赤ちゃん、ゆりかご、落とさぬままに

「人間が人間である中心にあるものは、科学性でもなければ、論理性でもなく、理性でもない、情緒である」
   ----- 岡潔
        (日本人、数学者、1901年4月19日生まれ)


城南信用金庫 原発に頼らない安心できる社会へ

ソフトB孫社長が脱原発財団設立 個人で10億円拠出へ

母乳から微量の放射性物質=市民団体が検査―福島


原発に関してどう思う? 賛成、それとも反対? と聞かれることが、最近数回ありました。
前にちらっと書いたように、以前にシリーズの一つとして書こうと思っていたぐらいですから、関心は勿論あったのですが。
あまりの今の事態に対して、あまりに自分の力不足ゆえ、現段階では到底まとめて書ける状態ではありませぬ。(しくしく)

なので、取り急ぎになりますが、震災前から個人的なスタンスは、「脱原発・自然エネルギー利用推進派」です。
ただそれ以上に、原発云々以前に、震災よりずっと前から、「今現在の生活で使っている電気量そのものをまず見直すべき派」でもあります。

原発を一気に廃止にしたとして、起こりうる様々な問題は、乏しいかもしれませんが、幾つかはわかっているつもりなので。
そして、日本にいないから言えるんだ、とか、だったらあの夏の猛暑をどうするんだ、とか、そんなことも全て飲み込んで。
原発にしろ、他のエネルギー資源にしろ、問題は使う側にもある、ということを強く意識していなければならない、と思うのです。

ずっとここで書いてきている通り、「食べ物」は自分の身の丈に必要な分だけ、というのが理想です。
そして「食べ物」とは、食材だけでなく、自分を取り巻く環境全てを指す、というのも何度も書いてます。
更に「食べ物」に善悪はなく、受け取る側の「食べ物に対する気持ち」と「食べ方」が大切、ということも。

知って・学んで・判断して・選ぶ、ということをテーマにしていたシリーズで、触れようと思っていた原発。
震災を機に、原発に限らず多くのものが、これほど一気に自己責任と選択を求める時代に入るとは、と半ば呆然としていた1ヶ月でございました。


昨年末の日本滞在時、「溢れている」という印象に圧倒されたことを、以前に書きました

「食べ物」の「栄養」は、新しいものを探して摂取する”足し算”ではなく、本当に必要なものを見極めて、無駄を省く”引き算”で語られるべき、と思います。
健康になりたいのであれば、サプリメントで補助するのではなく、生活習慣そのものを見直して、摂り過ぎをやめていかなければならないのが、先進国の現状。

震災で、まだまだ日本の人は大丈夫だ、と思わせてくれたことを、本当に嬉しく思っております。
ただ、それを皆が気づく為に、あれほどの災害が必要であったか、と考えれば、涙が溢れてどうしようもなく。

だからこそ、どうか良い方向に。持続可能な未来に向けて。
子供達に明るい未来を繋いでいきたい親の一人として、一心に願っているのです。

* * * * *

【雑事】

     IMG_3002

先日、ayuminさんのブログで書かれていたことについて、皆で話していたんですよ。
せっかくの秀記事から脱線してしまいますが、その時に漠然と感じたことを残しておくですよ。

以前にこちらで少し触れましたが、アメリカで大ベストセラーとなった「The China Study」の邦訳・全3巻()、全て発売済みとなりました。
皆で話している時に連想したのが、こちらの下巻で書かれていることの一部であったのです。




以下、抜粋です。
「栄養とは、食べ物の中に含まれている無数の物質の複合作用。
Whole Food(未精製・未加工の食べ物)は、その中に含まれる栄養の寄せ集めよりも、ずっとすばらしい効果がある。

口に入れた食べ物が唾液と混ざり、消化のプロセスにのると、食べ物の中の化学物質が、ほかの食べ物や体内の化学物質とそれぞれ特殊な方法で作用し合う。
そのプロセスはあまりに複雑な為、どのように関係し合っているかを正確に理解することは不可能だ。
従って、一つの栄養素、とある化学物質だけを特定し、その効力を大声で宣伝することは、誠に短絡的な考え方と言わざるをえない。
食べ物が身体に取り込まれている時、どの部分を捨て、どの部分を必要に応じて利用し、食べ物に含まれる化学物質の恩恵をいかに受ければいいのか、身体は判断する能力を身につけている。

