手を伸ばしたのは壁の先

「人間はな。人生という砥石で、ごしごしこすられなくちゃ、光るようにはならないんだ」
   ----- 山本有三
       (日本人、作家・政治家、1887年7月27日生まれ)

* * * * *

【舞台】

     IMG_3824

ミュージカル「Billy Elliot」を観に行って来ました。
先日、「Cats」を鑑賞した際、劇場でポスターを目にして、あ、これは絶対行かないと!とお嬢と誓い合ったんですな。なんともささやかな誓いだな。

2005年、ロンドンはウェストエンドで初演を迎えたこちらのミュージカル、元々は同タイトルの映画(邦題は「リトル・ダンサー」)を舞台化したものであることは、ご存知の方も多いかと。
ロンドンでの大ヒットをひっさげて乗り込んだニューヨークでは、なんとトニー賞を10部門も受賞するという快挙を成し遂げたそうですよ。
そして2011年の今年、とうとうサンフランシスコまでやって来てくれたのでありました。




     IMG_3827

劇場内に入ると、ロビーに据えられた看板の前に人だかり。
書かれていたのは、ストーリーの時代背景の説明でした。
つまり、マーガレット・サッチャーが首相をつとめた1980年代、英国北部で起こった、大規模な炭鉱ストライキについて、なのですね。
主人公ビリーの父親と兄が炭鉱労働者であり、そのストライキの真っ最中にダンサーを目指す少年の物語であるので、それがわかってないと、ストーリーがぐっと浅くなってしまうので。
とりあえず、Wikiの説明(英語)はこちらです。

舞台は英国のCounty Durham、炭鉱夫達のストライキにより、毎日がぴりぴりと暗い日々。
母を亡くし、父と兄、そして祖母と暮らす、11歳の少年のエリオットは、父に強制されて習っているボクシングがどうしても好きになれず、鬱々と稽古に通ってます。
ところがある日、ボクシングと同じ建物内で行われていたバレエ教室の様子を目にして、どうしようもなく惹かれるものを感じた彼は、とうとう少女達に混じって、一人レッスンを受けることになるのです。
バレエ教師のMrs. Wilkinsonは、ビリーの才能を見抜き、ロイヤルバレエ学校のオーディションを受けるように薦めます。
ところが、バレエのことを知った父親は激怒。バレエなど、女のやることだ、と大反対。
果たしてビリーは、ダンサーの夢を叶えることができるのか?

とまあ、こんな感じでどうでしょう。(誰に聞いてる)
ディレクターのスティーヴン・ダルドリーは、映画「リトル・ダンサー」の監督でもあります。そして音楽は、サー・エルトン・ジョン


IMG_3826

さて感想は、というと。
いやもう、相変わらず、じゃないな、いつも以上に英語がわからねえええええ!(絶叫)
イギリス英語は日本人にはわかりやすいと言われているようですが、カリフォルニア訛りやスパニッシュ・チャイニーズ・ヒンドゥ訛り(…)から英語に入った身にとっては、くっそおおお、と地団駄踏みたくなるぐらい。(オマエだけだ)
英語ネイティブなお嬢達から、ブリティッシュ・アクセントは憧れだ、と言われたところで知るもんか。
加えてこちらの舞台、更に地方&労働者階級訛りが入っている(らしい)ので、手も足も腹も出なかった箇所が幾つも。幾つも。

何とかかんとかわかったところを、想像力で繋ぎながらの鑑賞でしたが(しくしく)、期待通りに楽しい舞台でございましたよ。
舞台セットも豪華だし、照明も凝っていて。ステージの上下左右を、切り換えたり組み合わせたりの細かい工夫により、臨場感溢れる仕上がりになっていました。

そして、ダンスの迫力ったら。バレエあり、タップあり、パ・ド・ドゥから空中フライングまでやっちゃうよ。
脇役・端役も素晴らしく、炭鉱夫達の切なさ・苦しさ・諦観もしっかり表現されていて、最後は場内総立ちの拍手で終わりましたとも。


サンフランシスコでの「Billy Elliot」、主役のビリー役には、なんと5人の子役が控えてます。
その日が誰になるのか、それは行ってみてのお楽しみなんですが、私達が会えたのは、15歳のオーストラリア人、Daniel Russell君。
幼い頃からタップ、バレエ、ジャズ、モダンを習ってきたという彼のダンスや歌は、大人に比べたら拙さはありましたが(当然)、至極真っ直ぐで一生懸命・基本に忠実な踊りで、とても良かったです。
お嬢によれば彼の話す言葉は、「英国発音にしようと頑張ってるけど、ちょっとコックニーっぽいオージー(豪州)イングリッシュ」だったそうですが、そうか、オーストラリアって英国の罪人の流刑地だったから、コックニーが元になってるのかもなあ、なんて思ったり。

