に現れた名前不明なの(笑) 上がV-22オスプレー、下がB-2
ステルス爆撃機です。 

いいな~、いいな~。ヨダレじゅるじゅるです。
アメリカは軍と軍事産業が大きいですから、こうやってアピールしてリクルートに役立てそして理解を求める・・・カナダもやってるんですが、こんな大掛かりなことするほどの予算がございません。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2011-11-06 07:27
いずれも素敵な写真ですね。1枚目の港と飛行機雲の構図が、いかにもサンフランシスコ風で好きです。ネイビーの方たちの制服姿もほんとだ、カッコイイ☆そして駐車場事情を伺い、BARTで行く決心を固めました(苦笑)そういえば、日曜日は霧が濃くてBlue Angelesが飛べなかったと聞いたような気がするのですが、そんなこともあるんですね。。
Commented by Miyuki at 2011-11-06 12:37 x
*すれっぢさん
一度と言わず、どですか、毎年。サンフランシスコ、良い街ですぞ☆

なんと、民間!? だって、あれだけの機体を持ってて、それだけ練習ができるって、どんな金持ち軍団なんですか。ほんとに日本では考えられない……

ステルスというのも、今回初めて調べましたよ。設計者の名前かと思ってました(笑) それにしても、こんな写真だけでぱぱっとわかってしまうって、どんだけすごいのだ、すれっぢさん(憧)

民間へのアピール、なるほどねえ。娘の高校にも、良く勧誘隊員が来てるそうですよ。これまた日本では考えられないことですねえ。
マジに、来年奥様といらっしゃいませんか? すれっぢ先生の解説付きで見学したいですー!
Commented by Miyuki at 2011-11-06 12:39 x
*shinaさん
えへ、ありがとうございます。何十枚と撮りまくったんですけど、結局のせるのはこれだけ、みたいな(笑) BART、いいかもしれませんね! そしてMUNIに乗り換えるのかな。ええっ、日曜、そうだったんですか~。じゃあ目が真っ赤になろうと、土曜はお天気で良かったんだわ。ええ、負け惜しみじゃありません。
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-11-06 15:38
私は、小さい頃飛行機乗りになると言っていたそうです。
20も違う私の義兄が、海軍飛行学校の教官でしたから
きっとその影響だったのかも知れません。
鹿児島から飛び立って、戦死してしまいました。
戦争に対しては、やっぱり、経験からも抵抗しかありません。
軍隊に対してもそうです。
あのポランスキーさんの戦場のピアニストは忘れられません。
戦争の日がない社会は難しいですが
今日もスマイル
Commented by myumyu at 2011-11-06 20:25 x
航空ショーって興味あって一回は行ってみたいんだけど・・・
でもこっちとそっちでは規模が違うんだろうね。

国防って大切だけど
平和の維持も重要で。
その兼ね合いって難しいよね。

一方向に走りやすい傾向のある我々には特に・・・。

どのチャンネルを回しても同じ視点のニュースしか流れてこない
テレビを見てると特にね。
Commented by すれっぢ at 2011-11-06 23:13 x
こっちにも追加です。
>18~26歳の男子の場合は、兵役義務が生じるので、うちに息子が>いたら、もっと身近な問題だったんだろう、と思います。

これは兵役登録のお話しですよね。これは登録するだけで、兵役に就く義務はありませんので。一応数としてこの年齢層がどれだけいるか、把握するための目安にしてるようですが、法として徴兵することはできないので、すぐに徴兵制が復活することも無いと思います。でも登録しないと連邦政府への雇用しない、公的奨学金を受け取れない・・・まあそうでしょうね。ベトナム戦争が終わった時でアメリカの徴兵制は終わっています。
Commented by Miyuki at 2011-11-07 08:36 x
*Kawazuさん
そうでしたか、お義兄様が……
戦争と軍隊に対しての抵抗感があるのは、日本人として至極当たり前のことだと思いますし、私自身もそう思ってます。実際、うちが長年この催しに行かなかったのも、それが理由の一つでしたし。
ただ、国には国の、軍の在り方があるのだということ。国旗掲揚にすら抵抗する日本という国での捉え方と同様に考えることの危険性も感じるようになりました。
戦争は、どんな時代でも起こってほしくないことです。そういう時代にこそふさわしい「軍」がどのようなものか、考え始めているこの頃です。
Commented by Miyuki at 2011-11-07 08:41 x
*myumyuさん
そうか、日本にもあるんだよね、航空ショー。
自衛隊がやってるのかな?