栄養とは、無数の化学物質が無数の状況下で反応する、きわめて複雑な生化学システムの中で、あらゆる反応が作用し合って初めて機能するものだ。
よって、サプリメントとして摂取された単独の栄養素は、Whole Foodの代わりにはなれない。
栄養素は、サプリメントとしてでなく、食べ物として摂取された時にのみ重要となる」

菜食界でも、サプリメントについては、その人それぞれに付き合い方があるようです。
摂るべきとも、摂らないべきとも思いませんし、その人が快適である方を選択すれば良いことで。
強いて言えば、サプリのような個別抽出栄養剤は、量によってはかえって害があるので、その知識は必要だろうなあ、と思います。

私自身はというと、基本、食べ物で摂っていきたい派。つまり、いやしんぼ。
菜食だと良くB12の不足が指摘されますが、動物性のものも時々摂っているので、3年の蓄積が可能という情報においては、それでいっかなー、みたいな。あ、植物性のB12は摂ってます。

野菜や果物って、知れば知るほど良くできていて。
ある部分があまり良くなくとも、別な部分を一緒に摂ると、体内で優秀な働きをしたり、食べないで捨てる部分にこそ、貴重な栄養があったりしますよね。

アボカドは脂肪分が多いから、と、カロリーという数字だけから敬遠されがちですが、同時に、脂肪分解酵素であるリパーゼも備えてるんですよね。
旬に入り始めたいちごのヘタは、実は栄養素を造りだす部分だそうですし、メロンの種はビタミンの宝庫。
だから、キャンベル博士の唱えられているWhole Food、マクロビでおなじみの一物全体というのは、理にかなった食べ方である、と思うのです。

種族保存の本能で、鳥や虫を惹きつける、もしくは遠ざける為に、植物が備えている機能は、驚異としか言いようがないものがあるですよ。
それは人間が、体内で栄養の取捨選択を行っているなど、意思や意図が介在しない、素晴らしい機能を持っていると同様に。
なので、サプリや市販の加工品とも上手に付き合っていきたいですが、基本は出来るだけ新鮮素材から摂っていけたらいいなあ、と思うです。

勿論、だからといって鵜呑みにしないで、やっぱり調べてからにしよう、とか、
皮まで全部食べたいなら、余計にオーガニックを応援したい、とか、
そんなことを自分に言い聞かせつつ、今日も楽しく丸かじり。何でもかんでもスムージー。(それかい)


私は大層、旧人類そのものなヤツなので。(別名:化石)
自然に対する畏敬のような思いが強くあって、それは菜食になってから、余計に強まるばかりでありまして。
なので、原子力というものはなんというか、迂闊に手を出してはいけない存在。長崎や広島に対する切ない思いと共に、そんな感覚がずっとあって。
私が思い描く「持続可能な存在」からは、程遠いところにあるものなのです。

風力や水力、火力発電についても、問題が色々あることは知ってます。
地元市では風力発電を推奨しているのですが、鳥の被害があることや、そこで風をせきとめることによって起こる問題についても聞いてます。

どれも、個別のものだけを取り出して考えることは、危険なことなのですね。全て、何らかの形で繋がってる。
栄養素やカロリーという数字では、たった一人の人に与える影響さえも計れないように。
どこでどういう風に、与え合って混じり合って、どういう形を作っていくのか、私ごときにわかる規模ではないのですが。

持続可能を目指すからには、大勢に我慢を強いるものでは、続けていくことは難しく。
サプリメントの手軽さより、新鮮素材の美味しさや、心身が満足という反応を選んでいくように。
自然エネルギーだからこその利点や、環境ビジネスがもたらすメリット、生活の見直しによる充実感などに着目し、拡大していくやり方こそが望まれる、と思います。


日本の人の素晴らしい資質は、この震災でも明らかでしたが、その中の一つが先日書いた通り、「自然との共存の形」であると思います。
ましてや世界で唯一の被爆国として、原子力に頼らない、自然とのやりとりでエネルギーを得ていく方法を見つ出すのに、これほどふさわしい国はないのでは、と期待しているのでございます。

