人気ブログランキング |

手を加えるラインをどこに引く

「飢餓線上の貧困者は生き甲斐のある生活をおくる。衣食住を求める闘争に従事することは、無用の感覚から自由になることでもある」
   ----- エリック・ホッファー
        (アメリカ人、哲学者、1902年7月25日生まれ)


McDonald’s® Announces Commitments to Offer Improved Nutrition Choices

本日、マクドナルドから発表されたニュースです。

Happy mealこと、子供向けのセットにフルーツを加え、フライドポテトの量を半分にして、カロリーと脂肪分を減らす、という内容。
もしくはポテトをやめて、フルーツを倍にしてもらうこともリクエストできるそう。
それ以外にも、カロリー・塩分・砂糖・飽和脂肪酸を減らしたメニューの提供を、2020年までに順次行っていく、とのこと。但し、具体的な計画については言及せず。

米国の健康志向の人々が最も槍玉に上げるのがマクドナルドですが、中でも子供向けメニューについては、将来的な刷り込みの意味からも、悪名が高いのです。
昨年はサンフランシスコにおいて、キッズミールのおもちゃのおまけを禁止する条例が出されるなど、じわじわと包囲網が築かれつつあるような。

それを感じたのか、ミッシェル・オバマ夫人の食生活改善キャンペーン(Let's Move!)に対して、当初は気の乗らない様子を見せていたマクドナルドが、このような発表をしたことは、将来的な保証はなくとも、とりあえずの一歩を踏み出した感がありますな。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3587

アイスクリームメーカーを買うまで、お気に入りだったアイス屋は、フローズンヨーグルトのあちらこちら、そして、ファーマーズマーケットのシャーベット屋さん。
特にシャーベットのScreamは、初めて行った頃より随分とフレーバーも増えて、今ではバークレーとオークランドにお店もできたのだ。
先日の暑い暑い日の午後、そのオークランド店の方に、るんさんSarahさんに連れて行ってもらったよ。




     IMG_3585

お店を見ながら、これがファーマーズマーケットの売上で得た城……と、大きなお世話的感慨。
暑い日だけあって、お客さんの列が途切れることなく、次々と。
フロアの真ん中にあるフリーザーケースには、容器に入ったシャーベットが入れられていて、これを買って帰ることもできるんだね。
そして私達のように、その場で食べていきたい人は、列に並んで、お店の人にカップに入れてもらうのだ。


IMG_3584

全員2スクープずつ、全部違う種類で頼んだよ。
アプリコット、コーヒー&アーモンド、レモン&ミント、ストロベリー&ルバーブ、ヘーゼルナッツ&チョコレート、あとはピーチだったっけ。
店内は席数が少しだけなので、外に出て食べよう。
なんか、アイロン台のテーブルと椅子が幾つか出てるよ。

うん、どれも美味しい、さっぱりと美味しい。
フルーツはどれも良い素材を使ってるのがわかるし、ナッツのコクも良い。
ミントは、オイルやドライじゃない、新鮮ミントを使ってるよねこれ。
コーヒーも、自然なほろ苦さで旨いぞー。乳製品じゃなくてナッツだから、口も喉もすっきりだ。


IMG_3586

以前にファーマーズマーケットで聞いた時、砂糖もオーガニックのCane sugarを使ってる、と答えてもらったの。
オーガニックのフルーツと砂糖と水、だけ。良い素材を選べば、シンプルであればあるほど、余計に美味しさが際立つね。

それだけに、お値段もどうしても高めになってしまうんだが。この小さな1スクープ、普通のアイスクリームショップの半スクープほどで、$3だもんね。
物知りCocoさんによると、なんでも特別な機械を使ってるそうで、それがまた値段に反映されてしまうらしい。
でも確かに、自家製のアイスクリーマーとはさすがに違うもん。密度が高いのに、口溶けが良いのだ。

それでも、家で食べる用のシャーベットであれば、アイスクリーマーのおかげで、オーガニックフルーツを使って、自分達に合った甘さで作れるようになったから。
それに慣れてしまうと、ここのシャーベットでさえ、甘さが強過ぎるように感じてしまうので。
これから買うなら、コーヒーやピスタッチオなど、自分で作るにはちょっと手間がかかるものを選んで頼んでいきたいなあ。


蛇足ですが、アイロン台のテーブルがおしゃれ~と思ったら、Screamのではなくて、2軒隣り(だったかな)のBakesale Bettyのものでした。なーんだ。
人気店のこちら、ランチ時にはすごい行列でしたぞ。



Scream Sorbet
5030 Telegraph Avenue
Oakland, CA 94609
by senrufan | 2011-07-25 12:15


<< 手を伸ばしたのは壁の先 せめて差し出す手の数を >>