リンゴとサンドを鞄に詰めて、校庭に駆け出すSeptember

     IMG_4845

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「できる者ではなく、最低の者のレベルを上げることこそ教える者の技である」
   ----- 小澤征爾
        (日本人、指揮者、1935年9月1日生まれ)

* * * * *

【イベント】

毎年、9月11日が近づくこの時期は、ちょっと心が弱くなってしまうのですが。
加えて今年は、震災から半年という節目、でもあるのですね。

そんな時に、こんな集まりを企画してくれた友達がいるのです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

東日本震災と福島第一原発事故から半年
被災者、被害者、そして日本のこれからに思いを寄せる集い

半年という節目に集まって
このベイエリアに住んでいる日本人同士がつながりましょう

たまたまこの時期にサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいる私たち。
震災直後、日本人のグループが自発的にあちこちで義援金集めをしました。
皆何かしなくてはいられない気持ちだったからです。
日常に戻り、被災地からも遠く離れていると、時間が経つにつれて何をすればいいのか分からなくなってきます。
けれど今でも、何かをしなければという気持が心の奥にあるのではないでしょうか。

人間が集まれば何らかの知恵が湧いてくるものです。
まずは集まって思いを共有しませんか?人とのつながりの中から、何かが生まれてくると思います。

何かをするための集まりではありません。

そこで出会う人々とのつながりの中から、何かが生まれることを期待しています。


呼びかけ人 本多ゆか(サンタクララ市)

趣旨に賛同されたら、学校、職場、グループ、ブログ、メーリングリスト、Facebookなどで、呼びかけてください。
また、メールを転送される際には、ぜひ呼びかけ人欄にあなたのお名前を書き足してください。


「震災と原発事故から半年 日本のこれからに思いを寄せる集い」

<日時> 9月10日(土)3時から7時
日本時間の11日に合わせて、こちらは10日にやります。お間違えのないように。
陽が沈むと寒くなります。上着を忘れずに。

<場所>  Homeridge Park (2985 Stevenson Street, Sanata Clara)
住宅街の中の公園です。50人まで収容できるピクニックエリア有り
ストリートパーキングです。近隣の迷惑にならないように駐車してください。

<会費> 無料 
なので呼びかけ人は食べ物・飲み物・紙皿などは準備しません。
ポトラックのピクニック (BBQも可能)です。

自分が食べたい食事、デザート、飲み物を、3~4人でシェアできる量ご持参下さい。
皿、コップ、フォークなども持参して下さい。なるべくゴミを出さないで済むように、エコでやりましょう。
BBQをやりたい人はチャコールも持参で。

ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー、マクロビオティックなどの食事を実践している人は、ご自分が食べたい物を持って来て下さい。
別テーブルに食材を明示してあるコーナーを作ります。

ピクニック・シートや椅子を持ってくると便利です。

公園内には、遊具のあるコーナーと広い芝生があります。お子さん用のアティビティをご持参下さい。

脱原発の集会ではありませんが、当日は汚染マップと内部被曝について解説したチラシを用意します。

地震発生時よりも早い時間帯ですが、5時ごろに被災者に黙祷する予定です。

<参加者> 日本人および日本に縁をもつ人
ご家族、友人、知人を誘ってご参加下さい。


最後に。
私も皆さんと同じように、この半年間、さまざまな気持ちを感じてきました。
今でも怖くて不安だし、悲しいし、辛いし、怒りもあります。でも、絶望はしていません。
長い歴史の中で、日本の風土に生きた祖先は、その時々に天災の被害に遭い多くの人を失い、愚かな戦争と暴力で尊い命を失ってきました。
それでも、国は失くならなかったし、海外に移住した日本人も逞しく生きてきました。
今回の困難も、日本は乗り越えていけると信じています。

9月10日に皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

9.11を始めとして、様々な争いや自然災害を見聞きするたびに思うのが、言い古されてしまったことですが、「人との繋がり」の大切さです。
大事な人がいるから、支え合う人がいるから、また前に進むことができる。
そういうことを知っているからこそ、人に手を差しのべることができる。

私は大層弱虫なので、一人では絶対に生きていけない自信があるのです。(大いばり)

こんな時は、余計に誰かといたいなあ、と思われる方、どうぞいらして下さいませ。
ゆかさんや他の方々と一緒に、お会いできるのを楽しみにしております。
[PR]
by senrufan | 2011-09-01 09:23 | 東日本大震災 | Trackback
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16221147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 小を積み重ねて山と成し 北の優しい異国から(3) >>