私の中の、貴女の形

「私に言わせれば、過去についてつべこべ語るのは時間の無駄である。私は毎朝『まだ私は生きている……奇跡だ』と言いながら目覚める。そして前進し続ける」
   ----- ジャック・クストー
       (フランス人、探検家、1910年6月11日生まれ)


震災から、3ヶ月がたちました。
3ヶ月目に合わせて、各地で原発反対デモが行われましたね。
日本にいられない私は、今月分の寄付を無事に済ませましたです。

ベイエリアでも様々なチャリティーイベントが行われ、集まったお金の総額はめざましいものですし、それに携わった皆様の努力と好意の大きさに、改めて圧倒される思いです。
本日のイベントをもちまして、しばらくTOPに据えていた震災情報関連リンクの記事を、下げることと致します。

何か私でもお知らせできることがあれば、通常日記と共に、これからも記載させていただきますので、よろしくお願い致します。

* * * * *

【料理】

     IMG_3303

すでにあの方のブログでご紹介いただいているので、今更感がないわけでもないのだが。
ある程度記録しておかないと、何をどう作ったんだか、すぐにすっぽ抜けてしまう、この鳥頭。

ayuminさん宅に、愛らしさ極まるそぶ子姫が誕生してから、いつかchiblitsさんにも会わせたい、という言葉をうかがっていて。
だったら、お2人の中間地点に位置する我が家でどうでしょ、なんて口にしたのは、確か1月ぐらい?
それが、こんなに実現が遅くなってしまって、しかもすでにご対面もすませてしまわれた後なのだけど(……)、”約束”というものを大変重視するワタクシとしては、実現させなきゃ気が済まぬ。

なんつって、それより何より、やっぱりお会いできると嬉しいので。ええ、私が。(強調)
ちょーお料理上手のお二方をお招きして、菜食ランチのおもてなし、などという、大胆不敵なプランを立ててしまったのだな。

「おもてなし料理強化月間」の5月、第1弾第2弾ときて、ラストを飾る第3弾。
chiblitsさんのご家庭では、あまり和食は召し上がらないのでは、と思ったので、あっさり和食に決めたのはいいとして。
具体的にはずっと作ってみたかった、野菜のお寿司に挑戦したんだな。
そして玉砕云々、以下同文……(もう涙も枯れ果てた)




     IMG_3298

chiblitsさんが、お庭の素敵な花束を持ってきてくださって。この小さな可愛らしいお花は何かと思いきや、なんと香菜なんですと。
食べるのは苦手なコリアンダーだけど、花にはすっかり惚れちゃった。
自分で食べる分の野菜を、自分で育てる。最近ますます憧れる生活です。


IMG_3296

ayuminさんはいつものごとく、輝くお花=そぶ子ちゃんをご持参であるけれど、セロリの白和えも持ってきてくださったの。
私が以前ご馳走になってすごく気に入って、自分でも作ってみてしまったという一品。(歓喜)

実は私、子供の頃から香りの強い野菜が特に苦手で、三つ葉や春菊、セロリを好んで食べるようになったのは、大人になってから、なんだよね。(そして最後に残っているのが香菜……)
それが、こんなに好きになるなんてなあ、としみじみ思わせてくれたのが、こちらの白和えでございます。うまうまーっ。


IMG_3300

そしていよいよ、お恥ずかしい限りの手料理を……いやあ、予想はしてたけど、やっぱり玄米って、まとめるのが難しいっすね……(と言い訳)
今回、大いに参考にさせてもらったのが、カフェエイトの和食レシピ。あのカフェが和食に傾くとは、と嬉しい驚きだったなあ。

酢飯はいつも通り、月森紀子さんのレシピで、すりおろしりんごと梅酢で和えて。
そして、まとまりにくさをカバーしたくて、型を使う押し寿司を2種類用意した。

1つが、あぶりテンペの押し寿司。甘辛味付けで、ちょっとアナゴ風。
しばらくつけ地に漬けてから焼いたテンペに、照り焼きだれを絡めたものと、玄米酢飯を型に入れて。間には海苔を挟んでね。
最後に上から、ぱらぱらと粉山椒。

