口福の青い鳥 (前)

「人が豊かになるのは、自身を投じることによってである」
 (小さくても行動を起こせば、世間に広がっていく)
   ----- サラ・ベルナール
        (フランス人、女優、1844年10月22日生まれ)


     IMG_5453

パントリーを整理してたら、すっかり忘れてた缶詰を発見。
何年も前にワシントンD.C.にある、スミソニアン航空宇宙博物館に行った時に買った、Moon Soupです。賞味期限は書いてない。

ここのギフトショップが面白くて、宇宙飛行士用のアイスクリーム(乾燥モノ)とかが売ってるんですよね。
このムーン・スープは、フロリダにあるホテル&レストラン、Chalet Suzanne Restaurant and Country Innのものだそうで。
NASAに選ばれ、1971年に月に行ったアポロ15号、翌年の16号と、乗組員を胃袋から支えてくれたもの、なんだそうです。

中身は、マシュルームのポタージュ。
にんじん、オニオンパウダーなどに加えて、ターメリックが入っていて。
ふんわりとスパイスの香りがする、いかにも古き良きアメリカ、のようなスープでございました。

* * * * *

【イベント】

     IMG_5065

大好きなありすさんご夫妻にお誘いいただいて、Oaklandの屋台フードイベント、Eat Real Festivalに行って参りました。

去年も行きたかったのですが、SFのイベントに行った後だったので、諦め。
今年はこちら!と思っていたところに、以心伝心のようなお誘い。
ちぎれんばかりに尻尾を振りながら、現地に参上致しました。(ふりふり)

金・土・日と、週末の3日間を使って行われる、ビッグイベント。
最終日の日曜は、あいにくの雨模様ながらも、大層な人出とすごい数の屋台。
ありすさんのおっしゃる通りのアメリカ式縁日で、終始うきうきモードでございましたよ。




IMG_5072

場所は、オークランドのJack London Square。どーでもいいけど、この名前を聞くたびに、切り裂きジャックを思い出すのはいい加減ヤメナサイ。>自分
大きな広場の中に、あちこち建物が建っている場所なので、その間の道とくつろぎスペースに、所狭しと屋台が並んでいる構造。
なのですが、メインとなるストリートがあるので、それほどわかりにくくはなかったかな。
屋台は屋外で、保存食などのマーケット品は屋内で、という配置になっていましたよ。

SFの時は、ベジメニューはスイーツがほとんどだったのと、事前チケットを買ってしまったこともあって、袋を持参して、かなりの数を持ち帰りました。だって甘いものばかり、そんなに食べられないし。
それが今年のオークランドでは、嬉しいことにベジチョイスが多く、HPには、ベジタリアン向けのメニューリストまでアップされていて。
おかげで、屋台フードは全てその場で美味しくいただいて、マーケット品のみの持ち帰りですみました。
ここ1年で、また住みやすくなったなあ、と、エセベジィな私は感慨にふけったのでございます。


IMG_5068

もう一つ、持ち帰らずに食べ切ることができた理由。
それは、通常$7~9のメニューが、このイベントに限っては、$5以下の設定で統一されていまして。
その分、普段より小盛りになっているおかげで、お腹に余裕もでき、屋台をかけもちして楽しむことができた、ということなんですね。

更にこちらのイベントでは、全ベンダーに、「ローカル産、もしくはsutainableの材料を2つ使うこと」を指示。
これに関しては、Local・Sustainable・Organicをモットーとする屋台も増えてきている昨今、難しくない課題であった模様。
特に肉類については、主催側がDel Monte Meat Companyと提携することによって、抗生物質や成長ホルモンを使っていない肉を提供したそうです。
3日間、様々なデモやクラスが行われたのですけど、中でもButcherのデモが多かったのは、それも理由だったりして。

最近パン作りに励んでいらっしゃるありすさんは、King Arthurの粉を使った、Bread makingのクラスを楽しみにしていらっしゃったのですが、あいにくの小雨の中、屋外での催しだったので断念。
他には、発酵食品やジャムの一般参加型コンテストなど、いろんな面で充実したイベントでございましたです。


さて、その中で、お嬢と私が食べたもの・買ったもの。
事前にベジタリアン向けリストを見ながら、幾つか選んで行ったのですけど、当日は違うメニューだったり、別なものに惹かれたり。
60のベンダー&30のマーケットを、寄り道しながらの食べ歩き道中、順繰りに列挙といきましょう。


1. Laloo's (HP

IMG_5049

小雨で寒いっつってんのに、なんでいきなりアイスなんだね。
いや、リストアップした中で、一番最初に見つけた屋台だから。

牛乳ではなく、goat milkで作ったアイスクリーム屋さん。
山羊のミルクは、母乳に構造が近くて、アレルギーを起こしにくいのですよね。


IMG_5050

チョコレートアイスを、カップにて。
クセのあるゴートチーズは、サラダやサンドイッチのアクセントとしては、かなり好きなのですけど、アイスでは一体どうだろう。
と思いきや、食べている間は全然そのクセが感じられず、滑らかで美味しいアイス。
ただ、後味でそのクセが感じられたので、これも好き好きかなあ、と思います。
乳製品アレルギーの方や小さいお子さんには、嬉しいチョイスですね。