お嬢と私の一番の贔屓は、ビリーのおばあちゃんと、ゲイの友達のMichael。
おばあちゃんの情熱(?)溢れるダンス、そして、マイケルのボーイソプラノの愛らしさ。
おばあちゃんの中指立てと、マイケルのスカートやチュチュ姿に、場内は大いに沸きましたぞ。

そしてバレエの先生、Mrs. Wilkinson。
Faith Prince演じる彼女の、ぶっきらぼうな振舞いの影に、あれだけの情熱と愛情が隠れていようとは。
ビリーの父親とのやりとりには、思わず涙がにじみます。

ビリーのお兄さんのTonyも良かったなあ。
若さゆえの悔しさを目一杯表現してて、でも、最後にはビリーへの愛しさを。
お父さんやお兄さんを中心として、炭鉱夫ゆえの悲哀がしっかり描かれていて、最後の敗北の辺りでは、こちらまで溢れた涙と痛み。


ビリーがバレエにのめりこんでいく過程と、ストが収拾に追い込まれていく過程、そしてビリーがダンサーになれるかどうかの試練の道のりが、全て繋がって広がって、クライマックスに向かって進んでいきます。
それは、不当に搾取される労働者の悲しみであり、生まれを選べなかった者の悔しさであり。
生まれた時から決められたもの以外の選択肢はないのか、という、英国の階級社会の歪みと葛藤と理不尽さの全てが、オーディションの時のビリーに集中したような。

「踊ってる時、どんな気持ちだい?」と試験官に聞かれて、彼は歌とダンスで答えます。
「Electricity sparks inside of me and I'm free, I'm free!」

育ちが違う、生まれが違うということが、これほどまでに重い事実。
それが、この世界のどれほどの場所で、当然とされていることか。

マイケルの見送りを受けて旅立つビリーに、どんな未来が待っているかはわかりませんが。
夢を夢として見ることの幸せが、それがゆえに背負い込む苦しさをも凌駕してくれることを、心から願ってしまうのです。


最後に、2008年と古いのですが、よろしければ予告編の動画をお楽しみくださいませ。

Billy Elliot the musical trailer




BILLY ELLIOT
June 27, 2011 - August 21, 2011
Orpheum Theatre
1192 Market Street
San Francisco, CA 94102

*-*-*-*-*-*-*-*-*

今回の素朴なギモン。
監督の名前、Stephenなのに、なんでスティーヴンなの。
SFでの公演、最初は9月17日までだったのに、なんで今はHPで8月21日までになってるの。
[PR]
by senrufan | 2011-07-27 10:53 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/16023755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2011-07-29 18:48
Miyukiさん、お久しぶりです。
本当にご無沙汰してしまって。
忙しいのとPCの調子が悪いのとで、PCを開かない日々でした。
悶々とすることがあって、Miyukiさんのブログをいっき読み!で
かなり元気が出ました。

映画でしか見ていないのですが、ミュージカルはまた格別でしょうね!
あぁ、行きたいです。前日のマクドナルドの記事も、サンフランシスコはハッピーミール禁止条例ですか!大賛成。日本はこれでやられてますもの・・・。まぁ、我が家の娘は鬼母が断固として連れて行かないので、いちおう逃れて増すけれど。クラスでは1人みたいです。
また、時間を見つけて遊びに来ますね。たいしたコメントできなくて、
ごめんなさい。
Commented by こっぺ at 2011-07-29 22:33 x
ビリーエリオット、なつかしい!ずいぶん前にDVD買って見ました。そうそう、英語が全然聞き取れなくて字幕で。お父さんが良い味出してたのを思い出しました。また見ようかな。ミュージカルも面白そうですね。
Commented by きのこ at 2011-07-30 02:09 x
Miyukiさん、はじめまして。
あるきっかけで(そのお話はまた後日)半年前からこちらのHPのファンとなり、毎日開いては新しいTopicと少しずつ遡って以前のTopicを読んでいます。
さて、Billy Elliotは私の大好きな映画の一つです。初めて見たのはいとこに会うためのロンドン行きのブリティッシュエアウェイズの機内映画。ビリーとその家族の気持ちになりきって一喜一憂し、機内で1人でクスクス笑ったりボロボロ泣いたり(不審者?)。夢を諦めないことって大切ですよね。(そして未だにドリーム少女じゃなくドリームおばさん)
ミュージカル版Billy Elliotも見たいなぁ。
ところで私もStephenはどうしてスティーブと呼んでSteveと書かないのかしらと疑問に思いました。あの現代ホラー作家のStephen King(スティーブ・キング)を含めて。ブリタニカ百科事典(Encyclopedia Britannica)やウェブスター(Merriam-Webster)によれば、スティーブは英国発音で昔英国にStephenという名前の王さまがいたんだそうです。
Stephenもそうだけど、英国英語の綴りって引っ掛け問題みたいですね。centreとか、neighbourとか。
また、お邪魔します。
Commented by Miyuki at 2011-07-30 10:24 x
*ちゃんさま
きゃーっ、お久しぶりですーー!!
お声が聞けて嬉しい、嬉しいですわあ~~~(感涙)