そうそう、そだよね、ほんとにそうだよね~~。
国を守る、国を支える機関として在ってほしいのだけど、その為には国民側も彼らを支えなければならないと思うの。
過去の反省というのなら、軍組織を目の敵にすることだけじゃなくて、我々側の方に心掛けなければならないことが山ほどあるはずで。

日本を離れて、日本の歴史教育の貧しさをしみじみと痛感してるよ。
視点の貧しさは、そういう教育の欠如もとても大きいと思うんだ。
元・史学科のmyumyuちゃんには、色々聞きたい・話したいこといっぱいだー!
んで、いつこっちに来るの?(マジ)
Commented by Miyuki at 2011-11-07 08:46 x
*すれっぢさん
はい、拒否することができるのは知ってるのですけど、拒否すれば、その後グリーンカードから市民権を取得する場合に、拒絶されるとか。
うまく言えないのですけど、ある国に住んで、その国の公共のものに支えられている以上、義務もあると思うのです。日本の自衛隊しかり。だから、うちに息子がいたら、真剣に登録を考えていたかも、と思ったり。はあ、悩ましいですね、この問題。
Commented by すれっぢ at 2011-11-07 12:51 x
あれ、登録は本来は拒否できないはずです。法的には登録しないと$25万ドルの罰金か懲役5年のはず。実際にそんな刑を喰らった人はいませんが。(たぶん)拒否して実際に逮捕・起訴された人はいないのではないでしょうかね~。
Commented by Miyuki at 2011-11-07 13:26 x
*すれっぢさん
あ、そうなんですか? とあるサイトではそう書いてあったのですが、そうかー、建前上はダメなんですね。それとも、登録はしなきゃいけないけど、実際の徴兵は拒否できるとか? だってブッシュがやってたし(爆)
Commented by すれっぢ at 2011-11-07 13:45 x
変な法律なんですが、兵役登録と徴兵がまた別なんですよ。今は登録の法律だけ残っている(というか1980年に復活)のですが、徴兵自体は法すら無くなっていますので、実際に徴兵できないんです。免許はあるけど、車が一台も無い状態というか(笑)なので、登録した情報を元に徴兵しようと思ったら、アメリカはもう一度、徴兵制の法律を立法、可決しないとできません。ブッシュ(息子)は徴兵を拒否したのではなくて、テキサス州の州兵に志願することで、上手くベトナム行きを逃れた・・・ってことらしいです。ちゃんと拒否する人間より、更に狡猾な方法で逃げたわけですね。
Commented by Miyuki at 2011-11-07 13:59 x
*すれっぢさん
そおなんですか! いやー、教わらないとわからないことが沢山だー。すれっぢさん、知恵袋!
兵法がなくなったのは、とてもありがたいことでありますな。州兵はまた別なんですね。
これもまた国によって様々なんでしょうね。友人から聞いた話ですが、イスラエル国籍の子が、高校卒業後にイスラエル軍に入隊して。これまた法律上でそう決められたことだというのを初めて知りました。徴兵が当たり前の国、徴兵はともかく兵役登録は義務……やっぱり日本の価値観だけじゃ計れないですねえ……
Commented by akira_kan at 2011-11-14 02:59
たわいもないことですが、この記事のタイトルって、もしかしてチャゲ&飛鳥のあの歌詞から?(とふと思ってしまいました。。。) 全然検討違いだったら、ごめんなさい〜。

今日、長男の七五三でお昼からSFに行って参ります。
この写真のようにいいお天気になりますように!
Commented by Miyuki at 2011-11-14 12:10 x
*かんさん
お、かんさんも気づいてくれましたか! そなのです、あの歌から借りました。艦と飛行機を見てたら、つい~.

七五三! 写真が出来上がったら、ぜひぜひG+の方にアップしてくださあい!(おねだり) 良いお天気で、良い遠足になったかなあ♪


<< 巣立ちの時を知りながら 風薫る、海渡る、空翔る (前) >>