北の優しい異国から(1)

「支配したり服従したりしないで、それでいて、何ものかであり得る人間だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ」
   ----- ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
        (ドイツ人、詩人、1749年8月28日生まれ)


ゆみたちさん&蕎麦花さんと、チャリティー・イベントのJazz Katsuにおじゃまして参りました。
大盛況のご様子で、カツを待つ人の列はずらりと長く、ジャズに聴き入るお客様も大勢。

ベジィな私がカツを食べるのは久しぶりだったのですが、肉がしっかり分厚く、衣は適度な厚さで、食べ応え十分の旨さ。
暑い熱い中、調理場に立ち続けてくださったスタッフの方々は勿論、演奏してくださった方、会場整理をしてくださった方、皆さん笑顔が素敵で、しみじみ行って良かったイベントが、また一つ。
特にスタッフのHさん、お会いできて、とても嬉しかったです! またゆっくりお話しできる機会がありますように。>私信

次なるイベントは、9月18日(日)に行われる、三育学院のチャリティーバザーです。
以下の記事にリンクさせていただきましたので、ぜひ揃ってお出かけくださいませ。
私はというと、バザー用品に寄付できるものはないか探しつつ、当日はわくわくさんのお友達の方のお菓子、ねらいます。(きらーん☆)

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【旅行】

IMG_4426

さて、まだ現在ネタはたまっているのですが、いい加減、旅行記を書き始めないといけません。
プチアルツが加速している昨今、せめて写真を見て思い出せるぐらいの頃に書かないといけません。(危)




先日書いた通り、行ったのは、カナダはケベック州の中、モントリオールとケベック・シティの2箇所です。
往復の飛行機はUnitedを使って、
8月8日(月):サンフランシスコ → トロント → ケベック
8月13日(土):ケベック → シカゴ → サンフランシスコ
という行程。
ケベックに着いてからは、レンタカーで。公共交通機関は使いませんでした。

カリフォルニアとは3時間の時差で、ケベックの方が早い夜明け。
よって、8日の昼過ぎにサンフランシスコを発ったのですが、ケベック到着は真夜中過ぎ。
ホテルに着いたのは、夜中の1時頃でございました。

しかし翌朝から、現地時間で行動せねばなりません。
ここで目覚まし無しで、朝7時には目が覚めた私って、すごくね? (せめて自分で言う)
朝食の後、まずはモントリオールに向かって出発です。前半モントリオール、後半ケベック・シティという予定。


IMG_4348

今回、GPS付のレンタカーを借りたので、事前にAAAで地図はもらっておいたものの、あとはGPS頼りにしてたのですよ。
ところがGPSのマドンナったら(柔道部物語からの命名)、住所を入れても出てこないことの連続。
観光名所であれば、場所名から見つけられたりもしたんですが、ピンスポットで見つけたい場合に使えなくて、何度きーーっ、とさせられたことか。

但しこれは、通りの名前がフランス語であったからかもしれないんですけどね。
たとえばセント・ポールというところであった場合、St.だったりSaintだったり、St-だったりして、私達にはその規則がわからない。つか、住所検索で見つからなくて、場所名検索で見つけたら、どう見ても私達が入力した通りの住所だったりな。(青筋)
なんとかしてよマドンナ! 君が頼りだマドンナ!
おだててなだめて、悪戦苦闘。もしかしてこれって、フランス妻体質なんでしょうか。>マミィさん


     IMG_4369

飛行機は、どれも30分以上出発が遅れましたが(……)、到着時刻はそれほど遅れず、無問題。
ところで米国内の空港では、不愉快な係官や警備員に出会うこと度々、なんですが。
行きの経由地トロントで、入国審査の列に並んだ時、整理してくれている女性係官の方が、
「こちらの列が空いているので、こちらに来てください、Thank you! 次の方はあちらに行ってください、Thank you!
なんてナイスなんだ、と身体が震えるほどの感激を覚えましたです。(ぶるぶる)

ほかにも旅行中、ほんとに感じの良い人ばかりに出会って、カナダの人素敵だー!とカンドーしまくり。
帰りのケベック空港でも、セキュリティーチェックからカウンターのれでぃまで、ちょっとしたトラブルがあったこちらを全く責めず、終始にこやかで丁寧に応対してくださって、とても嬉しゅうございました。

そしてシカゴ空港で米国入国審査の際、大変居丈高な係官に当たり(名前はピーター)、ビザのことで別室で待機する羽目に。
幸い、10分もしない内に確認がとれて解放されましたが、私達の後ろに座っていた人は3時間以上待ってるとおっしゃってて、胸が痛みましたです。


     IMG_4119

ケベック内のアレコレは、ほとんどフランス語表記。現地の皆さんが話すのも、フランス語が普通。
それでもパリと違ったところは、「アロー」と挨拶されて、こちらが「……ハロー」とおずおず返すと、ぱっと英語に切り換えてくれるところ。
特に接客業の方々は、まずほとんどがバイリンガル。かっこいー。(モノリンガルの憧れ)
一応「フランス語旅行会話」みたいな本も持って行ったのですが、一度もページを開かずじまい。
この旅行中に覚えたフランス語は、「Sortie(出口)」だけでした……(恥)


