転んだ数に1足せば

「芸術におけるすべての回答は、偉大なる自然の中にすべて出ています。ただ私たちは、その偉大な教科書を、紐解いていくだけなのです」
   ----- アントニオ・ガウディ
        (スペイン人、建築家、1852年6月25日生まれ)


ゆみたちさん&みかさんと、全員大好きベーカリー・Tartineに行きました。
そしたら、壁にキャンパスバッグが架けられてまして。
アイボリー無地で、マチがしっかりあって、Tartineのロゴが大きくステンシルされているだけの、ごくシンプルなトートバッグなのですけど、それが私の好み・ド真ん中。
これにTartineのカントリーブレッドを入れたらぴったり、というような。

「えー、欲しい欲しい、幾らだったら買う?」
「そうだなあ、$20台だったら買うかも」
「うん、$30はきついよね、$24.99あたりだったらいいなー」

そんな会話を交わして、キャッシャーのお姉さんに値段を聞いたら、

「あ、あれ、素敵でしょう? $40よ



クロワッサン1個だけ、買いました。(背後に木枯らし)

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_3376

SFアフタヌーンティーツアーは、それだけに留まらず。
みかさんがチェックしていたベーカリーにも寄ってみた。
ウィンドウに飾ってある、ゴールデンゲートブリッジやケーブルカーの絵がついたハードブレッド、可愛いのだ。




IMG_3382

中に入れば、ショーケースにずらりと並んだケーキに歓声。
またアメリカーンなケーキ@激甘か、という警戒心が起こらないわけでもなかったのだけど、うん、なんかここ、良い気がする。なんとなく、そんな気がする。

特に皆が目をつけたのが、Caramel Napoleon
ナポレオンだよ、ミルフィーユじゃないんだよ。名前からして期待できそうじゃないか。

しかしまだ10時過ぎのこの時間、アフタヌーンティーのお店に行く前で、クーラーボックスがない身では、ケーキの持ち帰りはちと辛いかも。
なので、次回にまた来よう、というプランの元、それぞれ別なお菓子類を買ったよ。


     IMG_3416

私が買ったのは、Sweet Bread PuddingSavory Bread PuddingEpiMini Cream Puff
ミニシュークリームは、3個で$2.50という可愛らしさ。

エピとブレッドプティングはまあまあ、といったところだったけど、シュークリームが美味しくてね。
底についてるチョコレートは確かに甘いんだが、中のクリームが甘さ控えめで、ほんのり塩味がするぐらい。
それが外のチョコレートの甘さを和らげて、外側のさっくりシュー皮と一緒に楽しめるの。

クリームが美味しいということは、あのナポレオンはますますトライしなくては。
次回はクーラーボックス必須で臨むべし、と肝に銘じたよ。こおゆうことには、プチアルツ健忘症が起こらない自分が愛しいさ。(ふっ…)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_3377

そして2回目、3人でフェリービルディングで買い物してから、向かったよ。
入店してショーケースを見たら、おお、あったあった、ナポレオン。
ランチもここで食べていこうと、サンドイッチを注文すると同時に、持ち帰りでケーキをオーダーだ。


IMG_3535

お店の裏手が木陰のテーブルエリアになっていて、涼しくて気持ちの良い場所。
時間がなくて、サンドイッチも持ち帰りになってしまったけれど、チーズがかかったバゲット&グリル夏野菜サンド、なかなか美味しくて満足。

そして家に帰ってから、お嬢に「ナポレオンだぞー♪」と意気揚々と箱を渡したら。
いそいそと開けた彼女が、
「えーと、どう見てもチョコレートタルト……」
とゆうではないか。

ひええええ、ほんとにタルトが入ってるーーっっ!!