自然エネルギー政策ポータルサイト

*-*-*-*-*-*-*-*-*

あああ、結局踏み込んでしまった……中途半端に小出しにするぐらいなら、きちんと書いた方が余程潔いのに……
すみません、味噌汁で顔洗って出直してまいります……(大根のが特に好き)
[PR]
by senrufan | 2011-04-19 13:08 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/15314504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ at 2011-04-21 23:12 x
読んでみたいなChina Study。でも長いですね。。三巻あるとは。もしのっていたら教えていただきたいのですが、菜食主義の方はアルブミンをどっからとってるんでしょう。アルブミンは主に動物性食品に含まれるたんぱく質で、細胞間の浸透圧なんかに関係してまして、肝臓で合成されるそうなんです。肝臓に疾患があると低アルブミン状態になって腹水が出るんだそうです。最近はアルブミンのことを考えることが多くて。もしご存知だったら教えてください。
Commented by こっぺ at 2011-04-21 23:23 x
さらに調べましたところ、小麦アルブミンというものがあるのですね。植物性食品にもアルブミンは含まれるのですね。いやー奥が深いですねベジタリアンの食事は。ある種のたんぱく質をとったら肝臓で合成されるものなのか、それとも食品中のアルブミンからでないと合成されないのか。って人のブログで悩んでたらいけませんね。すみませんでした。健康おたくのひとりごとでした。
Commented by Miyuki at 2011-04-22 11:00 x
*こっぺさん
China Studyは、原書は1冊なんですよ。日本語版は解説を加えたりしているので3冊分冊なんですが。こっぺさんなら原書でダイジョブ! でも日本語版の方が良ければ、私のを押し付けますよ~。もしくはマクロビクラブの方々も持ってらっしゃるかな。
ところでアルブミン、私が読んだ限りでは見た覚えがないかな……確か「ためしてガッテン」で出てませんでしたっけ? あれを見ながら、アミノ酸ならばグリーン=必須アミノ酸網羅で摂れるんじゃね? と思った覚えが。ただ大変私らしく、何も確証はございません~~(平謝り)
Commented by こっぺ at 2011-04-22 14:55 x
そうなのです、ガッテンでやってたのです。アルブミンの組成については相変わらずよくわからないのですが、アミノ酸からとのことなので、やはり菜食でもとる道はありそうですね。うちの子はホワイトダイエット期に突入しまして、ご飯と麺しか食べなくなったのでせめて五分づき米で。玄米はだめなようです。China Study、図書館で探してみます!読めない可能性大ですが。
私もサプリと上手に付き合いたいです。ところで被災地の方々にサプリを、という声もあるようですが、一時的なものであればいいなと思っています。避難所での生活はほんとに過酷に見えます。。
Commented by 初音 at 2011-04-22 19:34 x
こんばんは~♪

この本を求めて図書館へ!!でも無理でした。。。。無理だとがぜん読みたくなる^^;

今日、避難地域が広がりました とは言ってもちょっと前に総理が指示
してたんですが・・・
でも、避難ってどこに行けばいいんでしょうね?!その指示はありません・・・
まったくひどい話です・・・かといって我が家にどうぞ♪とも言えない・・・・
情けないですね~ほんと!
私はサプリメントとは程遠い食事の中で暮らしています☆煮物はなるべく
野菜や豆製品を中心にと考えてるつもりですが・・・中々・・・・^^;
我が家の食に革命を起こそうかしらねぇ~大根お味噌汁お好き?私もで~す(^◇^)
Commented by Miyuki at 2011-04-23 12:58 x
*こっぺさん
「Green for Life」という本で、グリーンから摂れる必須アミノ酸は、体内でたんぱく質を合成するのに容易である、動物性たんぱく質は一見アミノ酸が多いが、体内で一度分解して、それから再合成しなければならないので、不効率である上に優良なたんぱく質が摂れるかどうか疑問……こんな記述があったような(うろ覚え) それこそ個人個人の身体で違うことなので、やっぱり人体実験ですね~。ホワイトダイエットは、消化が良く、手っ取り早くエネルギーが摂取できるものを必要としている、というところかしら。子供には玄米はあまり良くなかったりするので、今はそれも必要なんでしょうね~。本、いつでもお貸ししますので、遠慮なく言ってくださいね!
被災地の方々へのサプリ、私も物資援助で考えた候補でした。ほんとに、早く新鮮素材を問題なく召し上がっていただけるようになってほしいです。
Commented by Miyuki at 2011-04-23 13:02 x
*初音さん
おお、借りてる人が多いのでしたら嬉しいことですね~♪