もう1つは、カノウユミコさんのレシピを参考に、大根の押し寿司を。
塩麹に一晩漬けた薄切り大根を具に、ご飯の間にはおぼろ昆布を。
上にのせたのは、桜の花の塩漬け。


IMG_3302

やっぱり握りと軍艦も作らなきゃな、と、ヒソーな覚悟で3種類。
おにぎりもいまだにヘタクソな私に、握りなんて無茶もいいとこだったんだ……(思い出し泣き)

赤のベルペッパーをグリルして、皮を剥いてから、お酢で拭いた昆布で挟んで、一晩昆布でしめた、パプリカの昆布じめにぎり
やはりグリルして、一晩塩麹に漬けておいたエリンギを使って、塩エリンギのにぎり
塩麹豆腐と紫蘇を叩いて、ご飯の上にちょこんとのせた、塩麹豆腐の軍艦巻き

塩麹のまろやかな塩味に惚れ込んでしまっているので、今回もいっぱい活躍してもらったよ。
そしてあとで、わさびをすっかり忘れてた自分に蹴り百発。申し訳ありませんでしたーーっ!>お二方


IMG_3308

あとはちょこちょこ、小料理を。
生アスパラの胡麻和えは、旬のアスパラを生のままスライスして、レモンを効かせた味付けに。


IMG_3311

ルッコラ茶碗蒸仕立ては、ルッコラを細かくして、豆乳と葛粉を煮たものと合わせた蒸し物。
上に飾ったのは、ミントと生姜。
ルッコラといえばchiblitsさんを思い出す、私一人が嬉しい記念の一品。


IMG_3307

こんにゃくの八丁味噌煮は、出汁やお酒、みりんと八丁味噌でことことと。
色が濃いわりに、意外と塩味は強くない。


IMG_3310

レシピでは大豆のつみれとなっているところ、せっかくだから旬の空豆とグリーンピースで作った、つみれ汁風
茹でた豆を潰して、玄米粉や生姜などを混ぜて団子状にした後、さっと素揚げするまでが、下ごしらえ。
昆布出汁と醤油、みりんなどで吸い口を作り、熱湯をかけて油抜きしたつみれ、軽く火を通したさとうざやを椀に入れて、吸い口を注いでから、おぼろ昆布をのせたもの。
おぼろ昆布のおかげで、つみれが見えないのがポイントです。(悔)


IMG_3315

お粗末なコースが終わった後には、満を持してのchiblitsさんのデザートを。終わり良ければ全て良し。(強引)
フレッシュいちごのチョコレートがけは、いつでも大歓迎のデザート。一粒がとても大きくて、更にごちそう感アップ。
アーモンド入りのチョコを使ってくださったので、ナッツのかりかり食感も加わって、大喜びでいただいた。

それにしても、ゆったりとしたおしゃべりの楽しかったことったら。
そぶ子ちゃんとchiblitsさんのお孫さんの話、ブログの話、食生活のあれこれと、話題は尽きることなく。
終始にこにこと良い子でいてくれた、そぶ子ちゃんにもありがとう。

chiblitsさん&ayuminさん、来て下さって、本当にありがとうございました!
今度は麗しのVivianさん(うふふ)をお誘いして、おそとランチでご一緒できたら嬉しいです。
そして我が家で、ロースイーツ作りもいたしましょうね。

 chiblitsさんが書いてくださった記事:Miyukiさんのベジ寿司

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     IMG_3333

お料理上手の皆さんばかりをお招きした無謀な試みは、これにて終了。
考えてみたらayuminさんには、2度も犠牲になっていただいたのだな。(ああああ)(ごめんなさいいいい)