楽しみにしていたナポレオンだったのに、ママが確認すべきだったよね、ごめんねごめんね。
ちなみにタルトはキャラメル入りで(だから間違えられたのだな…)、その部分は鼻血が出るかというぐらい甘かったけれど、クラストはさっくりと上品で美味しかったし、クリームも滑らか。
自分を恨んで、ケーキを恨まず。

くっそおおお、絶対リベンジ!
来週サンフランシスコに2人で行く予定があるから、その時に寄るぞ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_3381

そして訪れたよ、3回目。
その後の予定を考えて、10時半前に着いたよ。

……まだナポレオンは出来上がってなかったよ……

だがその時、厨房でシェフが作ってるのは、間違いなくナポレオンだった。
パイ生地を丁寧に切り分けて、キャラメルクリームを塗っていたので、
「いけいけーっ、そのまま完成させてくれーっ! そしたら買って帰るからーっ!」
と小声で声援を送っていたのだが。

クリームを塗り終わったところで、一旦冷蔵庫に仕舞って、シェフはどこかに行ってしまったよ。
シェーフ、カンバーック!
という私の心の叫び、彼には届かず消滅したのであった……(討死)


しかし、この時お店で食べたGrasshopperコーヒーエクレア、どちらも美味しゅうございました。
グラスホッパーは、中にミントクリームが入ったチョコレートケーキなんだけど、これもやっぱりクリームがなかなか。
コーヒーエクレアは、あのミニシュークリームが大きくなったみたいで、同様に甘さ控えめクリームに至極満足。
うん、こちらのシェフ、やっぱり良い腕をしてらっしゃる。さすが、みかさんがチェックしたお店だけあるなあ。

あとで知ったことでは、こちらのシェフのMichel Suas氏はフランス生まれで、アメリカに来たのは25年前のこと。
San Francisco Baking Instituteという調理学校や、TMB Bakingという調理器具の会社を設立し、こちらのお店は2006年オープン。
レシピ本も出されてるのだね。


お嬢も気に入った、こちらのケーキ、どうやら4回目の訪問がありそうな。
みかさんが撮ってくれたケーキの写真を眺めながら、リベンジの炎を絶やさぬようにせねば。

みかさんがすでに書いてくれているフェリービルディング訪問記は、また後日。


Thorough Bread and Pastry
248 Church Street
San Francisco, CA 94114


(7/9追記:4回目にしてとうとうゲット致しました。感動。こんなことで)
[PR]
by senrufan | 2011-06-25 10:53 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/15832868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ばんず at 2011-06-27 12:40 x
SFツアー、楽しそうですね~♪ デリカのたこやきやさん、私もいつか行ってみたいと狙っております(笑) 
キャラメルナポレオンのお姿、mikaさんのところで拝見いたしました。買ったものと違うものが入ってる・・・あるある~!(笑)4回目リベンジが楽しみですね♪

Tartine Bakeryのバッグ、他の方のブログで拝見して気になっておりました。$40か・・・・(私のバックにも木枯らしが)
Commented by Miyuki at 2011-06-28 11:09 x
*ばんずさん
はい、楽しかったですー! たこ焼き屋さん、アメリカンだとわかって買う分には十分美味しゅうございました(笑)
ばんずさんもご経験アリですか~。いやいや、慣れてきたとはいえ、やはりヘコむもんですねえ。でもまだめげない自分をほめてやりたいと思います(殴)

ひゅ~るる~~~~……有名デザイナーさんとのコラボだけありますよね……
Commented by 初音 at 2011-06-28 14:51 x
こんにちは~♪
隅から隅まで美味しそう~~~~!!!
いけないわ~今、やけ食いしそうな私ですぅ~^^;
でも、可愛く美味しそうだわ~バックが木枯らし吹くの?私は買いに
行けないわねぇ~?!行く気マンマン(^◇^)
Commented by kikoro at 2011-06-29 02:49 x
あ~、なんかどこも行って見たい場所ばかり!
ぜひ、SFベーカリーめぐりをご一緒したいです~。
Commented by Miyuki at 2011-06-29 10:21 x
*初音さん
やけ食いしたい気持ち、わかります~。私も煮詰まった時には割り切ってががーっ!と(涙)
お嬢さまのPCからでしょうか? くうぅ、もー色々言いたいこといっぱいで、日本にいたらそちらに押しかけてしまいそうなぐらいなんですが……またこうやってお声を聞かせてくださいね~!
Commented by Miyuki at 2011-06-29 10:22 x
*kikoroさん
うんうん、私も一緒に行きたい、行きたいです!
お休みがとれる時に、ツアーしましょう~~。


<< 背後の光を求めずに 今も昔も、型があり >>