北の優しい異国から(3)

「色は褪せ、寺院は朽ち果て、帝国は滅びる、しかし賢者の言葉は残る」
   ----- エドワード・ソーンダイク
        (アメリカ人、心理学者、1874年8月31日生まれ)


今年の半ば頃に教わったこと。

2011年はとても不思議な年で、
自分の生まれ年(西暦)の下2桁と、今年なる年齢を足すと、どの人も必ず『111』になるそうです。
全ての人が、「一からの再生」&「やり直す」事ができる、そういう年なんだそうです。

震災のこと、10年目を迎える9.11のことを思うと、感慨深いものがありますが。
それを、今年もあと3ヶ月の時に思い出したってさあ。(虚)>自分

* * * * *

【旅行】

5. ノートルダム大聖堂 (Notre-Dame Basilica)HP

     IMG_4248

パリのノートルダム大聖堂は、本当に見事でございました。あのステンドグラスは忘れられませぬ。
が、ルーアンにもノートルダム、ルクセンブルグにもノートルダム、そしてモントリオールにもケベック・シティにもノートルダム、となれば、一体なんなのノートルダム。
関係ないけど、こちらにはノートルダム大学があちこちにあるですよ。

ググってみて、ようやく納得。なるほど、場所名ではなく、聖母マリア信仰の教会堂という意味だったのですね。
Wikiでもう一つ教わったのが、建築様式にカテドラルとバシリカがある、ということ。モントリオールのこちらは、後者です。




IMG_4251

さて、モントリオールのノートルダム大聖堂。完成は1829年、落成式は1830年、となってます。
といっても外郭のことでありまして、塔は1843年、内部装飾は1874年に完成、と時差がございますね。

この中に観光客が入る為には、大人$4・子供$2の入場料が必要ですが。
加えて現在、午後6時半と8時半には、Sound and Light Showが開催中で、こちらは入場料も込みで、大人$10・子供$5。
その「And then there was light」というショーに合わせて、6時ぐらいに到着。
入り口横のギフトショップで販売されていたチケットを購入して、入ります。


IMG_4253

入り口でヘッドフォン(英語or仏語)を受け取り、指定された席へ。
内部にはこんな風に幕があちこちに張られてて、幻想的な舞台設定。

大きなスクリーンで始まったのは、ノートルダム大聖堂の建築にまつわる再現ストーリーで、ヘッドフォンでセリフと音楽に聞き入ります。
クライマックスから最後にかけて、教会内にライトが踊り、内部装飾を華やかに彩ってくれました。


IMG_4261

ショーが終わった後は、思い思いに鑑賞したり、お祈りしたり。
正面祭壇がコバルトブルーにライトアップされているのは、ショーと関係なく、常からなんだそう。

そういえば、ケベック出身のセリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたのは、こちらなんですね。
それにあやかってか、結婚式を挙げたいカップルからの人気はすごいもので、5年先まで予約が一杯という話をちらっと聞きましたが、えー、じゃあ私も考えなきゃ。(ナニをする気だ)


     IMG_4263

1891年に作られたというパイプオルガンは、修復を経て、現在は鍵盤4つ・音栓99・パイプが約7,000本、という構造なんだそうです。
時折コンサートが開かれていて、特にモントリオール交響楽団の演奏会が有名だそうですよ。


IMG_4260

ステンドグラスも美しいですが、絵画や祭壇装飾もお見事。
正面には、旧約聖書で予言された4つの犠牲を、両側には天使の崇拝、最後の晩餐などが表現されています。


     IMG_4265

箱に心づけを入れて、キャンドルを灯して。
私は特定の宗教は持ってない為、祈りたい時に、どこにでも行って祈ることができるので、それはありがたいというか、無節操というか。
でも本来宗教って、神様って、そういうものだと思うので。


     IMG_4249

観光名所の人気ショーということで、チケットの売れ行きもなかなか好調のようで。
チケット売り場には長い列ができてましたし、私達が買ったのは30分前ぐらいだったのですが、すでにまとまって座れる席はなく、しかもかなり端の方しか残っていない状態。

映画そのものは、まあソレとして(おい)、様々なライトで鮮やかに彩られた教会内部は、なかなか美しい眺めです。
静謐で質素な雰囲気の求めには向きませんが、現代的な教会の楽しみ方の一つ、ということで。
[PR]
by senrufan | 2011-08-31 10:22 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16215817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2011-09-02 11:59 x
第三弾、写真がすばらしい~
カソリックの教会ってとってもゴージャスですよね。
まるで宝物館みたいに。

薄暗い中でキャンドルの灯を見ていると、神に祈りたくなってきそう(笑)
Commented by マミィ at 2011-09-02 15:19 x
62+35=97
111になりませんことよ、おほほほほ!

大聖堂でショー!?こんなことが有り得るんですね…素晴らしすぎる。日頃からコバルトブルーにライトアップされているというのも凄い。そして何しろ写真が美しいです。ブラボー!
Commented by Miyuki at 2011-09-03 09:39 x
*まきりんさん
あ、ありがとうございます~~。ただただカメラのおかげです……
久しぶりに教会文化に触れましたが、やっぱり良いですね~。少なくとも最初は(殴)

そうそう、あのキャンドルを見ると、ぴしっと背筋が伸びるというか、邪心が消える気がしますね♪
Commented by Miyuki at 2011-09-03 09:42 x
*マミィさん
おおっ、マミィさんもそうでしたか! いやあ、私もおかしいなあと、電卓まで使っちゃいましたよ。(つらっ)

なんかね、教会にはついつい清貧を期待しちゃうので、フクザツな心境でもあるんですが(笑)、でも現代には必要なんだろうなー、と思い直しましたです。住職やってるはとこも、人を呼ぶ為に色々工夫してるもんなあ。あのコバルトブルーは、目に焼きついてますね~。
Commented by myumyu at 2011-09-03 19:03 x
そうなんだあ~~。
出発の年なのね~~。
って我が家には特に響くなあ。

なんだかこうやって関係が復活してやりとりができるようになって。

そして今度は娘が・・・。

運命論者じゃないけど運命を感じちゃうよ。

これからもよろしくね!!

絶対サンフランシスコに行くぞ~~!!
Commented by Miyuki at 2011-09-04 02:43 x
*myumyuちゃん
そだよね、そだよね! 正に「新しい年」だよねー!
だから今回の研修のことを聞いた時も、絶対良い経験になるのではと思ったのだ。

運命。縁。タイミング。
どんな言葉で呼んでもいいけど、そおゆうのってあるよねえvv

うんうん、待ってるわー! 10年ぶりの街を楽しんでほしい~♪


<< リンゴとサンドを鞄に詰めて、校... 北の優しい異国から(2) >>