皆さんの優しさに甘えて、色々と作って遊ばせてもらったけど。
家族以外の誰かの為に、その人のことを考えながら料理するというのは、緊張しながらもやはり楽しいもので。
自分の中でふつふつと形になってきたのが、なんつーか小料理屋の女将さん願望、としか言いようが。

1回に1人か2人限定で、その人の体調や好みに合わせた献立を考えて、それを出しながら、ゆっくりその人の話を聞く、というのができたらなー。
その為には、料理は勿論だけど、自分がもっと大きな人にならなきゃできないわけで。今のまま、聞き下手の話し下手では、どうしようもないわけで。(しくしく)

それと同時になんていうかな、そおゆうのって、その人との「思い出」をきちんと自分の中に残せてないとできないこと、だよね。
会って楽しい、ブログを読み合って嬉しい。それは良いのだけど、せっかく聞いたこと・読んだ思いを自分の中に残せてなければ、勿体無くも申し訳なく。
同じことを2度聞くとか、教わったことを覚えてないとか、いくら加齢が加速しているといっても、限度があるってもんだろう自分。
人への信頼感って、そういうところでも作られていくものだと思うので。

人が人を、だけじゃなく、食べ物にも人を癒す力があるのだから。
両方併せて提供できるようになって、お世話になった分を少しでも返せたらいいのに、なんて思うんだけど、なー。
[PR]
by senrufan | 2011-06-11 07:14 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/15749104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ばんず at 2011-06-13 09:18 x
chiblistsさんのところですでに拝見しておりましたが・・・尊敬のまなざしで、記事を拝読させていただきました。ベジなおもてなし料理って、手がかかっていてまさに御馳走ですね。
単に肉を焼くとかと違って、どれも手がかかっているお料理ばかり。寿司飯の作り方もびっくりでしたが、お寿司の下ごしらえも、昆布で〆たり、塩麹を使ったりと、お迎えする前からゲストに対するおもてなしの心が感じられます。
そんなMiyukiさんのおもてなしを受けられた3組のゲストはどなたも幸せな方です~。(chiblistsさんのデザートもおいしそう)
小料理屋さん、いいですね~。お料理だけじゃなく、Miyukiさんとのお話しも楽しそう。是非、実現してくださいませ~。
Commented by 初音 at 2011-06-13 13:44 x
こんにちは~♪
Miyukiさんのベジ料理には、いつも感服してる私ですが、
お寿司はほんと!手がこんでますね~私も作り方、下ごしらえを見てビックリでした☆
小料理屋さんの案!大賛成で~す!!
私、アメリカへすっとんで行くわぁ~~~断られたりして^^;
最後の文章10行くらいに、「私もちゃんとせねば!!」と思いました。。。
なにせいい加減な私!本当にMiyukiさんの言う通りよねぇ~うん。
Commented by Chiblits at 2011-06-13 15:09 x
ばんずさんが仰るとおり、ゲストは幸せでした! 実は今夜アメリカ人のディナーに招待されて今帰ってきたところなのですが、お腹が変なのです。みゆきさんのお料理とは全然違って今体が疲れきった感じなのです。 兎に角!お野菜料理が殆どない、1品だけでした。果物は沢山ありましたが。  私はMiyukiさんのお客様にならなくてもいいのでお料理のお手伝いに行きたいくらいですよ。 
家族以外の人の為に作るお料理は自分のお勉強にもなりますよね。
Commented by マミィ at 2011-06-13 16:38 x
どのお料理も手が込んでいてお友達への愛情たっぷり、素晴らしいですねぇ。chiblitsさんのブログにもお邪魔しましたが、ほんと、プロ並みです。素敵な夢が実現しますように!
最近手抜き料理ばかりなので反省しましたー。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2011-06-14 04:19
第3弾まで、目にもお味の想像にも楽しく読ませていただきました。参考にしたいメニューやアイディア満載。個人的には、パプリカの昆布〆、塩エリンギ(これ、塩に漬けただけですか?)、大好きなこんにゃくに大好きな八丁味噌、旬の青豆のつみれ汁(玄米粉って使ったことがありません)にぐぐっときております。いつかベイエリアで、予約の取れないレストラン「マクロビ小料理屋Miyuki」がオープンするのを心待ちにしております。

