チャリティーセール報告 & 寄付先情報追加

「その時代、その時の人類社会全体が、時代を超えて受け渡していく、知の総体がどうなっているのか。どういうふうに自分たちの世界が構成されていて、どういうふうに世界は動いていくのか、その全体像の把握が教養です。基本的に、それは幅が広い常識と言っていい」
   ----- 立花隆
        (日本人、ジャーナリスト、1940年5月28日生まれ)


IMG_3361

先日意気込みを語った(…)震災支援チャリティーセールに、お邪魔してまいりました。

2時半開始で、開始後まもなくの到着だったのですが、すでに相当なお客様の数。そして、手際よく商品をさばいていかれるボランティアの方々。
並べられた商品もかなりの数で、改めて多くの方々のご協力の程に感じ入りました。

そして、実は密かに願っていた、クミさんとの対面が叶って大喜び。
小さいお子さんがいらっしゃるのに、参加されたチャリティーはすでに3つ以上(ですよね!)のクミさんと、短いながらも楽しいおしゃべりをさせていただき、ご担当されていたオーガニック・エアルームトマトの苗を買わせていただきましたです。
植物に関しては黒い指で有名な私でございますが(しくしく)、一生懸命大事に育てます。

クミさんにも、震災の為にと沢山の苗を育ててくださったお友達の方にも、大きな感謝を。
スタッフの皆様、本当にありがとうございました!


IMG_3363

お目当てのchiblitsさんのベーク品。
3時からのセール開始前に、すでに待ってらっしゃる方が何人も。
一緒に行ったSarahさんと、無事に全種類買うことができました。めでたい。

心をこめられたパンやお菓子は勿論、包装もとても綺麗な上、お嬢様の絵がついたラベルの可愛らしいことったら。
買い占めたいユーワクにかられましたが、必死に1個ずつにとどめました。なけなしの理性が憎かった。

帰ってから娘といただきましたが、いやもう、どれも美味しかったー!
特に薄焼きアーモンドクッキーは、以前にいただいてファンになって、もう一度食べたいと思っていたので、これまた願いが叶いましたですよ。(じ~ん)
コロッケパンも、中のコロッケがカレー味という心憎い旨さと、周りの生地のもっちり感で、娘と奪い合いの態。
Sarahさんが、「お人柄が出ている味」と絶賛されていましたが、正にその通りと大賛成。

chiblitsさん、出品してくださった皆様、お疲れ様でした!
こんなに美味しいものをいただいて、寄付もできて、申し訳ないぐらいに嬉しく思いましたです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

石巻を愛した女性教師の死 

ここで、寄付情報をもう一つ。
米国バージニア州の女性、テーラー・アンダーソンさん。
日本のJETの派遣英語教師として、宮城県石巻市に赴任されたのですが、今回の震災で亡くなられました。

彼女の日本への愛情を記念して、ご両親が始められた募金、「テーラー・アンダーソン追悼基金」
テーラーさんの母校である、バージニア州のセント・キャサリン高校との協力によって成立しました。
オンラインで、米国からでも日本からでも、クレジットカードでの募金が可能です。
集まった募金は、故人の遺志を酌み、全て石巻市の小・中学校の復旧に充てられるそうです。

まず、募金のページはこちら。

St. Catherine's School : Giving

日本語での募金の説明はこちらになります。

東日本大震災のお見舞いと寄付のお願い 
[PR]
by senrufan | 2011-05-28 05:55 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/15645519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ばんず at 2011-05-30 07:33 x
全種ゲットとは!やりましたね~、Miyukiさんっ!(わがことのようにうれしい) 他の方のことを考えて、ひとつずつというのがまたすばらしい。お疲れ様でございました。

さっきchiblistsさんのところでも拝見させていただきましたが、おいしそうなパン・・・ラッピングも素敵で、「さすが!」としか申し上げようがございません。食すことができないのが、残念で仕方ありません。

最後に、石巻でお亡くなりになったテーラーさんのこと、教えていただきありがとうございました。その追悼基金というご両親のお気持ちに、思わず「うっ」となってしまいました。
Commented by Miyuki at 2011-05-31 04:20 x
*ばんずさん
はいっ、みっしょん・こんぷりーとでございました、隊長っ!(なぜ)
でもchiblitsさんのところで「売り切れで買えなかった」というコメントを拝見して、もっと少しにしておくべきだったかなあ……と申し訳なく思ったです~。しゅん。

そなんです、正に「さすが!」でございました。謙遜されていらっしゃいますが、ほんとに美味しくかったんですよ~vv ばんずさんにも、いつか必ず食べていただきたいです!

テーラーさんのお話、胸がつまりますよね……こういう話があの震災の時にどれだけあったのだろうと思うと、どうしようもなくなってしまいます。寄付という形で気持ちを表す手段をくださったご両親に、感謝せずにはいられませんね。
Commented by Sarah at 2011-06-01 01:36 x
Miyukiさん、先日は田舎者をサンノゼまで連れて行ってくれてありがとう!おかげでchiblitsさんのベーク品を美味しくいただくことが出来ました(感激)他のベーク品には目もくれず、猪のごとく突進していった甲斐がありました(笑)そして、ベーク品だけでなく、あの小さなラベルがこれまた素敵で、憧れるぅぅぅぅ。
それにしても、平日の昼間なのに大勢の方が来られていましたね。あまりの人の多さに驚いて、木陰に隠れてしまった私を許して(笑)
Commented by Miyuki at 2011-06-01 04:21 x
*Sarahさん
こちらこそ、わざわざ来てくれてありがとうでした! ほんとに私達ったら、すごい人手のラメージセールを目の前にして、「ベークセールはどこですかっ!?」とか聞いちゃうし! ほんとに美味しかったよね~、ラベル素敵だったよね~~vv
いやいや、私もびっくりでした。日本人はこのエリアではマイナーなはずなのに、これだけの方が住んでいらっしゃるんだー、とセールのたびに驚いてます(笑)


<< 共に白髪は過ぎたけど 自分が選ぶ、好きなもの >>