2. Society of St. Vincent de Paul (HP

IMG_5070

屋台にしては華麗な名前、と思ったら、フードベンダーではなく、Alameda郡のソーシャルサービス団体、といえばいいのかな。
こちらのKitchen of Champions Culinary Programでは、厨房で働き、地域の無料フードサービスに従事することで、実社会の仕事をする上でのトレーニングを受けられるのですね。


IMG_5071

リストにあったTofu Jambalayaが欲しかったのですが、この日はチキンやソーセージ入りの一般向けのJambalaya
味がかなり濃い目だったのと、Long grain riceが柔らかすぎたのが難点でしたが、野菜が色々、添えてあるコールスローがしゃきしゃき新鮮なところはグッドでしたよ。


3. Forage SF (HP

IMG_5075

ここもまた、意図したわけではないのだけど、調べたらすごく面白かったところ。
Forage(食料集め)という名前通り、foragerが集めた食べ物を使って料理し、Underground marketなどでお客に提供し、売上の50%は、材料を集めた人達に渡される、というシステムをとっているのですね。
集めてくるものは、野草であったり、キノコであったり。もしくは、海で獲れる魚類。
HPには、そういうツアーの情報も載ってます。

食べ物を、より身近な場所から、自分達で収穫することで、環境と人間に優しい社会を作ろう、という彼らの試みは、一見小さなものに見えても、実は非常に大きな広がりを見せる可能性を秘めてます。


IMG_5076

今回、3種類用意されていたメニューのうち、Wild Mushroom Grilled Cheese Sandwichを。
ポルチーニ茸にPickled onions、そしてチーズを、Acmeのサワーブレッドに挟んでグリル。

これが、とっても美味しかったのです。
チーズの味が濃い目でしたが、玉ねぎが美味しく、パンは香ばしく。茸も、じわっと染みる旨さ。
もう一つのメニューで、ビーツやラディッシュ、カリフラワーなどのピクルスもあって、そちらも買いたかったぐらいでした。


4. Fat FaceHP

IMG_5079

ヴィーガンのもあるよ、ということで行ってみた、popsicle(アイスキャンディー)の屋台です。ええ、またアイスです、私達。
と言いつつ、選んだのはノン・ヴィーガン2本。ええ、エセベジィですから、私達。


IMG_5080

濃い色なのは、Thai Tea & Sweet Potato
白っぽいのは、なんとBacon & Eggです。
タイ・ティーは、コンデンスミルクのあの甘いアイスティーに、もったりポテトが加わった感じ。って、そのままですが。
ベーコン・エッグは、カスタード味のアイスの中に、キャラメルソースがとろ~りと。キャラメルにもうちょっと塩味が効いていたら、より嬉しかったかな。


5. Tru Gourmet (HP

IMG_5083

オーガニック飲茶、という謳い文句のこちら、人気らしく、かなりの人が並んでまして。
久しぶりに食べたいねー、と私達も並びましたです。

メニューは大きく分けて2つあって、餃子やミニ肉まんなどの5種類のうち、好きなものを4つ選ぶMix & Match($5)と、スペシャルメニューとして、Dungeness Crabの餃子、野菜春巻、ごま団子が、それぞれ2個で$5。


IMG_5081

お嬢と私は、シイタケ餃子とエビ餃子を、各2個ずつ。
皮はもっちりだし、中身も美味しかったのですけど、いやいや、なんて可愛らしい大きさ。
材料が良い分、それが分かる人には納得できるお値段ですが、結構不満を言う人も多いのではないかな、なんて、余計なお世話的心配も。


(続く)(これ以上食ったのか)
[PR]
by senrufan | 2011-10-22 10:35 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16487523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2011-10-24 14:02 x
屋台巡り楽しいですねー。3番目の「食料集め」というのに特にそそられます。ツアー参加希望!
続きも楽しみにしています。
Commented by 初音 at 2011-10-24 16:56 x
こんばんは~♪
屋台めぐりいいですねぇ~^^
この頃、朝以外は野菜中心の食事をしてる私^^
最後の”シイタケ餃子とエビ餃子”に注目で~す!!

次回楽しみですよぉ(^^)v
Commented by Miyuki at 2011-10-25 10:27 x
*マミィさん
私も、調べてみるまで全く知らなかったです~。そう、ツアーが楽しそうなんですよね! 山菜摘みの感覚かしら(笑)
続きも食べ物とか食べ物とか食べ物とか……すみません、お付き合いくださいませ(ぺこり)
Commented by Miyuki at 2011-10-25 10:28 x
*初音さん
おおっ、初音さんもベジィな世界に、ですか?(きらきら☆)
無理して、ではなくて、野菜が美味しくて召し上がっていらっしゃるのでしたら万々歳。
餃子、ちょーミニサイズで可愛かったです(笑) 直径3cm?みたいな。


<< 口福の青い鳥 (後) それは身体が決めること(番外) >>