心から反省したのは。私はとっても記憶力が悪いので、一度お聞きしたことや拝読したブログのことを覚えてないことがよくあって。(お酒が入ると期待値ゼロ。最低です。)人への信頼感、本当にそうですよね。。。心底反省。精進します。
Commented by Miyuki at 2011-06-14 10:15 x
*ばんずさん
ううう、温かいお言葉をありがとうございます~~。
いえいえ、実はそれほど手はかかってないのでございますよ。調味料もごく少数ですし、かかった時間で一番長いのは、塩麹に漬けていた時間だけで(笑) でも、そうやって大切なお客様の為にかける時間は、作る側にも嬉しいもの、なんですよね! ほんとに、幸せをいただいているのは私の方でございます。
小料理屋、はい、私が一回り大きな人間になれたら、ぜひ実現させたいと思いますので、その際はよろしくお願い致します~。あーあ、身体を一回り大きくするのは簡単なのになー(殴)
Commented by Miyuki at 2011-06-14 10:19 x
*初音さん
もし初音さんが来てくださるのなら、この頼りない腕によりをかけて作りますっっ!! 下ごしらえもなんてことないんですよー。素材の良さを生かしたレシピのおかげで手がかからず、私は楽しいだけでした♪
いやいや、いい加減な自分を振り返っての猛省でございますよ……話した甲斐があったと思ってもらえる自分になりたいですううぅぅ。
Commented by Miyuki at 2011-06-14 10:35 x
*chiblitsさん
改めて、来てくださってありがとうございました! 野菜がない食卓、それは、私は水を飲むだけというシチュエーションですね。そうそう、chiblitsさんのところで話題の(笑)砂糖を使わないというお話ですが、今回のお料理、砂糖は一切使ってなかったのですが、大丈夫でしたでしょうか?って今頃すみません~。調味料も少しずつしか使わず、素材の味頼りなので、大抵の方には物足りなくて、かえって余計なものを食べてしまうことにもなりかねず~(涙) それで身体も心も満足して帰っていただくために、まだまだ私も修行せねばなりませぬ。ほんとに、chiblitsさんには何回も来ていただいて、色々ご指南を仰ぎたいところでございます! これに懲りずに、またぜひいらしてくださいね~vv
Commented by Miyuki at 2011-06-14 10:38 x
*マミィさん
おお、お忙しいところ、コメントありがとうございます~! うーん、やっぱり姉さまの声が聞けるとほっとしてしまいます。すりすり(甘え)
食べていただけるものになんとかなったのは、良いレシピのおかげなんですよー。マミィさんが作られたら、きっともっと美味しかったと思うんだボク。ただ今激務続きのマミィさん、どうかお身体をいたわってくださいね~。フィさん、お願いします、なんでも姉さまのゆうこと聞いてください(念)
Commented by Miyuki at 2011-06-14 10:44 x
*shinaさん
恥さらし記録にお付き合いくださって感謝です~。んでもって、えーとエリンギは「一晩塩麹に漬けた」ものでございます。こんにゃくお好きですか、仲間だわ~vv 今度こんにゃくを昆布じめしたものでやってみようかな、なんて思ってるんですよ。

わかります、わかります、正に私が日々悩んでることそのもの(涙) 大好きな友達の一人が、人の話したことをほんとに良く覚えててくれている人で、それを知らされるたびに、すごく自分が大切にされているような気分になるんですよねえ……で、もっともっと彼女と話したいと思うのです。料理以上に、そういう場を持ちたくての小料理屋願望でございました。がんばるー。って、あとはボケてく下り坂のみなのに……!(あああああ)


<< 玉石混合を前提に 東日本大震災関連 >>