避難勧告が出て、24時間以内に移動しろとか、ほんとに頭にくることばかりですよね!
総理官邸を開放してみろってんだ、ぷんぷん。
サプリメントで効果を実感する人も沢山いらっしゃるので、付き合い方を模索していけばいいんですよね。
でも私の場合、生野菜から摂るのが一番合っていたようなので、当分これで楽しんでいこうと思います♪
食事革命、すてきーっ! オスカル初音さんと呼んでもいいですかvv
Commented by ayumin_moo at 2011-04-23 13:54
毎度、時機を逸したコメントで失礼します。。。
(しばらくパソコンを使えずにいました)

Nitrateについて気になっていたものの、Miyukiさんから「野菜全体で見たらバランスが取れているのではないか」という話を聞いて、離乳食の方向性を見直すことができました。ありがとうございました!とりあえず、私はできる限り手作りでやっていこうと思っています。たまに市販にも頼ると思いますが。。。
The China Study、内容は気になりますが、ただでさえ本を読むのが遅い私、とても読める気がしません。。。どなたか、要約本を出してくれないかなぁ。(Miyukiさんの方をチラリ)
Commented by Miyuki at 2011-04-24 12:34 x
*ayuminさん
なんの、ayuminさんからのコメなら、いつでも嬉しいです♪

いえいえ、そうでなくてもayuminさんなら、きっと素敵な離乳食ライフを楽しまれることでしょうvv いまやオーガニックの市販品離乳食も増えてますからね、色々楽しんでくださいね!
え、今なにか通ったかな?(視線すり抜け) と言いつつ、実は要約はとても簡単な本なのです。アメリカと中国の人達を数年比較して、動物性のたんぱく質を摂るより、未精白の穀物・植物性由来の食べ物主体の食生活の方が健康で病気になりにくい、ということを示した研究結果報告なんですね。あとは、酪農や医薬品業界と科学界の癒着の暴露や、医学界への警告。ごく最近ではだいぶ指摘されるようになりましたが、当時ではどれほど勇気がいることだったか、しみじみと感服する本です~。
Commented by ミケ子 at 2011-05-01 13:26 x
このたびはラスマドレス東日本大震災・被災者救援 ガレージセールの案内をブログに載せていただき、どうもありがとうございました。

セールのページからどうしてもコメントを書き込めませんでしたので、こちらに書かせていただきます。

二日目に突然Chiblitsさんがオレンジロールの差し入れをしてくださって、日本人スタッフ一同でびっくり仰天していました。

Chiblitsさんにお礼のコメントを残したところ、Miyuki さんの紹介をごらんになって来てくださったとのご返事をいただきました。

ほかにも、こちらのブログを見てご来場いただいた方がたくさんいらっしゃると思います。おかげさまをもちまして、セールは大盛況のうちに終了しました。

HPに報告を載せてありますので、よろしかったらご覧ください。

本当にどうもありがとうございました。


Commented by Miyuki at 2011-05-02 11:13 x
*ミケ子さん
初めまして~! コメントありがとうございますvv
ああそうなのです、セールページはコメント不可にしておりまして(汗) お手数をおかけして申し訳ありませんでした~。

私もchiblitsさんのブログで差し入れに行かれたことを知って、ますますchiblitsさんのファンになりました♪ 本当に温かい方でいらっしゃいますよねえ……(じ~ん)
それもこれも、ミケ子さんと皆様がすばらしいセールを企画してくださったからこそ、であります! こんな僻地からで申し訳ないと思いつつ、それでも何かの形で応援させてくださったこと、こちらこそ何回もお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました!!
また何か企画された際には、お手数ですがぜひお知らせくだされば幸いです。どうかよろしくお願い致します~。
Commented at 2011-05-03 13:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-03 13:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-03 13:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2011-05-04 10:48
*非公開コメントさま
了解です! このあとメールさせていただきますね~。


<< 絆をも育む土壌から ガラスの靴にはまだ早く >>