ではでは、周った各名所について、次回以降から不定期に。
めんどくさいから、タイトルそろえよう。
[PR]
by senrufan | 2011-08-28 09:02 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16198185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-08-30 11:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sivasiva21 at 2011-08-30 15:37
Miyuki様!
いよいよ始まりますね、ケベック旅行記!楽しみです♪
国境を越えるだけで珈琲の味も良くなるカナダ!人も然り。
私もカナダの入管では一度も嫌な思いをしたことはありません。
それに比べ…以下省略。
GPS使えませんでしたねぇ。我が家は私がナビ。
フランス語表記を英語読み・ローマ字読みする私はマドンナ並みの機能かも。
ケベック周辺やたら橋が多いので覚えたフランス語は"Pont"です。
Commented by マミィ at 2011-08-30 19:22 x
わーい、フランス語圏カナダ旅行記、私も楽しみどぇーす。

GPSにやられましたね。ええ、それは完璧にフランス妻体質ですね。突然火を噴かれてとばっちりを受けるようなことに至らず良かったですね(笑)うちのGPSダース・ヴェイダー(音声より命名)はいつも肝心な時にいきなり…寝ます(涙)
Commented by lizzyco at 2011-08-31 00:24 x
え!?不定期!?・・・・orz
(爆)(爆)(爆)ははは!かまいません、待ってます。
Commented by Miyuki at 2011-08-31 07:33 x
*非公開コメントさま
こちらこそ、本当にありがとうございました! もしかして、と思っていたので、願いが叶って嬉しかったです~vv
なんとなんと、$6,352.55ですか!? そーれは素晴らし過ぎる成果! 素敵なスタッフの皆様のがんばりのおかげですね~(じ~~ん)
震災から早半年が経とうとしている今、こういったイベントを開いてくださったことに、改めて感謝申し上げます。またぜひゆっくりお会いしましょうね!
Commented by Miyuki at 2011-08-31 07:40 x
*Yumiさん
はい、いよいよです。どきどきです。どうしよう(すでに不安)
わはは、コーヒーの味まで国境線が! でもカフェオレが美味しくて、人もナイスで、ほんとに楽しい旅行となりましたvv
特に入管。にこやかで丁寧で、仕事はきっちり。某空港のとあるオバサンを研修に行かせたい。
一応私がナビもやってみたんですが、ケベックの道路、道名表示が小さくて、何回もミスる羽目になったんですよ(涙) 私の場合、必要なのはナビだけでなく、双眼鏡だったのかもしれません。
Commented by Miyuki at 2011-08-31 07:43 x
*マミィさん
今回の旅行中、心の中で何度マミィさんの助けを呼んだことか(真顔)
やはりマドンナはフランス人だったのですな。英語で話してても、おフランス。ダースベーダーが怒ったら、「父の言うことが聞けんのか!」とか怒鳴られそうでイヤだな。
Commented by Miyuki at 2011-08-31 07:46 x
*lizzycoさん
だってほら、ご一緒したあの日記も書いてないし、先日のすばらしいお招きもぢまんしてないし(おい)、小ネタで書きたいこともあるし、なので、全ては私の胸先三寸。ふっふっふ。誰も喜ばない権力に酔ってます(爆)
Commented by まきりん♪ at 2011-08-31 13:48 x
カナダは西部と東部でいろいろな面で違いがあると感じます。メンタリティーも含めて。

「ほかにも旅行中、ほんとに感じの良い人ばかりに出会って、カナダの人素敵だー!とカンドーしまくり。」

それは良い体験をなさいましたね~確かにカナダ人は基本的には愛想がよい気がします。私はアメリカ人のむき出しな感じ、というか、親切さや邪悪さが分かりやすい感じが気に入っているのですけどね、住んでみたらまた違った感想になりそう(笑)
Commented by ばんず at 2011-08-31 17:04 x
ジャズカツ、Miyukiさんもいらっしゃっていたのですね~。三育のバザーが今年はチャリティだってことも知りませんでした。いつも情報ありがとうございます。 10月初めに、またまたチャリティでイベント計画中でございますので、詳細が決まったらまたご連絡いたします。宣伝お願いいたします~。

ところで、カナダの方って、そんなにナイスなお人柄なんですね。知らなかった。カナダって、バンクーバーしか行ったことがないので、旅行記とっても楽しみにしています。
Commented by Miyuki at 2011-09-01 10:07 x
*まきりんさん
そうですよね~。あれだけ広い国ですから、違いもダイナミックで興味深いですよね!
私はこちらで会うカナダの人も、良い人にしか会ってないので、良い意味での偏見があるのです(笑) なので、G8でのあまりの影の薄さに涙します。住んでみてわかること、いっぱいありますね!
Commented by Miyuki at 2011-09-01 10:09 x
*ばんずさん
ばんずさんもいらっしゃったのですか? だったらお会いしたかったです~(悔)
おおっ、また企画してくださいますか! それは素敵なニュースです! ぜひぜひお知らせくださいませ。

旅行記を書き始めて、いやはや、ただの写真の羅列だけじゃーん、と落ち込んでしまいました……なんでこうつまんないかなあ自分。(がっくし)
Commented by Chiblits at 2011-09-03 14:29 x
お友達が教会のメンバーなので切符を買ってくださったのに都合が悪くなって行けませんでした!! 後で串カツが凄く美味しかったというお話だけききました。 ジャズも好きなのに残念!! Miyukiさんにもお会いできたのにね!  三育のチャリティーバザー、ブログで紹介させてくださいね! もう直ぐですね。
Commented by Miyuki at 2011-09-04 02:39 x
*chiblitsさん
そうでしたかー! それはお会いできなくて残念でした。はい、カツがまず美味しくて、そんじょそこらの和食レストランはとても敵わないほど。ジャズもうっとりでしたよ~♪
三育バザー、ぜひご紹介くださいませ! 百人力どころか百万人力ですよ~vv


<< 北の優しい異国から(2) That day has come >>