実は私、映画は見てないのですよ。なので、これを機会に見てみたいなあと思っているところなのです。
日本のハッピーミール、内容はこちらと同じなんでしたっけ?
やっぱり浸透しますよねえ、ファストフード。特に出先では便利ですしね。
そんな中、ブレないちゃんさまが素敵ですvv
お時間のある時に、またどうぞいらしてくださいませ!ありがとうございました~(愛)
Commented by Miyuki at 2011-07-30 10:27 x
*こっぺさん
こっぺさんも映画をご覧になっていらっしゃるのですね~。ううう、やっぱり見たいなあ。字幕目当てなのは否めませんが(笑)
舞台でも、お父さんは良い味出してました♪ オーディションのシーンの振舞いが面白かったですよね。といいつつ、なんか悲哀を感じてほろりともしてしまったんですけど、えへ。
Commented by Miyuki at 2011-07-30 10:35 x
*きのこさん
初めまして~! コメントありがとうございますvv
うわわ、過去日記は現日記以上に恥さらしモノですみません~。
おお、ロンドン行きの飛行機の中とは! この上ないシチュエーションでも鑑賞だったのですね♪
私も機内映画では、いつも一人で泣いたり笑ったりと、あとで赤面することもしばしばです(笑) そう、夢はいくつになっても持っていたいもの。(うっとり)(すでに白昼夢)
えーっ、スティーブン・キングはStephenなのですか! 翻訳本しか呼んでなくて、全然気づきませんでした。なるほどなるほど、貴重なお話をありがとうございます! 英国風なら仕方がない、許してやるか。(何様だ)
そうそう、米国・英国、違うんですよね、はっきりと。アメリカ人の友人が、「別にどちらでも通じるけど、”違う”」と言ったことがありました。や、私にとってはどちらも”わからない”で同じなんですけど……(うつむく)
またいらしてくださいね~vv
Commented by まきりん♪ at 2011-07-30 23:09 x
お久しぶりです~
そして、今回のトピはバレエを取り上げた映画の舞台化したものをご覧になったと知って、興味津々で拝見しました。映画を見て清清しい感動を覚えていたので、Miyukiさんの舞台のご感想を興味深く拝見しました。踊りって体内に火花が散るような感じ、十代の頃に私もそう体感したので、Billyの言葉に今更ながら共感しました。
Commented by Miyuki at 2011-07-31 13:33 x
*まきりんさん
まきさんもやはりご覧になっていたのですね! 火花が散るような、これって踊りを知れば知るほどに体験していく感覚なのでしょうか。素敵です~vv あー、私も絶対映画見る! 見ます!(宣言)
Commented by マミィ at 2011-08-01 14:40 x
ミュージカル版、いいなぁ、観てみたいなー。
映画の方は大好きで、自分の好きな映画ベスト10に入っております。何度か観ていますがそのたびに泣けます。ラスト・シーンは感動で鳥肌ものです。あとBGMにTレックスというのが素晴らしい!是非観てみてくださいねー。ああ、また観たくなって来た。DVDやっぱり買おうかな…。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2011-08-02 03:18
うわわわ、8月21日までに変更になったのですか?あぶないあぶない。。このブログを拝見して、Trailerを見て、やはりこれは行かなければと決心しました。ありがとうございます。そうそう、そういうストーリーでしたね。私はおそらく、まーったく英語は理解できないので、あらすじを拝見できてよかったです。「リトルダンサー」ももう一度みたいなあ。アダムクーパー♪
Commented by Miyuki at 2011-08-02 10:31 x
*マミィさん
マミィさんもお好きな映画だったんですか。こりゃあ、ますます見なきゃいけませんな! 図書館で借りようと思ってたのですけど、いっそAmazonでぽちっとしちゃおうかなあ。どれにせよ、はい、絶対見ます! 皆さんのお薦め、見逃しませんとも。
Commented by Miyuki at 2011-08-02 10:32 x
*shinaさん
公演期間、短縮されたんでしょうかねえ。良くわかりませんが、とりあえず急ぐに越したことはなさそうです。会場は大入り満員だったので、人気がなくて打ち切りということはないと思うんですが。私もDVD見てみますね! もし買ったら、なんならそちらに回しますよ~♪
Commented by ゆか at 2011-08-03 02:44 x
映画良かったよー。泣けた。
これ、うちの子供でも大丈夫かな?PG指定?
Commented by Miyuki at 2011-08-03 04:48 x
*ゆかさん
ゆかさんもそうかあ。これはやっぱり買いだな、買い。
チケットサイトによれば、8歳以上の子供にお薦めだそうだから、お嬢ちゃまも大丈夫よ。物語のすごく深いところまではわからなくても、ダンスやビリーの葛藤とか、楽しんでもらえるんじゃないかな♪


<< 融和を図る才覚を 手を加えるラインをどこに引く >>